プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< クレヨン王国まほうの夏 [福永令三] | Top | クレヨン王国新十二か月の旅 [福永令三] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
クレヨン王国超特急24色ゆめ列車 [福永令三]
4061484079クレヨン王国 超特急24色ゆめ列車
福永 令三
講談社 1994-11

クレヨン王国の作者さん「フクナガ」さんがこのお話の主人公です。350匹のおたまじゃくしを育てているフクナガさん。キジバトのブースケとも仲良しです。金魚のA金先生にいろんなことを教わりながら、おたまじゃくしたちはどんどん大きくなります。彼らを田に放すときがやってきましたが、日照りつづきで田んぼの水がどんどん干上がってしまいます。このままではおたまじゃくしたちの命があぶない!そんなフクナガさんの目の前に24色クレヨンで描かれた「ゆめ列車」がやってきます。それは太平洋戦争中、フクナガさんがまだ子供だったころ、友達の林少年が書いた列車でした。ブースケとA金先生とともに列車に乗り込んだフクナガさんを待ち受けていたのは…。

読み終わって、とてもやさしい気持ちになれる一冊です。主人公がフクナガさんというのもなかなか…。ブースケやA金先生と自由にお話ができるのもとてもうらやましい。さすがはクレヨン王国の作者さんです!

もっとも、ただ楽しいばかりではありません。戦争中の悲しい体験も、つらかったことも、苦しかったことも、ここには書かれています。生きたくても生きられなかった友達たち。忘れられない、忘れてはいけないことですよね。

それにこの本を読んでいると、自分がいかに「自然」というものを普段忘れてすごしているかということに気づかされます。ちょっと目を向けてみれば、そこにはいつも彼らがいてくれるのに…。明日からは、ちょっとゆっくり歩いてみたいと思います。
| は行(福永令三(クレヨン王国)) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック