プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 日暮らし 上 [宮部みゆき] | Top | シェルター [近藤史恵] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
日暮らし 下 [宮部みゆき]
4062127377日暮らし 下
宮部 みゆき
講談社 2004-12-22

日暮らし 上』の最後に収録されていた「日暮らし」の続きが下巻です。

一気に読みました。「ミステリー」としてのオチはなんとなく読めていたのですが、でもそれでも「読ませる」し、おもしろい。さすが宮部さんだと思いました。彼らの会話や掛け合いに笑ったり、泣いたり…。これ、そんなに泣くような話じゃないと思うんですけど、なんだか度々ほろりと来てしまった私です。涙もろくなったのは…歳だから?!

特におでこをこよなく愛している私。彼の「あいあい」を聞くのがもうたまらなく好き…。そんな私としてはラスト、弓之助とおでこの「芸」、見られるものなら見てみたかった!って思いました。あ、でも見たら泣くかも…。

読み終えて、このタイトルについて、しみじみ考えました。いいタイトルです。「一日、一日、積み上げるように。てめえで進んで」生きていきたいと、素直に思いました。泣いたって笑ったってそうするしかない。でもそれはきっとそんなに悪いことじゃない。そんなことを、気張らずにそっとわからせてくれる本でした。どんなにおもしろくても、それだけじゃ終わらない、読み終わってきっと誰の心にも何かを残す、そんな本をこれからもずっと書いていってほしいなぁと心から思いました。
| ま行(宮部みゆき) | comments(2) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
私も弓之助ファンです^^
賢いおつむを分けてほしいです。
どの作品も良かったですね。
やっぱり宮部さんの作品は好きです。
これからは時代小説もたくさん読んでいこうと思います。
| 苗坊 | 2006/11/22 12:22 AM |
苗坊さん、まぁライバルですね!弓之助は…わたしません!(笑)
時代物ってつい躊躇しちゃう自分がいるんですけど、宮部さんのを呼んで読まなければよかったって思ったことはありません。(むしろ早く読めばよかった!と思う)。このシリーズはまだ続くみたいなので、これからも楽しみです!
| chiekoa | 2006/11/22 4:54 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
日暮らし/宮部みゆき
日暮らし 上/宮部みゆき 日暮らし 下/宮部みゆき 「ぼんくら」の続編です。
| 仮想本棚&電脳日記 | 2006/07/31 10:25 PM |
日暮らし(下)<宮部みゆき>−(本:2006年77冊目)−
講談社 (2004/12/22) ASIN: 4062127377 評価:85点 上巻の最後に始まった長編「日暮らし」がこの下巻いっぱい続く。 葵殺しの謎解きを終えて、ぎっくり腰になった平四郎は「釣り台」に乗っけられて運ばれていく。寝転びながら運ばれるということだから、「釣
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/08/16 9:41 PM |
日暮らし 宮部みゆき
日暮らし 上日暮らし 下 オススメ! 「おまんま」 井筒平四郎は、岡っ引きの政五郎の妻から相談を受けた。 おでここと、三太郎が床に伏せっているらしい。 おでこは幼いとき、政五郎に引き取られたのだと言う。 どうやら、そのことが、原因のひとつにあるらしい。
| 苗坊の読書日記 | 2006/11/22 12:14 AM |
日暮らし/宮部みゆき 〜あたたかな視線〜
「ぼんくら」の続編。「ぼんくら」を読んだ人にはそれで充分魅力は伝わる。逆の順序で
| 読書のblog | 2007/02/10 1:17 AM |