プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< アンダンテ・モッツァレラ・チーズ [藤谷治] | Top | リフレイン [沢村凜] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
λに歯がない [森博嗣]
4061824988λに歯がない
森 博嗣
講談社 2006-09-06

密室状態の研究所で発見された身元不明の4人の銃殺体。それぞれのポケットには「λに歯がない」と記されたカード。そして死体には…歯がなかった。4人の被害者の関係、「φ」からはじまる一連の事件との関連、犯人の脱出経路―すべて不明。事件を推理する西之園萌絵は、自ら封印していた過去と対峙することになる。

「Gシリーズ」第5弾。 以下、感想にネタバレあり。未読の方はご注意を。

これは…長く続いているシリーズならでは!ですね。おぉ〜、そう来ましたか!と。なるほどねぇ。うんうん。(なんのこっちゃい)。しかし、こう来ておいて、最後には結局つながる…ということがあるのかもしれない…。深読みに深読みをしてしまう、そんなこのシリーズ。終わってみると、今回は、さらにやりきれない、悲しい事件なのですけれど…。

読みながら、萌絵ちゃんの苦しみが、それは私は経験したことのない「苦しみ」なのに、なんだかすごくわかるような気がしてしまって、一緒に苦しくなりました。涙まで出そうでした。このシリーズは、読むたびに生きること…というか「生と死」について、ものすごく大切なことを教わっているような気がいつもします。萌絵ちゃんのそばに、犀川先生がいてくれてよかった…ほんとにそう思いました。

シリーズとしては、ますます気になるのはその「犀川先生と萌絵ちゃんの恋の行方」と、そして赤柳さんの正体。赤柳さん、今回もまた…気になる!気になる!気になります!でもわからない…。いろいろ想像はめぐらせているのですけれど、正解にたどり着ける気がしません。この本と同じですね…。毎回毎回、絶対真相はない!って気がして読んでます(笑)。

「恋の行方」の方は、今回はまたサービスシーン(?)がたくさんで、幸せ。ファンって単純だわ…(自己分析)。

そして萌絵ちゃんのセリフ「もしかしたら、田村さんだから、λにしたのかしら」の意味を読み終わってからしばらく考えて考えて考えて…やっとわかりました。すっきり。

「Gシリーズ」読了分リスト
1. φは壊れたね Path Connected φ Broke
2. θは遊んでくれたよ Another Playmate θ
3. τになるまで待って Please Stay until τ
4.εに誓って Swearing on solemn ε
5. λに歯がない λ Has No Teeth
| ま行(森博嗣(Gシリーズ)) | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
昨日に続いて、森博嗣の作品を読みました。
このシリーズ、先が見えてこないですね。
いったいどうなるのでしょう?
それにしても、λが、田村なんて、
もっと深い意味があるのかと思っていたのに、
駄洒落じゃないですか、ね。
| | 2006/12/07 8:30 PM |
花さん、もう何がどうなるのやら…どうにでもしてっ!
という感じの今日この頃です(笑)。
森さんはダジャレが好き…意味ナシジョークも好き…。
新刊は年明けですね。楽しみだ〜、楽しみだ〜!!
| chiekoa | 2006/12/08 4:14 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
λに歯がない
λ(ラムダ)に歯がない 森博嗣  講談社  2006年9月 ? ? 身元不明の4つの銃殺死体が、密室状態の研究所で発見される。死体のポケットには、「λに歯がない」と書かれたカードが入っていて、死体には、歯がなかった・・・・・ カードの書かれた
| <花>の本と映画の感想 | 2006/12/07 8:25 PM |