プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< エバーグリーン [豊島ミホ] | Top | 下北沢 [藤谷治] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
もしも、私があなただったら [白石一文]
4334924948もしも、私があなただったら
白石 一文
光文社 2006-04-20

会社を辞め、郷里の博多に戻ってきた啓吾のもとへ、会社時代の親友の妻・美奈が突然訪ねてくる。彼女の「用件」とは…。

大変表現が悪いですが…ぶっちゃけ「いい年したおじさんとおばさんが何をやってるんだ」と思ってしまいました。ごめんなさい。

読み進めるにつれて、どんどんその感じは増してゆき、バカらしくなってきて、もう途中で止めちゃおうかと…思ったくらいのものでしたが、いちおう最後まで読みました。途中からは好意的に読もう、読もうと思って…、少し光が見えてきたかな?と思いきや、薄暗闇のまま終わったというか…なんというか…。おぉっ!とキラリと光るものがないわけじゃないんですけど、でも、うーん、全体的に、ダメでした。私には。きっと読み方を間違えてるんだと思うんですよね。誰か、この本の正しい読み方を教えてください…。

だいたい結婚している女が、遠くへ行こうとする夫の友人の男性を羽田まで追っていって、突然「連れて行ってくれ」なんて言って拒否られたあげくに、「もしも、私があなただったら、こんな私のことを置いていったり絶対にしない。」って…。はぁ?って思っちゃうんですけど。この物語ではそこが、このセリフが肝心なところらしいんですけど(おかげで繰り返し出てくる出てくる)、まったく意味不明です。なに「こんな私」って。自分で言う?ただの自己中にしか思えません。やだ、こんな女。高校生とかだったらまだしも、既婚の、三十七歳の女性ですよ?なにやってんだか…。

この物語自体はその六年後のストーリーということで、そんな彼女も四十三歳。年齢を重ねて、さらに「はぁ?」という二人に。全然この女性の魅力が私にはわからない…。そんな女を「愛して」しまう男の人もさっぱりわからない…。バカだこの男…。でもまぁそんな女も女、男も男ということで(?!)。そういうものなのかもしれませんね。

ここから先は、恐らく俺にも彼女にも何をどうすることもできないのだろう。なぜなら、通い合った心は、もはや俺のものでも彼女のものでもない、まったく別の一つの心なのだろうから。
それはなんとなくわかるかなぁと。あと終盤に登場する主人公の友人の言葉には、なんだか生々しい「生きている」という感じの説得力があって、そこはとても魅力でした。でもいかんせん…二人の恋愛(?)が…。だいたい「この人は何のためにでてきたの?」って登場人物がいるあたりでNGです。わたしには。

うーむ、白石さんは個人的には当たりハズレが極端過ぎます。すごく好き(例:『一瞬の光』『私という運命について』etc.)か、最後まで読めないくらいダメ(例:『ぼくのなかの壊れていない部分』途中リタイア)か…。読むたびにバクチ打ってる気分です?!
| さ行(白石一文) | comments(8) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは。chiekoaさん。
私も、同じような感想を持ちました。
それに、主人公は博多で生まれ育っているのに、博多弁が全くでてこない所にも物凄く違和感を感じました。
よく知っている場所が舞台だったから余計にそう感じたのかもしれませんが(笑)

TBさせていただきました。
| ゆう | 2006/08/25 6:45 PM |
ゆうさん、言われてみればそうですね!博多弁…出てこなかった。なんだか「それほんとに口で喋ってるの?!」みたいなセリフに気をとられて、そこまで頭がまわりませんでしたが(笑)。
ものすごくきつい感想になったなぁと反省していたのですが、わりと皆さん同じご意見のようで安心しているところです…。そのエッチシーン、いらないから!みたいな!
| chiekoa | 2006/08/25 7:18 PM |
こんにちは、chiekoaさん。
私はこの本、本屋で題名に惹かれて立ち読みしましたが、すぐに投げ出しました。
大体この方、ものすごく、題名センスはいいんですよね。
chiekoaさんが駄目だった『ぼくのなかの壊れていない部分』、やはり題名に惹かれて、買ってしまったんですが、ものすごくいらいらしながら読んで、そのあと捨ててしまいました。(もったいなかった…)
めったに本を捨てたりしませんが、家に置きたくなくて。主人公の横っ面を引っぱたいてやりたくてたまらなかったんですよね。お前何様だよ、って気がしてしまって。
このやり方で生きていったら、40過ぎたら、周りにだれもいなくなるぞ、と思いました。でも、現実にこういうタイプの男って、結構いるんですよね…。ああ嫌だ。
| 水仙 | 2006/10/06 10:58 AM |
そう!題名のセンス!わかります、すごくいいですよね。それに惹かれて読むと…はははってことがわりとあるのですけれど(汗)。『ぼくのなかの』は最後まで読まれた分立派だと思います。私はもう途中で彼に付き合っているのがいやになってしまい…。そう、現実には結構いるのですよ。そしてそこそこうまくやって幸せにしていたりするのですよ。そういうものなのです…。
| chiekoa | 2006/10/11 11:40 AM |
ちえこあさん、はじめまして。
この作品は半年前に、「一瞬の光」は、つい最近読みました。
白石さんの作品の登場人物って、親近感がわかないんだけど、何を考えてるのかよくわからない、言動が予測不可能なところに惹きつけられて、(笑)
つい読んじゃいます。(笑)
これから、「僕の中の〜」を読むつもりなんですが、どうなのかな??
図書館の本だから捨てることはないと思うけど(笑)...嫌になるのでしょうか?楽しみです。
| sayuri | 2006/10/11 3:16 PM |
『ぼくのなかの』は…うーん、どうなんでしょう?!人それぞれですからね!(最後まで)読まれたらぜひ感想を…!
| chiekoa | 2006/10/11 4:52 PM |
こんばんは、chiekoaさん。
やっぱり、女性にはさんざんですね。
「一瞬の光」「不自由な心」「私という運命について」などより段々理屈っぽいところがなくなっていくのがさびしい。
この理屈ぽく、哲学的なところ?が好きなのですが。
| モンガ | 2006/10/27 11:10 PM |
順序だてて読んだことはないのですが…この作品はとにかく私にはダメでした。どこでひっかかっちゃったのかしら…。昔の作品の方が好きっていうのは、ちょっとさみしいです…。
| chiekoa | 2006/10/30 5:22 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
もしも、私があなただったら 白石一文
仕事を辞め、福岡でバー店を営む藤川啓吾のもとに、会社時代の同僚の妻であった神代美奈が突然訪ねてきた。 再会をきっかけに、再燃していく中年男性の最後の恋を描いた長編。 テンポよく話は展開していったが、魅力的に思える人物が登場せず、ストーリー展開に必要と
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2006/08/25 6:40 PM |
もしも、私があなただったら  白石 一文
もしも、私があなただったら 白石 一文  267 ★★★☆☆  【もしも、私があなただったら】 白石 一文 著  光文社  《もっと、もっと理屈っぽく、哲学的なものを書いてください》  内容(「BOOK」データベースより) 6年前に会社を辞め、郷里の
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2006/10/27 10:58 PM |
「もしも、私があなただったら」白石一文
【相手の気持ちと、自分の気持ちと。】  ‘もしも、私があなただったら’ どうする?何する?何言う? なんてことは、正直頻繁に良く考える方だと思う。 幼少の頃から、今は亡き母親に ‘相手の気持ちに成り代わってみなさい’ ‘相手の心を読んであ
| 雑板屋 | 2007/04/21 1:40 PM |