プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 瞳の中の大河 [沢村凜] | Top | その後のクレヨン王国 [福永令三] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
いつもの朝に [今邑彩]
4087753565いつもの朝に
今邑 彩
集英社 2006-03

父を事故で失った日向家。画家の母、容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能の兄、そして兄とは正反対で何をやらせても落ちこぼれの弟。そんな兄弟があるきっかけで知ってしまった恐ろしい出生の秘密とは…。

初めて読んだ作家さんでした。でもすごい!大当たりでした。紹介文とかには「ホラー」って書いてあるんですけど、読んでいてそういう感じはしなかったかな…怖い感じは確かにするのですが、ホラーの怖さとはまた違うような。

とにかく展開がうまいというかなんというか、常に私の想像の先を先を物語が進んでいきます。もう先が気になって気になって、思わず最後のページだけ先に読んじゃおうか?とページをめくりそうになる手を何度止めたことか…。(やらなくて正解でしたけど)。ほんとうに引き込まれて最後まで一気に読んで、そしてとても感動しました…泣きました。あぁ、読んでよかった!って思いました。

家族の愛、兄弟の愛、友達の愛。ここで描かれるそれらの姿に、強さに、なんだか心が洗われたような気持ちになりました。血よりも濃い絆、それはきっと存在するんだと心からそう思いました。こんなふうに強い母に、私もなりたいなぁ…。(その前に嫁に行かねばですが)。オススメです。
| あ行(今邑彩) | comments(11) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
今邑彩さん、いいですよね〜。私も大好きです。
個人的にはホラーより、本格ミステリィの人っていうイメージです。
恩田陸さんが好きな人は、けっこう好きじゃないかと思うんですが・・・
作品数が少ないせいか、あんまり話題にならないのが残念。
もっと評価されてもいい作家さんだと思っています。
ちなみに・・・デビュー作は、後回しにしたほうがいいですよ(^_^;)
| ゆうき | 2006/07/07 8:15 PM |
奇遇ですね,わたしもついこないだ読んだとこです。そして最後泣いてしまいましたよ。これは泣きますよね……。わたしも初読みだったんですが,今邑さんの過去作品も追いかけたいと思います。あ,ゆうきさんが言われるようにデビュー作は後回しってことで(笑)
| まみみっくす | 2006/07/07 11:27 PM |
おぉ、さすがゆうきさん、チェック済みの作家さんだったのですね!私は初読みでした…。じゃぁデビュー作以外でいろいろあたってみたいと思います。ほんと、今邑さんといい、沢村さんといい、…もっと光を!

まみみさん、それは奇遇ではなく運命。そう、運命です!
ともに追いかけましょう。がんまりましょう。
ここのところ連日名作にあたっていてうれしい限りです!
| chiekoa | 2006/07/08 3:35 PM |
この本がちえこあ図書館に入るのを楽しみにしていました!

TBしようとして、読後、あまりにも沢山書きたいことが
あったため、ブログに感想を書きそびれていたことに
気がつきました。

別の所に書いた短い感想には 『映画になってフィナーレで
バッハのカンタータ「主よ、人の望みのよろこびよ」なんかが
鳴り響いたら、しばらく席から立ち上がれないような気がします』
と書きました。とてもとても良い作品でした。

