プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ぼんくら [宮部みゆき] | Top | 日暮らし 上 [宮部みゆき] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
愛の保存法 [平安寿子]
4334924816愛の保存法
平 安寿子
光文社 2005-12-14

「愛の保存法」「パパのベイビーボーイ」「きみ去りしのち」「寂しがりやの素粒子」「彼女はホームシック」「出来過ぎた男」の六篇が収録された短編集です。

いずれも「恋愛」に関する物語たち。うーん、人それぞれいろんな形があるものだなぁと。この「なさそうでありそう」な感じがリアルなのかもしれないなぁと思いました。いや、だからと言って読んでただ楽しい!というものでもなかったのですけれど…。なかなか微妙。

特に最後の「出来すぎた男」が、良かれ悪しかれ一番印象に残りました。これはブラックユーモアなのかしら、嫌味なのかしら…。何度も何度も離婚結婚を繰り返し、その度に子どもを作る男と、それを見ている女たちと。でもいるんですよ、こういう人!本人に罪の意識ゼロのこういう人!むしろ「俺がんばってる」って思ってるこういう人!そしてこれよりひどい人を私は知っている…(笑)。この人はとりあえずある意味誠実であるだけまだましというものです。男もバカだし、女もバカって、そういう話ですよね。しかしなぁ…これのおかげで、読後感がいいような、悪いような(笑)。
| た行(平安寿子) | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
確かに。。。
男も女もバカ。。。って話なのかも。。。
おいおい。。。と突っ込みを入れたくなるような、男や女が出てきて、面白かったけど、これでいいのか?って感じでしたね。

きっと、世の中、こんなものなのかも?

| 百子 | 2006/07/26 8:51 PM |
ほんとに「こんなものだろうなぁ」と素直に思えました。
ひとそれぞれ…面白いですね!
| chiekoa | 2006/07/28 8:21 PM |
表紙のイメージと中身がずいぶん違うなーと思ったことを思い出しました。奇妙な恋愛譚でしたね。最後の作品は……もーのすごくスパイスを効かせたブラックユーモア…かな?自分の父親がこんなんだったらどうだろう。とちょっと考えました。
| まみみっくす | 2006/07/28 10:31 PM |
自分の父親がこんなんだったら…大人になってからなら全然いいですけど、子どものうちはつらかろうなぁ…。ははっ。
| chiekoa | 2006/08/02 12:53 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
愛の賞味期限ってある?
★ 「愛の保存法」 平安寿子  読みました。 男と女の、さまざまな愛の形を描いた
| 百子の部屋 | 2006/07/26 8:44 PM |
「愛の保存法」平安寿子(2005)
「愛の保存法」平安寿子(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、短編、恋愛、ユーモア 図書館の書架で何気なく手に取ったのが運命の出会い(大げさ)、平成の奇書と勝手に呼んで愛して止まない「グッドラックららばい」の作家、平安寿子。どうも彼女の他
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/07/27 6:45 PM |
「愛の保存法」 平安寿子
愛の保存法posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.15平 安寿子著光文社 (2005.12)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/07/28 10:27 PM |