プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< εに誓って [森博嗣] | Top | Bランクの恋人 [平安寿子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
東京バンドワゴン [小路幸也]
4087753611東京バンドワゴン
小路 幸也
集英社 2006-04

東京は下町にある「東京バンドワゴン」は老舗の古本屋さん。四世代の家族が営むこのお店で、春夏秋冬、もちあがる様々な騒動は…。

うーん、よかったです!サザエさんみたいな大家族。あっちこっちでいろんなことがあって、基本的には仲がよくて、でも時にはケンカもして、泣いて笑って。ご近所さんとももちろん仲良し。そんな彼らの会話を聞いてるだけで(読んでるだけで?)、目の前に風景が浮かんでくるかのようでした。そしてそれはもう泣けちゃうくらいステキな光景なのです。こういうの、テレビドラマになりそうだなぁ、見たいなぁって思いました。心から。

なんかもうそういう意味だけでも素晴らしかったんですけど、さらにそれに彩を添えているのが、この物語の「語り手」さん。そうかぁ、そうきたかぁ!と思ってしまいました。さすが小路さん。とってもステキです。

ジャンルで言うと「日常の謎」系になるのかもしれないですけど、それもただシンプルにその謎だけを追うんじゃなくて、ほかにもいろんなことが並行して起こってて(なんてったって大家族ですから!)、それら最後にすらっと繋がって解決したりする、その模様が読んでいてとても楽しかったです。

ひと言で言うと…「LOVEだねぇ。LOVEなんだねぇ。」。
全部読み終わってから、もう一度すぐに最初から読み返したくなるような、また彼らに会いたくなるような、そんなあったかい、あったかい物語です
| さ行(小路幸也) | comments(20) | trackbacks(18) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
最後の一文で
登場人物の配役が画像として浮かんできて
あぁなるほど〜、と納得しました。

サチさんの語りでなければ成り立たない物語でもありましたね。
| ふらっと | 2006/06/19 6:39 AM |
私も最後の一文を読んで、「おぉ、私が描いていたのは間違いじゃなかった!」ってうれしくなりました。そういうふうに作者さんが意図したことに自分がぴったりはまるとすごく幸せな読書ができたなぁと思います。

続編…続編が読みたいです。(いつもそんなこと言ってますけど、わたし)。
| chiekoa | 2006/06/19 4:07 PM |
いつもありがとうございます。意外と昔のホームドラマやコメディに幽霊が登場するのは多かったと記憶しています。続編は、多くの皆さんが期待してくださっているようなので、頑張って書きたいと思います。よろしくお願いします。
| 小路幸也 | 2006/06/19 10:56 PM |
え!本当ですか?わーい、わーい、続編だ!
うれしいです!

・・・ごめんなさい。ちえこあさんより先に反応して。
| ゆうき | 2006/06/19 11:28 PM |
chiekoaさん、こんばんは♪
同時期に読まれたみたいですね(笑)

作家ご本人様のコメントも拝見しました。
続編書いていただけるみたいで嬉しく思います。

テレビドラマ化ということも実現したら楽しさ倍増ですのにね。

みなさん、サチさん(語り手)に関して絶賛されていますね。
私も同じです。

ドラマ化したら誰のナレーションが聞けるだろうな(笑)
| トラキチ | 2006/06/20 12:13 AM |
わぁー!小路さん!いつもありがとうございます。
続編〜!きゃぁ〜!ひゃっほ〜!(壊れ気味)
とってもうれしいです。メチャクチャ楽しみにしてます。
あ、でもアレの続編もアレの続編もアレの続編も…
読みたいんですけど…(笑)。
が、がんばってください!全力で応援しております!

ゆうきさん、あ!先に!(笑)
でも運命の人だから許します(笑)。
ほんと楽しみですね〜。わーい!わーい!

トラキチさん、やっと入手して読みましたです。
とってもよかった…。これは手元本なので何度でも読めるのでうれしさ倍増です!ドラマ化…誰か、誰かテレビ局にコネのある人はいませんか?!売り込み売り込み。(って勝手に)。
| chiekoa | 2006/06/20 11:44 AM |
こんにちは。
こちらのブログですごくおもしろそう!と思い、
早速読みました。
やっぱりおもしろかった〜。
我南人さんがツボでした。
ふと気付いたら、小路さんのコメントが。
す、すごい!ご本人のコメントなんて。
(なんか興奮してしまいます)
続編も期待していま〜す。
| BEE | 2006/06/23 3:05 PM |
BEEさん、ここがきっかけで読んでいただけたなんて、とてもうれしいです!いいですよね〜。私も我南人さん大好きです。でもあんなパパだったら…ちょっと大変かも(笑)。続編を首を長くして待ちましょう!
| chiekoa | 2006/06/23 5:43 PM |
chiekoaさん、こんばんは。
続編あるんですね。わーい。
chiekoaさんのブログで小路さんご本人のコメントに出会う確立が多いと思います。すごいです。
| なな | 2006/06/25 11:24 PM |
きっと小路さんはでこぽんさんのところ経由でやってきてくださっているものと…。でもうれしいです。早く続編読みたいですよね!あぁ、待ち遠しい!
| chiekoa | 2006/06/26 1:13 PM |
chiekoaさん☆こんばんは
わーい、続編だぁ!\(^o^)/
やっぱり Love だねぇ!って、我南人さんのセリフが聞こえてくるようです。
| Roko | 2006/08/30 11:44 PM |
めちゃくちゃ楽しみですよね〜!!!
あぁ、まだかしら、まだかしら、まだかしら。
こういう何かを楽しみに待つ気持ちっていうのもいいですね。
小路さんにはほんとうに「ありがとうございます」です!
| chiekoa | 2006/09/01 12:42 PM |
ほのぼのとしていて
読んでて幸せな気分になりました。
また一人お気に入りの作家さんが増えそうです。
次の作品を楽しみたいと思います。

やっぱ、大切なものは「LOVE」なんですよね〜。
| す〜さん | 2006/09/03 9:08 PM |
読んだ直後は「いい本読んだ!」な気持ちだったのに、感想書くのが遅くなったら何やら妙な文章に…。続編、わたしも楽しみです!そのときには会心の感想が…書けたらいいなあ。
| まみみっくす | 2006/09/03 9:17 PM |
す〜さん、小路さんのほかの作品もとってもとってもよいですので、ぜひ読んでみてください!私はもう新刊を追っかかえるしか道が残されていないので…(笑)。

