プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 私の優しくない先輩 [日日日] | Top | 銀河のワールドカップ [川端裕人] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ふかふかウサギぼうけんのはじまり [香山彬子]
4652096011ふかふかウサギぼうけんのはじまり
香山 彬子
理論社 2000-07

世界ではじめて宇宙船アンターレスを打ちあげた世界宇宙局の協力員、ふかふかウサギのトントンがウサギ島から東京にやってきました。タロウおじさん、ハナコおばさんの家に住むことになり、クニとタキが友だちになりました。東京でのぼうけんがはじまります。

子供の頃、大好きで大好きで、ものすごい回数読んだ本です。先日実家に帰ったときにたまたま見つけて、懐かしくなって持って帰ってきて読んでみました。何年ぶりだろう…でもすっごく覚えているのです、内容もセリフもなにもかも。すごいなぁ、いったいどれだけ読んだんでしょう(笑)。

そして、今読んで気が付いたこと。私は「星」が大好きで大好きで、毎晩毎晩星を見上げて観察日記をつけてて、将来は天文学者になる!とか言ってるような子供でした。天文学者にはならなかったですけど、今も大好きで、夜空を見上げない日はない私ですが、あぁ、きかっけはきっとこの本だったんだなって。この本が語りかけるように教えてくれる、宇宙の、星の、その美しさ、すばらしさ。今読んでも、心を打つんですから。

ちなみにこの本はシリーズになっているその一冊目です。うちにはこれ一冊しかなかったし、「じゃぁ買って!」とか「じゃぁ図書館に連れてって!」とかいう知恵の回らない子だったので、他は一冊も読んでいないのです。でも私ももう大人。ふふふ。買おう!と思ってももう絶版で買えないのですが(涙)図書館にぶーんと車で行っちゃうくらいには育ったので、早速読んでみたいと思います。トントン、待っててね!
| か行(その他) | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
>私は「星」が大好きで大好きで、毎晩毎晩星を見上げて観察日記をつけてて、将来は天文学者になる!とか言ってるような子供でした。

わー!これ,まんまあたしも当てはまるんですけど!!ってことはこの本はぜひとも読まねばですね?早速図書館に走らねば!
| まみみっくす | 2006/06/07 10:30 PM |
まみみさん、まじっすか!
そんなところでも共通点が〜。うぉお、ぜひ読んでください!
図書館に…あるといいんですけど。(切望)
| chiekoa | 2006/06/08 12:36 PM |
はじめまして。こんにちは、ゆかといいます。
ぷらぷらしていたら、たどりつきました。
たくさん本を読まれているなぁ・・・とおもったら、ふかふかウサギ!!!
これ、私の思い出の本なんです。
なんだか運命を感じてしまいました(勝手に、ごめんなさい)
私は星を毎晩ながめるようなロマンチックな子どもじゃなかったけれど、トントンが主人公の新しいお話を自分で考えたりとか、そういうことをやってるような子でした(笑)
私はたしか3〜4冊持っていたような気がします。
実家にまだあるかな・・・・お盆に帰ったら、探してみよう。
| ゆか | 2006/06/09 12:01 PM |
ゆかさん、はじめまして!
わぁ、なんて素敵なご縁なのでしょうか…。
運命です!運命です!!
続きも読んだら感想書きます!
| chiekoa | 2006/06/11 12:21 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック