プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< GLAY聖書(バイブル) [GLAY研究会] | Top | 初恋 [中原みすず] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ロマンス小説の七日間 [三浦しをん]
4043736010ロマンス小説の七日間
三浦 しをん
角川書店 2003-11

あかりは海外ロマンス小説の翻訳を生業とする、二十八歳の独身女性。中世騎士と女領主の恋物語を依頼され、翻訳に奮闘しているあかりに、ボーイフレンドの神名が神名が会社を突然辞めてきたと告げる。不可解な彼の言動に困惑するあかりは、翻訳中の原稿をどんどん「創作」しはじめてしまい…。

しをんさんの書くラブストーリー、しかもなんかロマンス小説なんか出てきちゃったりして、きゃー!なんかはちゃめちゃな展開になるのかしら?!と期待(?)して読んだのですが、普通に普通のラブストーリーでした(笑)。いや、それはそれでとてもよかったのですが、なんかもうとんでもないことになっちゃうんじゃないかしら?!って想像していたので…(ってどんな?)。

あかりと神名の物語である現実の一週間の日々と、あかりが訳している物語(途中から創作ですが)の第一章から第七章までの物語が、交互に読める構成になっているのですが、それが上手いなぁと思いました。両方ちゃんと面白くて、それぞれに楽しめてとてもいいです。ラストも、妄想どころか、ちゃんとすごくリアルに着地しています。そう、これはこれでいいのですよ、いけないのは私の妄想…。

ちなみにこの表紙の女の子が持ってるノートPCは、IBMのThinkPadだなぁと、全然関係ないことを思ったりしました。

そして「あとがき」がまた好きです(笑)。
| ま行(三浦しをん) | comments(5) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
わたしはこれ去年読んだんですが,かーなーり好きでした。読み終わった後しばらくハーレクインっぽいやつ読んでみたくてみたくて!結局読めてないんですけど。あかりの暴走っぷりに笑わせてもらいました(^^)
| まみみっくす | 2006/08/08 8:23 PM |
しをんエッセイ好きとしては、ぜひ読んでみたいかも。
きっとロマンス小説って、絶対ハーレクインだと思う。
あの方は、ハーレクイン好きだから…!!
| ありす | 2006/08/08 9:11 PM |
まみみさん、いや、早く読んでみてください(笑)。それを参考に…(って他力本願すぎ)。どうなんでしょうねぇ。私はちなみに『マディソン郡』がダメだった人なので、きっとハーレクインもだめだろうなぁと思っているのですが。(いっしょにするなって?!)

ありすさん、ぜひ!でもエッセイの方が暴走してておもしろいと私は思います。この本はもっと暴走してほしくて私の中ではちょっと物足りなく…(笑)。なーんて、十分おもしろいですけれど!(ほんとです!)
| chiekoa | 2006/08/09 6:09 PM |
こちらにもTBさせていただきました〜
私はこれが初めてのしおんさんで、十分暴走を楽しんだのですが・・chiekoaさんにとっては、これでも妄想が物足りなかったんですね(笑)
エッセイが面白いと評判なので、一度読んでみようと思います。
| EKKO | 2006/08/13 8:43 AM |
いや、行きすぎまして…(笑)。
エッセイはほんとオススメです!びっくりするかもしれませんが…。あ、あと電車とかで読まないほうがいいかも〜です!
| chiekoa | 2006/08/14 3:44 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「ロマンス小説の七日間」 三浦しをん
ロマンス小説の七日間posted with 簡単リンクくん at 2005. 7. 8三浦 しをん / 三浦 しをん著角川書店 (2003.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/08/08 8:22 PM |
『ロマンス小説の七日間』  三浦しをん  角川文庫
ロマンス小説の七日間   三浦しをんさんは面白いと評判なので、ずっと読みたかったのですが、ようやく読むことができました。   主人公、あかりは海外のロマンス小説の翻訳の仕事をしている。恋人・神名(かんな)とは長いつきあいで幸せに過ごしていた
| アン・バランス・ダイアリー | 2006/08/13 8:39 AM |
三浦しをん ロマンス小説の七日間
ロマンス小説の七日間posted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 9三浦 しをん〔著〕角川書店 (2003.11)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る ロマンス小説の翻訳の仕事をしているあかり。今回は「中世を舞台にした騎士と姫君の恋物語
| マロンカフェ 〜のんびり読書〜 | 2006/09/03 9:10 PM |
『ロマンス小説の七日間』 三浦しをん
『ロマンス小説の七日間』 三浦しをん 主人公・遠山あかりは海外ロマンス小説の翻訳家。28歳独身彼氏と半同棲中。 もうなんだかこの設定を見ただけで、 普段の私なら読まない部類の小説っぽいのですが、 その後彼女が突然会社を辞めた彼氏の行動に動揺し、 翻訳し
| 勝手に装丁室 | 2008/01/03 1:31 PM |