プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ひなた [吉田修一] | Top | 過ぎ行く風はみどり色 [倉知淳] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
象の消滅 [村上春樹]
4103534168「象の消滅」 短篇選集 1980-1991
村上 春樹
新潮社 2005-03-31

「ねじ巻き鳥と火曜日の女たち」「パン屋再襲撃、「カンガルー通信」「四月のある朝100パーセントの女の子に出会うことについて」「眠り」「ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界」「レーダーホーゼン」「納屋を焼く」「緑色の獣」「ファミリー・アフェア」「窓」「TVピープル」「中国行きのスロウ・ボート」「踊る小人」「午後の最後の芝生」「沈黙」「象の消滅」を収録。

初期短編集なのにほぼ全作品が「未読」だったという私ですが…。読んだことがあったのは「ねじ巻き鳥」だけで、でもこれって短編だったんですか?知らなかった。わたしはこれを『ねじ巻き鳥クロニクル』で読みましたです。

まぁ、とりあえず、村上さんの作品は読むものであって感想を書いたり述べたりするような本ではないということで(?)、ちょっと思ったことだけを…。

・「渡辺昇」あるいは「ワタナベ・ノボル」はちょこちょこいろんなところに登場している。

知らなかったなぁ。でもきっとファンの間では常識なんでしょうね。最初は「同じ人?!」とか思って一瞬混乱しました。違う、と。で、ちょっと調べてみましたら、これはイラストレータの「安西水丸」さんの本名だそうです。へぇ〜!本を読んでるときは「村上さんは「渡辺昇」って人がきっとプライベートで個人的にキライなんだわ…」と思っていたのですが、なんだ、愛情の裏返しでしたか!(そりゃそうだ)。

・村上さんの作品に出てくる人たちはみな結婚が早い。

ご本人の体験からですか?28歳で結婚6年目とか、やめてほしいんですけど、えぇ。

この本は、電車で誰かが読んでたら、表紙にカバーがかかっててもわかりますね!それにしてもあまりにも黄色いので、私はこの本のタイトルを思い出そうとすると、「黄色い象…だっけ?」と最初に思ってしまいます。違う、と。
| ま行(村上春樹) | comments(7) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
ほんとに見事に黄色かったですね。
そしてわたしはやっぱり村上春樹さんとはあまり相性がよくないということを再確認することになりました。
| ふらっと | 2006/06/22 6:35 PM |
ここに収録されている短編のほとんどを、ずいぶん前に読んでしまってるくせに、なおもこの本を買ってしまった者です……。

『ねじ巻き鳥と火曜日の女たち』を下敷きにして『ねじ巻き鳥クロニクル』が書かれましたので、まあ冒頭辺りはほとんど同じだったですよね、確か。

収録短編のタイトルのひとつひとつは完全に覚えてるけれど、その中身はまったくといっていいほど覚えていません。やはりこの本買っておいてよかったのかな??
| おおき | 2006/06/22 9:45 PM |
>28歳で結婚6年目

やめてほしいですねぇ・・・
| nero | 2006/06/23 10:32 AM |
あ、わかる……。

「村上さんの作品は読むものであって感想を書いたり述べたりするような本ではない」というところ。

私、「東京きたん集」も読んだんですけど、あれの感想が書けなくて。ブログには書かずにスルーでした。

読みやすいものではあると思いますけどね。なんかコメントするのは難しいです。
| ぱんどら | 2006/06/23 2:11 PM |
>ふらっとさん
カレー食べながら読んでもOKな感じの黄色さでしたね!
凝ってるなぁ…。いっそページも全部黄色かったら!…めちゃくちゃ読みにくいですね(汗)。

>おおきさん
あぁ、そうなんですか!そういう経緯があったのですね。私は「村上春樹全集」みたいのを人からもらって持っているのですが、まだ一冊も手をつけておらず…ひゃー!です。

>neroさん
ですよねぇ?ですよねぇ?でっすよねぇ???
あなたの常識、私の非常識…って思いました。
あたりまえのように書くなぁ!

>ぱんどらさん
そういう本はたくさんあります…。なんなんでしょうね?がんばって書くと…意味不明に(汗)。
| chiekoa | 2006/06/23 5:42 PM |
私も村上春樹の本の感想は全然かけないですね。無理やり書いてますけどね。感想書くような本じゃないんでしょう。大好きなんですけどね。やれやれですよ。
>28歳で結婚6年目
村上春樹氏は57歳みたいです。時代は変わったのですよ。そうに違いない。
| ざれこ | 2006/06/24 2:26 AM |
ざれこさん、そうですよ、なんてったって「初期」短編ですからね。えぇ、時代は変わったのです!なんだったら校正入れてくれてもよかったのに!(だいなし?)。

…ってかいちいちそんなことにひっかかる自分が悲しい今日この頃です。やれやれ(←ざれこさんのおかげでかなりお気に入り)。
| chiekoa | 2006/06/26 1:08 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
象の消滅*村上春樹
☆☆☆・・ 短篇選集 1980〜1991  ニューヨークが選んだ村上春樹の初期短篇17篇。  英語版と同じ作品構成で贈る  Collected short stories of Haruki Murakami  これら17の短篇は、わたしが当初期待していた
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/06/22 6:33 PM |
村上春樹【パン屋再襲撃】
私がまだ知らない、若い作家について調べるため、「アマゾン」で検索し、カスタマーレビューをのぞくと、ときどき「村上春樹的な要素がある」とか「村上春樹ふう」といった意味の表現が見られる。 それは、多くの場合、ほ
| ぱんどら日記 | 2006/06/23 2:49 PM |
男と女、本の好みはどれだけ違うのか?アンケート結果発表
男と女、本の好みはどれだけ違うのか?アンケートの結果です。 男性116名、女性237名の方にご協力いただきました。 たくさんの方にご協力いただき、面白い結果を出せたと思います。 どうもありがとうございました。 80冊の中から10冊選ぶという今回のア
| 読者大賞blog | 2006/06/24 2:11 AM |
「象の消滅」村上春樹
「象の消滅」 短篇選集 1980-1991発売元: 新潮社価格: ¥ 1,365発売日: 2005/03/31売上ランキング: 40692おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/05/29 手元にある黄色い本を見て私はため息をついた。それにしてもどうしてこんなに黄色いんだろう。側面まで全
| 本を読む女。改訂版 | 2006/06/24 2:21 AM |