まみみさん、あはは!そういうことってありますよね〜。逆にすぐ書きすぎると興奮しすぎてなんだかわけわからん感想になることもありますけど(笑)。
| chiekoa | 2006/09/04 11:45 AM |
グッと心をつかまれました。すごくほのぼのとした世界で、語り手のサチさんが本当に良いです。まさにLOVEですね、ALL YOU NEED IS LOVEなんですね。
| ツヨシ | 2007/02/16 5:52 PM |
ツヨシさん、そうなんです!この世界を気に入っていただけてなんだか私までうれしい(笑)。いいですよね〜!!続編が早く読みたい今日この頃です!
| chiekoa | 2007/02/16 6:22 PM |
いいです。本当にいいです。LOVEですよ。
続編、ぜひ早く出して欲しいですね。できれば年内に・・・無理ですかね(笑)
| ツヨシ | 2007/02/17 4:32 PM |
chiekoaさん、こんにちは、
読みました。TBさせてください。
なんか楽しい小説でしたね。
そして、なんか、優しいじわーっとくる感じ。
我南人さん、いいですね、、。
| indi-book | 2007/04/07 1:08 AM |
indi-bookさん、いいですよね!
そう、あったかくて楽しくてほんわかして、でも問題もあったりして…
なんかこう一口には言えないところがなんとも好きです。
すっかり我南人さんファンの私です。
実際家族にいたら大変なのかもしれませんけど(笑)。
それでもいい!
| chiekoa | 2007/04/08 10:51 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
■ 東京バンドワゴン 小路幸也
東京バンドワゴン小路 幸也 集英社 2006-04by G-Tools , 2006/06/03 明治から続く老舗の古書店、そして最近では隣接するカフェも経営する、堀田家という家族の物語。懐かしく、温かく、素敵な本でした。ストーリーとしては、一応日常の謎系ミステリーの味付け
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/06/18 10:37 PM |
東京バンドワゴン*小路幸也
☆☆☆☆・ 下町で代々続く古書店「東京バンドワゴン」が物語の舞台。 現在の当主でどっしりとした体格の堀田勘一を筆頭に、60歳になろうというのに未だロッカーの一人息子・我南人(がなと)、その娘で父親を明かさない子ども(
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/06/19 6:36 AM |
<面白い>『東京バンドワゴン』 小路幸也 (集英社)
東京バンドワゴン小路 幸也 / 集英社(2006/04)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <じーんと来る小説ではないが、あったかいホームドラマ。読書をその根底から楽しめる1冊と言えよう。> タイトルとな
| 活字中毒日記! | 2006/06/20 12:09 AM |
東京バンドワゴン
 東京バンドワゴン  小路幸也著/集英社  ソフトな寺内貫太郎一家と申しましょうか。  家族の少ない私には、うらやましくもあり、懐かしくもあり。  東京バンドワゴンposted with 簡単リンクくん at 2006. 6.23小路 幸也著
| はちみつ書房 | 2006/06/23 3:01 PM |
「東京バンドワゴン」小路幸也
東京バンドワゴン 小路 幸也 東京の下町、明治十八年創業の古本屋「東京バンドワゴン」で暮らす四世代の大家族。三代目店主、堀田勘一の妻堀田サチが語る1年間。 すごく素敵な物語でした。勘一はどっしりとした体格。60歳のロッカー我南人。その娘で未
| ナナメモ | 2006/06/25 11:25 PM |
「東京バンドワゴン」小路幸也
「東京バンドワゴン」小路幸也(2006)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、ホームドラマ、古書店、大家族、お茶の間 最後のページをめくると、あぁと納得させられる一行。 本作はよき時代のホームドラマへのオマージュ、東京下町の古書店<東京バン
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/07/28 2:00 PM |
東京バンドワゴン
東京バンドワゴンposted with amazlet on 06.08.29
| ついてる日記? | 2006/08/30 11:40 PM |
「東京バンドワゴン」小路幸也
タイトル:東京バンドワゴン 著者  :小路幸也 出版社 :集英社 読書期間:2006/08/16 - 2006/08/17 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。ちょっと風変わりな四世代の大家族が、転がりこんでくる事件
| AOCHAN-Blog | 2006/09/01 10:40 PM |
「東京バンドワゴン」 小路幸也
東京バンドワゴンposted with 簡単リンクくん at 2006. 8.18小路 幸也著集英社 (2006.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/09/03 9:02 PM |
東京バンドワゴン   〜小路 幸也〜
下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。 ちょっと風変わりな四世代の大家族が、転がりこんでくる事件を 解決する。 おかしくて、時に切なく優しい、下町情緒あふれる春夏秋冬の物語。 そんな話し。 とにかく登場人物
| My Favorite Books | 2006/09/03 9:18 PM |
小路幸也(しょうじ・ゆきや)【東京バンドワゴン】
東京バンドワゴンという名の古本屋を営む堀田家の物語。 三代目店主の堀田勘一には79歳にして早くも曾孫がいる。勘一の妻サチは既に他界した。 息子の我南人(がなと)は60歳で、金髪ロン毛のロックンローラー。内田裕也みたい
| ぱんどら日記 | 2006/10/03 1:01 PM |
「東京バンドワゴン」小路幸也
東京バンドワゴン発売元: 集英社価格: ¥ 1,890発売日: 2006/04売上ランキング: 55408おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/10/25 再放送を一回みたことあるきりの「寺内貫太郎一家」っぽいような、 (どうでもいいけど若いころの梶芽衣子って強烈に綺麗だ
| 本を読む女。改訂版 | 2006/11/02 12:41 AM |
東京バンドワゴン
東京バンドワゴン/小路幸也 集英社,2006 明治時代から続く古本屋、東京バンドワゴン。 そこにはちょっと変わった、でもとってもあったかい4世代の家族が同居しています。 4部構成になっていて、4つの大きな事件を通して ちょっとずつみんなの秘密が明らかになって
| kana*channel | 2007/01/17 10:16 AM |
東京バンドワゴン  小路 幸也
東京バンドワゴン 小路 幸也  07−22 ★★★☆☆  【東京バンドワゴン】 小路 幸也 著  集英社  《ちょっと以前、心通い合う家族、そんな時代があった》  内容(「MARC」データベースより) 下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。ちょっと風
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2007/01/24 11:52 PM |
21:東京バンドワゴン
意外に早く図書館から回ってきました 小路 幸也の『東京バンドワゴン』 皆さんのブログの記事を読んで、「これは好きに決まってる。」と確信していたので、読むのがとっても楽しみでした 内容は、 三世代はもちろん、兄弟家族も同居して、8人がひとつ屋根の下暮ら
| プリン@BOOK CAFE | 2007/02/06 10:25 PM |
「東京バンドワゴン」小路幸也
東京バンドワゴン小路 幸也 (2006/04)集英社 この商品の詳細を見る 「東京バンドワゴン」は築70年にもなる日本家屋の古本屋。 東京の下町の一角にあり、古本屋とともに隣でカフェも営業している。 様々な家訓を守りながらも、四
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/04/03 6:20 PM |
東京バンドワゴン
小路 幸也 東京バンドワゴン 「東京バンドワゴン」 小路幸也・著 集英社・出版 『4世帯住宅の古本屋さん』  東京の下町にある古本屋さん「東京バンドワゴン」 店の半分が、古本屋さんで半分が、カフェとなっております。  そのお店を営む、3世帯家族
| 個人的読書 | 2007/04/06 10:56 PM |
東京バンドワゴン
東京の下町で「東京バンドワゴン」という古本屋を営んでいる大家族の間で起こる事件、というよりちょっと
| 思いつくまま*気の向くまま | 2007/04/13 6:12 PM |