巻末に作者が『この作品を、一般的な「ホラー」にしなかった
のは、昨今、現実がホラーに満ちているから』というような
ことを書いておられましたね。現実にもこの作品のような
救いが必要ですね。
| ユリカモメ | 2006/07/10 12:44 PM |
ユリカモメさん、その通りですね!
私もそんなことになったら席から立てないような気がします。
でもそういう一種荘厳な空気もただようラストでした。
とっても大好きです。
| chiekoa | 2006/07/11 11:52 AM |
ちえこあさん、初めまして。。
今邑サンの作品をはじめて読んで、久しぶりのヒット作にめぐり合えてうれしかった。
トラックバックさせていただきました♪
お兄ちゃんの最後は哀しくて、鼻をぐずぐずしながら読み終えました。
 ゆっくリズムの読書生活ですが、ちえこあ図書館も参考にさせてくださいね。よろしくお願いします!
| はいびすかす | 2006/08/14 10:57 PM |
はいびすかすさん、はじめまして!
ヒットするとうれしいですよね〜わかります!
危うく読まずにいるところだったかと思うと、ひゃー!と思ったりもしますが…。
ぜひまた遊びに来てくださいませ!お待ちしております〜!
| chiekoa | 2006/08/16 3:27 PM |
今日生まれて初めて小説というものを読みました・・・
今邑彩さんのルームメイトってやつなんですけど、かんなりハマリました。
小説っておもしろいやんって思い、検索したらココに来ました。
いつもの朝に ぜひ読んでみたいと思います。
| やっまん | 2007/01/14 8:47 PM |
やっまんさん、こんにちは。
生まれて初めて!小説を!
それはなんか逆にうらやましいような…。
面白いですよ、本ってすごいですよ。
これから目覚めてバンバン読みましょう、そうしましょう!
この本も、とってもオススメです。ぜひ読んでみてください!
読んだらまた遊びに来てくださいね〜!
| chiekoa | 2007/01/15 12:43 PM |
初読み作家産でしたが、とてもおもしろかったです。
優太の捨て身の説得や行動には、驚かされました。
兄が、大好きなんでしょうね。
| | 2007/02/25 11:47 AM |
花さん、なんというか、知られざる名作ですよね…。
こういう本にこそ本屋大賞はスポットを当ててですね…
ってぐちりはじめると長くなるのでやめましょう。
地道に宣伝を展開していきたいです!
| chiekoa | 2007/02/26 7:14 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
■ いつもの朝に 今邑彩
いつもの朝に今邑 彩 集英社 2006-03by G-Tools , 2006/06/04 顔のない少年の絵を描き続ける、画家の母。容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能で人気者の兄、桐人。そして、何をやらせても落ちこぼれで、ニキビづらでチビの弟、優太。兄弟がまだ幼い頃に、学者だっ
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/07/07 8:13 PM |
「いつもの朝に」  今邑彩
いつもの朝にposted with 簡単リンクくん at 2006. 6.18今邑 彩著集英社 (2006.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/07/07 11:24 PM |
7月最後… 「いつもの朝に」
 マメに更新できなくて、ついほったらかしにしたまま。 仕事が忙しくなったこともあるけど、それでも本は読んでいる。ひまな時間があるとつい追ってしまう。こんなにたくさんの物語があって死ぬまでにどれくらい読めるだ
| いつかきっと… | 2006/08/14 10:46 PM |
今邑彩【いつもの朝に】
穏やかなタイトルにひかれて読んでみたら、これはミステリーホラーの力作であった。(ホラーミステリー? ミステリーホラー? ああ小説のジャンルって本当にわからない) 本当はミステリーホラーという言葉さえ使い
| ぱんどら日記 | 2006/08/16 10:30 AM |
iいつもの朝に
今邑 彩 いつもの朝に 「いつもの朝に」 今邑彩・著 集英社・出版 『評判どおりの好作品!!』 本書は、今年(もうすぐ終わっちゃう!!)話題の一冊で、 みなさん絶賛していました。  北上次郎さんも、褒めてたし、NHKの週刊ブックレビューでも 扱っ
| 個人的読書 | 2006/12/31 5:32 PM |
「いつもの朝に」今邑彩
タイトル:いつもの朝に 著者  :今邑彩 出版社 :集英社 読書期間:2006/12/20 - 2006/12/23 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 兄弟の出生に秘められた、恐怖と感動の真実。 容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能の兄と、兄とは正反対で何
| AOCHAN-Blog | 2007/01/07 10:05 PM |
いつもの朝に
いつもの朝に 今邑 彩  集英社 2006年 3月 生物学者の父は人を助けて命を落とし、画家の母を持つ桐人と優太の兄弟。兄の桐人は、成績優秀スポーツ万能で背が高く男前で、学園でも有名人。弟の中学生の優太は、体もチビでニキビだらけの落ちこぼ
| <花>の本と映画の感想 | 2007/02/25 11:37 AM |