プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ガラスの麒麟 [加納朋子] | Top | 遮断 [古処誠二] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
怪盗グリフィン絶体絶命 [法月綸太郎]
4062705788怪盗グリフィン、絶体絶命
法月 綸太郎
講談社 2006-03

ニューヨークの怪盗グリフィンに、メトロポリタン美術館が所蔵するゴッホの自画像を盗んでほしいという依頼が舞いこんだ。いわれのない盗みはしないというグリフィンに、依頼者はメットにあるのは贋作だと告げる。「あるべきものを、あるべき場所に」が信条のグリフィンがとった大胆不敵な行動とは?!(第1部)
政府の対外スパイ組織CIA(アメリカ中央情報局)作戦部長の依頼を受けたグリフィンは、極秘オペレーション<フェニックス作戦>を行うべく、カリブ海のボコノン島へ向かう。その指令とは、ボコノン共和国のパストラミ将軍が保管している人形を奪取せよというものだったが…。(第2部)

子どもの頃に読んだ本みたいな…どきどきして、わくわくして、ハラハラする、そんなシンプルに面白い本でした。うっかり年をとっている私は「さらに裏があるんじゃぁ…」とムダに勘繰って深読みし、かなり疑いながら読んでしまいましたが、そんな心配はご無用でした(笑)。いやだわ、大人って…。
| な行(その他) | comments(5) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは。
素直に楽しいと思える本でした。

子どもでも理解できる程度のシンプルなストーリー、ワクワクドキドキという高揚感、そして大人でも楽しめる伏線とどんでん返し。
まさにジュブナイルの見本のような作品だと思います。

こういう本を読むことができる子どもたちは幸せですね。
| shiba_moto | 2006/07/19 4:20 PM |
どきどきやわくわくを思い出させてくれる作品でしたね。
以前からのファンにとっては、あの法月さんが、こういう作品も書けるなんて、とビックリでした。
講談社ミステリーランドは今後も楽しみなシリーズです。
| 藍色 | 2006/07/20 3:26 AM |
shiba_motoさん、ほんと楽しかったですね!穿ってみてはいけません。えぇ(笑)。あの呪いのところがややこしくて一瞬わけわからなくなった私ですが、子どもたちの柔軟な頭ならきっと大丈夫…!

藍色さん、私はなんとこの一作しか法月さんを知らないので、なんとも言えないのですが…イメージしていたのは「本格ミステリーの人」なので、確かにこういう「子供向け」っていうのはめずらしいんだろうなぁと思いました。
ほんと、今後が楽しみですね〜。まずは乙一さんが読みたいかも…。
| chiekoa | 2006/07/20 4:39 PM |
こんにちは♪
チビッコたちがこれを読んで味を占めて、将来スパイ小説とか読むようになったりして♪なんて考えちゃったりしました。
法月さん、こんな楽しい話もかけるんだなあ、なんてしみじみしながら楽しく読みました。
ミステリランド、侮れません♪
| かずは | 2006/07/20 10:46 PM |
かずはさん、こんにちわ!
そうですね、こういうところからバンバンはまっていってほしいものです!私は子どものころ何を読んでいたかしら…「怪人二十面相」とか?(年がばれます)。
| chiekoa | 2006/07/22 11:55 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
[review]法月綸太郎『怪盗グリフィン、絶体絶命』
 「あるべき物を、あるべき場所に」これが怪盗グリフィンの信条。彼の元に届いた1通の手紙、それは「怪盗グランプリ」への招待状だった。届かなかったかのように装って送り返したグリフィンだったが、この後に依頼されたゴッホの絵のすり替えを引き受けた彼はとんで
| こんな夜だから本を読もう | 2006/07/19 4:21 PM |
怪盗グリフィン絶体絶命、法月綸太郎
カバー・本文イラストは本(もと)秀康。 本の復権を願う、かつて子どもだったあなたと少年少女のための講談社ミステリーランドの1冊。 執筆者(予定含む)は、我孫子武丸、綾辻行人、有栖川有栖、井上雅彦、井上夢人、歌野
| 粋な提案 | 2006/07/20 3:26 AM |
「怪盗グリフィン、絶体絶命」法月綸太郎
ちびっこどもに飽きさせまいとしてなのか、二転三転、どんでん返しにどんでん返し。これじゃちびっこも途中でゲームに浮気したりせずに、最後まで一気読みじゃないかしらん。そういや、少年ジャンプは1作品がちょうど山手線の1駅分の長さに調節してあるらしいですが、
| 読書とジャンプ | 2006/07/20 10:40 PM |
「怪盗グリフィン、絶体絶命」法月綸太郎
怪盗グリフィン、絶体絶命法月 綸太郎 (2006/03)講談社 この商品の詳細を見る グリフィンの表の仕事は、保険会社の保険がかかった盗難品を取り戻すこと 裏の仕事は、「あるべきものを、あるべき場所に」を信条とする怪盗なのだ
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/04/27 6:45 PM |