プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< クレヨン王国月のたまご(PART4) [福永令三] | Top | クレヨン王国超特急24色ゆめ列車 [福永令三] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
クレヨン王国まほうの夏 [福永令三]
4061472046クレヨン王国まほうの夏
福永 令三
講談社 1986-07

箱根に合宿に来た6年生の清太と麻美は、芦ノ湖の湖畔でクレヨン王国の落し物「水色大福」を拾います。水色大福を水太と名づけ、水太のお父さんとお母さんになった二人に与えられた使命は「水太が大人になったら何になるか」をあてること。水太はおおきくなったら水色の「何か」になるのです。そんなとき、クラスメイトの幸子の誘拐事件が発生!水太といっしょに二人の奮闘が始まります。誘拐犯はなんと…。

クレヨン王国シリーズの10作目。ちょっとした推理小説?仕立てですが、お話そのもののおもしろさより、「親になるということ」ということについていろいろ考えさせられるお話でした。何もわからない子供と、どう向き合っていくのか、どう育てたらいいのか。無限の可能性を持つ「子供」というものにいきなり対面した二人のがんばりっぷりがとてもリアルでした。彼らは小学6年生ですが、これが大人だって同じことですよね。私も自分の子供をちゃんと育てたい!(いないけど!)と思いました。それにしても、やっぱり子育てって「自分がどう育てられたか」っていうのがすごく反映されるんだな…。
| は行(福永令三(クレヨン王国)) | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
はじめまして☆
トラックバックさせていただきました。

たくさん 読書されてますねぇ!
今 どんな 本を読みたいのか悩み気味ので
参考にさせていただきまーす!!
| ちえりん | 2006/08/16 8:56 PM |
ちえりんさん、はじめまして!
TB&コメントありがとうございます!

たくさん読んでますが…ただの中毒ですので!
やめろといわれても、「いやです」と(笑)。
いろんなブログをまわって、「オススメ」をさがしてみるのも楽しいですよ!ぜひ活用してみてください!
| chiekoa | 2006/08/17 4:20 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
『クレヨン王国まほうの夏』
福永 令三, 三木 由記子 クレヨン王国まほうの夏 この本を読んで最初に思ったのは、 現代では 決してありえない設定だ ということ。 もちろん クレヨン王国はファンタジー。 ありえないことが 繰り広げらる。 そういう意味でのありえないでは ない。
| 時遊くらぶ-図書館- | 2006/08/16 8:54 PM |