プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 君を送る [赤川次郎] | Top | 夏期限定トロピカルパフェ事件 [米澤穂信] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
エソラ vol.3
4061795899エソラ vol.3
絲山 秋子 伊坂 幸太郎 黒田 硫黄
講談社 2006-04-01

今回の執筆陣はまたかなり豪勢です!これは…必見。
しかしこの表紙はまた…今までとだいぶ趣向が違いますがっ!

・絲山秋子 『みなみのしまのぶんたろう』
みなみのしまのげんしりょくはつでんしょにたったひとり。しっきゃくしたしいはらぶんたろうにあかるいあしたはやってくるのでしょうか。

しょっぱなから…最高でした(笑)。やられました!うーん、もう最高。文章は全部この(↑)調子です。ひらがなと、カタカナのみ。子供向け読み物のイメージですね。語られるのは「しいはらぶんたろう」くんの物語。彼は「ブンガクをやったり、ヨットにのったり、マツリゴトをしたりして」、「ブンガクしょう」の「せんこういいん」では「そもそもだいめいがきにくわんのだ!」「みじかすぎてしょうせつとはおもえんな!」とかのたまったりするわけです。そして「しっきゃく」して左遷されてみなみの島に行って、そこに「しいはらぐんだん」がヨットでやってきたりするのだから、もう腹抱えて笑いっぱなしですよ。(女としてどうなのか、この表現。)しかしラストがまた…このステキさは、いやみか、本気か(笑)。

これはあれですかね。「受賞記念作」??だったらもう最高です!!絲山さん、一生ついていきます!って思いました。(本気と書いてマジと読む)。


・伊坂幸太郎 『ギア』
その、ワゴンは荒地を走っていた―。フロントガラスの向こうには何がある?

なんというか…シュールな感じ??そこはかとなく伊坂さんで、でも伊坂さんじゃないような…。こういう伊坂さんもいらっしゃったのですね。新鮮でした。さすがエソラ、いろんなことするわ…。


・吉田修一 『零下五度』
そのイメージは、かつて二人に何かを思い立たせ、とても幸せな気分にさせた。真冬のソウルに交錯する、ある「記憶」の残像。

この「思い出せそうで思い出せない」感はなんとなくわかるんですけど…。ものすごく読みづらかったです(笑)。え?どこで語り手が入れ替わったのよぅ〜。気付かなかったので「???」って思って、同じところ5回くらい読んでしまいましたですよ…。なんだこれは。そしてここで終わり??えー。エソラ…新しすぎます(笑)。


・柴崎友香 『束の間』
2005年の大晦日、2000年の元旦。年の変わり目の、中途半端に取り残されてしまった「時間」の向こう側にあるもの―。

うーん、これもまた不思議な…。えーっと、で、ナンだったんですか?すいません、レベル低くてついていけておりません。


・山本幸久 『百文字の女』
旧作の色あせたパッケージひしめく、さえないレンタルビデオ店でバイトする、私。青春の晩年、って感じです―。

レンタルビデオの紹介文を書く女の子が主人公なわけですが、その紹介文がかなり微妙でした(笑)。なんかぜんぶAVみたいですけど…?そして20歳やそこらで「青春の晩年」って言われても…(苦笑)。


・唯野未歩子 『走る家』
須賀くんは、予備校で再会した中学時代の同級生。抜け目がなく充分にずるくて、それでいて今ひとつ惜しい男だ。

えーと、これもまた微妙というか。なんと言ったらいいのか。こういうのはキライじゃないです。こういう二人の「関係」。でも「だから何?」というか、もっと泣かせて切なくさせるか、笑わせて切なくさせるか、なんとなくどっちかにしてほしかったなぁと。材料はいいんだけど料理の腕がいまひとつ…なーんて、また激しくえらそうですね。すいません。でも「キュン」とできる設定なのに「キュン」としなかったんですもの…。あれ、そもそもそれが狙いじゃないですか??すいませんー…。


というわけで、総じて言うと「絲山さん絶賛!!伊坂さんはまぁ新作が読めたのでよし。他は…なんかもう忘れちゃったかも…。」でした。はい。
| その他(アンソロジー) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック