プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 名声のレシピ [シャロン・クラム] | Top | 私の優しくない先輩 [日日日] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
おとぎ話の忘れ物 [小川洋子]
483425125Xおとぎ話の忘れ物
小川 洋子 樋上 公実子
ホーム社 2006-04

キャンディー屋さんの店の奥、扉の向こうに待っているのは「忘れ物図書室」。遠い異国の駅の遺失物室に、ひっそりと眠っていた「おとぎ話の忘れ元」たちを集めたこの図書室。どうぞごゆっくりご覧ください…。

この文章とこの絵に…最初からぐぐっと魂を持っていかれた気がします。シンとして張りつめた空気の中で紡がれる物語たち。小川さんらしい残酷さ、そしてこの絵のなまめかしさ。すごい世界です。樋上公実子さんのイラストをモチーフに、小川さんが物語をつけたのだそうですが、いやはや、1+1は100以上です。ほんとうに。

ここに収められているのは「ずきん倶楽部」「アリスという名前」「人魚宝石職人の一生」「愛されすぎた白鳥」という物語たち。個人的には「人魚宝石職人の一生」が一番好きだったかな…。そして、あの、もっと読みたいのですけれど…。続刊希望!
| あ行(小川洋子) | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
あぁ、これって絵が先なんですね。
そう思って読み返すとまたすばらしい。
1+1は100以上。本当にそう思います。
これは絵だけでも文章だけでもここまでの雰囲気は出せなかったでしょうね。

続編、ぜひぜひ読みたいです。
大きな声で一緒に訴えてみましょう!
| なな | 2006/07/11 9:38 PM |
おぉ、同士が!
読みたいですよね♪読みたいですよね♪
こういう「セクシー」は大歓迎…!
| chiekoa | 2006/07/12 4:00 PM |
>1+1は100以上
まったくですねぇ。

できることなら
「忘れ物図書室」で「湖の雫」をひと粒舐めながら
あの本この本と読み耽ってみたいです。
| ふらっと | 2006/09/13 7:27 PM |
そのときはご一緒させてください!
た、高そうですけどこのキャンディー(笑)
| chiekoa | 2006/09/14 1:32 PM |
こちらにも^^ 
この絵本小説、すっごく私は気に入ってしまいました。
私も続編希望です♪
| latifa | 2007/01/23 12:38 PM |
latifaさん、これは乙女のタカラモノですよね〜。
続編!続編希望!私も私も!!
| chiekoa | 2007/01/23 5:32 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「おとぎ話の忘れ物」小川洋子
おとぎ話の忘れ物 小川 洋子, 樋上 公実子 世界漫遊していたキャンディー会社の御曹司がイタリアの忘れ物保管室で見つけたおとぎ話の忘れ物だった。それから各地を回りスーツケースにいっぱいのおとぎ話を持ち帰国した彼は翻訳し製本し「忘れ物図書室」を作った
| ナナメモ | 2006/07/11 9:38 PM |
おとぎ話の忘れ物*小川洋子・樋上公実子
☆☆☆・・ おとぎ話の忘れ物小川 洋子、樋上 公実子 他 (2006/04)ホーム社 この商品の詳細を見る忘れられたおとぎ話の中で、オオカミは腹を裂かれ、少女は行き先を見失う。画家・樋上公実子のイラストをモチーフに、作家・小川
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/09/13 7:28 PM |
小川洋子「おとぎ話の忘れ物」と、「凍りついた香り」、「海」
おとぎ話の忘れ物 (2006年4月出版) 小川 洋子, 樋上 公実子 / ホーム社 これは、最高に良かった。樋上公実子さんという方の絵と、小川洋子さんの文が、上手い具合にマッチしていて、双方相乗効果?をあげていました。
| ポコアポコヤ | 2007/01/23 12:37 PM |