プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< クレヨン王国超特急24色ゆめ列車 [福永令三] | Top | クレヨン王国いちご村 [福永令三] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
クレヨン王国新十二か月の旅 [福永令三]
4061472364クレヨン王国 新十二か月の旅
福永 令三
講談社 1988-02

「クレヨン王国十二か月の旅」で悪い癖をなおしたシルバー王妃は、今では申し分のない王妃さま。確かに立派な王妃さまなのですが…かつてのような輝きを失ってしまったシルバー王妃。ゴールデン国王は、そんな王妃のことがやっぱり心配で、サンタクロースに相談します。サンタクロースからのプレゼントを受け取るため、故郷に帰ったシルバー王妃ですが、一年牢という恐ろしいブラックホールに落ちてしまいます。目覚めた王妃のまわりにいたのは、見覚えのある野菜たち。それは王妃が王宮で使っていたカップに描かれていた野菜たちでした。野菜たちといっしょに王妃は一年牢を抜けるため、十二か月の旅に出発します。

せっかく「完璧」な人になったのに…なんだかシルバー王妃がかわいそうなような。でも欠点のない人は愛されないというやつですよね。完璧な人間ってなんだか近寄りがたいというか…。そんなのぜったい嘘だから、苦しいんだろうな。苦しんでる人といっしょにいるのは、こっちもつらいですもんね。

個性豊かな野菜たちと旅をするにつれて、王妃もだんだんと本来の自分を取り戻して行きます。人はみんな、ありのままの姿が一番美しいのだ!ということを、あらためて思いました。

すっかり元通りの王妃様、めでたしめでたし!というところでカメレオン総理のこの一言に、思わず笑ってしまいました。

「ですが、しかし、陛下のご心配は、電車のレールのように、つきないものと思います、です。」
そのとおり!(笑)。それが生きているということのステキなことですよね!
| は行(福永令三(クレヨン王国)) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック