プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 下北沢 [藤谷治] | Top | 青葉の頃は終わった [近藤史恵] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
博士の愛した数式 [小川洋子]
4101215235博士の愛した数式
小川 洋子
新潮社 2005-11-26

いわずと知れた名作…再読です。最初に読んだときは、単行本を友達と半額ずつ出し合って買いました(貧乏)。なつかしい思い出…。現在、現物がその友達の手元にあるため、文庫本を買って再読してみました。

どこかの雑誌のインタビューで小川さんが「どうしても阪神の江夏の物語が書きたくて、でも彼はもう過去の人だから、そのためには記憶障害にしなくてはならなくて、こういうお話ができた」みたいなことをおっしゃっていられたのが衝撃的でした。そうだったんだ!(笑)。小川さんは阪神の大ファンなんですよね。そこからこんなすばらしい物語をつむいでしまうなんて、小川さんすごすぎます。

まぁ、どんなきっかけで出来た物語であれ、よいものはよいし、すばらしいものはすばらしくて、何度読んでも感動するのですけれど。じんわり…(ひたり中)。

そしてコレを読むと、あぁ、自分は理系出身でよかったなって、ちょっと誇らしい気持ちになれるのが、ちょっぴりうれしいです。(なかなか普段は思えないのです…)。
| あ行(小川洋子) | comments(8) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
はじめまして。作家名で検索してきました。
好きな作家名が多くて嬉しかったです。
私もこの本大好きで、いつもなら文庫になるまで待つのに、これは待ちきれなくて、単行本で買ってしまいました。
静かで、暖かくて、いい本とあえたな〜と思いました。
読んだことのない作家名も多いので、これからも参考にさせてください。
| ビー | 2006/09/25 1:11 AM |
ビーさん、はじめまして!
こんなサイトでも参考にしていただけるなら
とってもとってもうれしいです。
逆に「これはオススメ!」というのがあったら
教えてくださいね〜!
| chiekoa | 2006/09/25 3:30 PM |
こんにちは.
ようやく「博士の愛した数式」を読みました.
とても感動しました.
私も理系なのである程度は知っていたつもりですが,この本のように説明してもらうとみんなが数学を好きになってくれるのになあと思ってしまいます.
私もこの本は繰り返し読みたいです.
| coollife | 2006/11/05 11:32 AM |
お!理系仲間ですね!
私も「こんなふうなら苦手にならないよ!」って思いました。それの意味や、不思議さをちゃんと教えてくれれば…。ただ公式覚えて、とき方覚えて、テストで点をとればいいってもんじゃないですよね。
| chiekoa | 2006/11/06 1:34 PM |
こんにちは!
これを最近読んで,一気に小川さんのファンになりました。
とても静かであたたかくてじんわりきて,最後のほう,なぜか泣かずにはいられませんでした。
「余白の愛」も昨日読んだのですが,登場人物のY,すごく素敵です!これもまたとても静かで上品なトーンでこれといったラブシーンがあるわけではありませんが,とても胸に迫る恋愛小説です。
| あずまさえこ | 2006/11/16 7:32 PM |
あずまさえこさん、こんにちは。
いいですよね…この本。こんな季節にはまたぴったりきますね。私は『余白の愛』、実はまだ未読なのです!さえこさんの感想を聞いていたら読みたくなってきました…さぁ今日の帰りは図書館へ…!
| chiekoa | 2006/11/17 11:42 AM |
chiekoaさん 理系なんですか 羨ましい 数式の美しさとか知りたい
小川さんが江夏のために記憶喪失とか、ほんとうにビックリです!!
そんなことで出来上がった博士ですが、たしかに関係なく素晴らしい本でした
| きりり | 2007/03/11 2:13 AM |
きりりさん、いや、理系ですけどね、もう何も覚えていません…。
というか覚えていたことが一瞬でもあったのかどうか、それも定かではありません…とほほ。この本を読んで、あぁ数学って美しいものなのね…と遠くで思っているのが一番幸せだと、えぇ。だって素晴らしい本なんですもの!!
| chiekoa | 2007/03/12 11:44 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
小川洋子【博士の愛した数式】
なんという静謐(せいひつ)な世界だろうか。 すべてが美しい。この小説に登場する人々すべてが優しい。こんなに美しくて優しくて、いいのだろうか? 現実感ってものが乏しくないか? しかし読み進むうちに考え直した
| ぱんどら日記 | 2006/08/30 12:44 PM |
「博士の愛した数式」小川洋子
「ぼくの記憶は80分しかもたない」 若いころの交通事故のために記憶の能力を失った数学者. 事故にあう前のことは覚えているが,事故以後は80分間の記憶しか残らない. 80分のエンドレスビデオテープで録画を続けているようなもので,80分経つと,新しい記憶は80分前の
| 書く仕事 | 2006/11/05 11:32 AM |
小川洋子「博士の愛した数式」
毎回会う度に、初対面の人のように挨拶をされる 同じ質問に同じ答え 病気だと分かっていても、相対する人は戸惑いを感じるだろう 連続する時間と記憶の堆積が、唯一自分の存在の標とも言えると私は思う 80分と言う時間しかないなら、私はそのなかで無理矢理ひとつ
| 聞いてあげるよ君の話を | 2007/03/11 2:13 AM |