プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 透明な旅路と [あさのあつこ] | Top | 東京バンドワゴン [小路幸也] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
εに誓って [森博嗣]
4061824856εに誓って
森 博嗣
講談社 2006-05-10

山吹早月と加部谷恵美が乗車していた東京発中部国際空港行きの高速バスがジャックされた。犯人グループは、都市部に爆弾を仕掛けたという声明を出していた。乗客名簿には<イプシロンに誓って>という名前の謎の団体客が。<ファイは壊れたね>から続く不可思議な事件の連鎖を解く鍵を西之園萌絵らは見出すことができるのか?

Gシリーズ第4弾です。ここへ来てますます独立した一冊として読むのは難しいことになってまいりました…(笑)。すでに登場人物の紹介もかなり端折られてますし。彼らを知っている人ならこれを一冊の一つの「物語」として読めますし、非常におもしろいのですが、でも知らないとかなり頭に「?」の嵐が吹き荒れるのではないかと。

感想を書こうにも、これはもうシリーズ全部読んでからじゃないと何も書けないんじゃないか?という気がしてなりません。何を言っても、何を書いても、見当違いになりそうなんですもん。

ただ一つ思ったことは…犀川先生と萌絵ちゃんのラブラブシーンがなかったなぁ…と。(スイマセン、ダメ読者です)。そしてこの本は…私にはどうしても理解できないけれど、きっと存在していて、でもそのことがすごく苦しい、そんな人々の物語でもあり。読んでいてちょっと心が冷んやりしました。

ちなみに次回作は『λに歯がない』だそうです。…ど、どうなるの?!それにしてもこのギリシャ文字シリーズは、どうしても大学時代の授業を思い出すので、若干の苦痛が…(笑)。

「Gシリーズ」読了分リスト
1. φは壊れたね Path Connected φ Broke
2. θは遊んでくれたよ Another Playmate θ
3. τになるまで待って Please Stay until τ
4.εに誓って Swearing on solemn ε
| ま行(森博嗣(Gシリーズ)) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
書評「εに誓って」 森博嗣
  「εに誓って」  森博嗣 講談社ノベルス (2006/5/9・880円) 0000(4,6)  東京発中部国際空港行きの高速バスがジャックされた。そのバスに乗車していた(Gシリーズの)山吹早月と加部谷恵美は、(Gシリーズの探偵)海月へとメ
| BLOG MYSTERY NOVELS | 2006/07/03 3:37 AM |