プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 愛の保存法 [平安寿子] | Top | 日暮らし 下 [宮部みゆき] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
日暮らし 上 [宮部みゆき]
4062127369日暮らし 上
宮部 みゆき
講談社 2004-12-22

ぼんくら』の続編にあたる作品です。この巻は短編集のようになっていて、「おまんま」「嫌いの虫」「子盗り鬼」「なけなし三昧」「日暮らし」という物語がそれぞれ収録されています。

それらの短編を読んでいくと、『ぼんくら』に登場した彼ら…おでことか、佐吉とか、葵とか、お徳とか…、あの事件から約1年後の、彼らの生活を知ることができます。もちろん井筒同心も顕在です。なるほど、こういうふうに後日談を知るっていうのもいいものだなぁと思いつつ読み進め、…「日暮らし」で一気に怒涛の展開を見せます。ええっ?!大変。早く下巻を読まねば。

それにしても「嫌いの虫」で語られる、お恵の父の人となりのなんて立派なこと…。彼の教えはかなり尊い!と思いました。曰く、

陽が落ちてからの物思いはよしたがいい
手を休めてしまうと、待ってましたとばかりに、考えなくてもいいことばかりが頭のなかに押し寄せてくる。働いて働いて、つまらない事を近寄らせないのがコツだ。
その通り…。真実!
| ま行(宮部みゆき) | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
日暮らし
********************************************************************** 本当のことなんて、どこにあるんだよ? 江戸町民のまっとうな日暮らしを翻弄する 大店の「お家の事情」。ぼんくら同心・井筒平四郎と 超美形少年・弓之助が 「封印された因縁」を、いよいよ解
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2006/07/29 5:29 PM |
日暮らし/宮部みゆき
日暮らし 上/宮部みゆき 日暮らし 下/宮部みゆき 「ぼんくら」の続編です。
| 仮想本棚&電脳日記 | 2006/08/05 12:50 AM |
日暮らし 宮部みゆき
日暮らし 上日暮らし 下 オススメ! 「おまんま」 井筒平四郎は、岡っ引きの政五郎の妻から相談を受けた。 おでここと、三太郎が床に伏せっているらしい。 おでこは幼いとき、政五郎に引き取られたのだと言う。 どうやら、そのことが、原因のひとつにあるらしい。
| 苗坊の読書日記 | 2006/11/22 12:14 AM |