プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< もしも、私があなただったら [白石一文] | Top | 博士の愛した数式 [小川洋子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
下北沢 [藤谷治]
4898151760下北沢
藤谷 治
リトルモア 2006-06-30

電車を降りると、騒がしくて小さな街の予感がする。階段を登って改札を出ると、もう人間がごちゃごちゃして、妙な熱気が漂っている。でも、まだ改札を出たぐらいじゃ、下北沢は始まらない…。下北沢を舞台に、下北沢を愛する人々が繰り広げる物語。

なんとなく…私の中では「下北沢」って特別なイメージがあります。そしてそれはきっと理解できない感じで、私みたいな普通の人にはちょっと近寄りがたくて…行っても混乱してしまうかもというイメージ。「何おまえ?」って言われたらどうしよう、みたいな。実際行ったことは仕事で数回(ライブハウス数軒と、神社一軒。あ、でもその神社は作中に登場してちょっと感動。)くらいなもので、それとてちょっとなじめない感じで、おどおどしながら行った記憶があります。

そんな私にとって、この本は「行かずして下北沢を感じさせてくれる」ステキな本でした。ほら、実際行くのはちょっと恐いけど、こうやって本を読むことでちょこっと覗き見するくらいなら誰にも怒られないでしょ…という。そしてその「下北沢」で実際に暮らす・仕事をする人のことが、ちょっと分かった気になって、そっかぁって思って、近寄り難い天上の人なんかじゃなくて、元のところではそんなに私と違わないんだなって思って、ちょっとうれしくなりました。

読むと行ってみたくなっちゃうのが、難点なんですけどね(笑)。
| は行(藤谷治) | comments(7) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
chiekoaさん、そうなんです。
昔から雑誌の「下北特集」なんてあっても
私は入れてもらえない世界なんて勝手に思っていました。
同窓会やらちょっと離れた焼肉屋さんやら
ピンポイントで行った事は何度もあるのですが
自力で言ってないので地理が全くわからない。
「謎深いまち」下北沢を覗きみることが出来て得した気分です。
| なな | 2006/08/29 9:43 PM |
同士です!同士ですねっ!
藤谷さんのお店もものすごーーーく行きたいんですけどね、
勇気が…勇気が足りない…。
ななさん、今度いっしょに行ってください。
二人なら怖くないかも!(どれだけビビリなのやら)。
| chiekoa | 2006/08/30 12:45 PM |
chiekoaさん!ぜひぜひ!
下北沢には行った事なくても、
下北の美味しい甘味のお店は知ってると思いますが…
藤谷さんのお店に行って、甘いものを食べる。
いかがでしょう?
| なな | 2006/08/30 8:20 PM |
ななさん、ステキー!!
よし、決行しましょう。誰か人集めますか?!
| chiekoa | 2006/09/01 12:41 PM |
いつもありがとうございます。藤谷治です。
フィクショネスではちえこあさん、ななさんのご来店を
お待ちしています。
水曜日定休で、あとの日はたいてい午後1時から8時まで
やっています。
本をお持ちいただければ、サインでも何でもいたします。
勇気は全然必要ありません。
あと、よしもとばななさんお勧めの甘味喫茶もお教え
いたします。
それでは。
| 藤谷治 | 2006/09/02 7:10 PM |
うわー、藤谷さんご本人からコメントきてますよ!?すごいなぁ〜。ていうかあたしも行きたいです!くっ、こういうときに関東在住じゃないのが悔やまれて仕方ないです(>_<)
あああ〜、行ったらぜひぜひ感想なり店内の写真なりUPしてくださいね。いつかはわたしも行きたいです!
| まみみっくす | 2006/09/03 10:43 AM |
藤谷さん、まぁ!わざわざコメントを!ありがとうございます。
(↑なんだかおばさんぽい反応になってしまいました)
すでに決行することは決定しましたので(笑)、
おじゃまする際にはご連絡いたします。
サインもいただけるんですね?!
じゃぁ全部持っていかなくちゃ…!
全冊そろってるので重いけど…でもがんばります。負けない!
ありがとうございます!

まみみさん、だからほら、上京しましょうってば(笑)。
もちろんUPします!自慢します!ほほほ〜!
| chiekoa | 2006/09/03 2:08 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「下北沢」藤谷治
下北沢 藤谷 治 下北沢で箱貸しをしている主人公。気になる女の人桃子さんとのデート。詩人でありポエトリー・リーディングをする土蔵真蔵。 下北をよく知っている人が読んだらとても楽しい本なんだろうなぁ。私は演劇も見ないし、昔からどうも下北には縁が
| ナナメモ | 2006/08/29 9:36 PM |
下北沢  藤谷 治
下北沢 藤谷 治  266 ★★★☆☆  【下北沢】 藤谷 治 著  リトルモア  《下北沢、何かが響きあう不思議な街だ》  出版社/著者からの内容紹介 消えた詩心、色づく恋心─。 移ろいゆく街が包みこむ、愛すべき隣人たちの物語。 多くの若者が憧
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2006/10/24 10:42 PM |
■ 下北沢 藤谷治
下北沢 藤谷 治 リトルモア 2006-06-30 この本は、どんな感想を書こうか、とても迷いました。下北沢という街を感じさせてくれたし、ラブストーリーとしても楽しめたし、現代詩についても考えさせられる部分があったし、土蔵真蔵の人生にも感じ入りました。時々う
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/11/17 1:32 PM |