プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< リフレイン [沢村凜] | Top | 絶海 推理アンソロジー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ひかりをすくう [橋本紡]
4334925081ひかりをすくう
橋本 紡
光文社 2006-07-21

グラフィックデザイナーの仕事を辞め、同居人の哲ちゃんといっしょに田舎に引っ越した智子。そこでの彼女の生活は…。

流れ星が消えないうちに』がなかなかお気に入りだったので、新作を読んでみました。うーん、やっぱりいいです。わー!とかきゃー!とか、そういう熱い気持ちじゃなくて、なんというか、ほんわかと、いいなぁと。好きだなぁと。春みたいな気持ちです。

生きていくってことは、わりと大変で、迷って悩んで答えを出しても、またその答えに迷ったり悩んだりしてしまって。でも、それでもやっぱり人は生きていくんだし、生きていくうちにはすばらしい瞬間が待ってたりする。そういう、本当につらいときには信じられなくなってしまいそうな「ひかり」を、信じさせてくれるような、見つけさせてくれるような、そんな本でした。

表紙もとっても素敵です。この画像じゃわからないと思うけど…。左上の青いのは、ただの青じゃないんですよ。右上の紫も、ただの紫じゃないんですよ。本屋さんで見かけたらぜひ手にとって確かめてみてください。きっとにっこりしちゃいます。

あと、中に登場する「お料理」たちがすごくおいしそうです。人間の体は食べ物でできてるんだっていうこと、ご飯を食べておいしいって思うことが、そう思えることがどれだけ大切かっていうこと、そんなことにも思いを馳せました。

お金のこと、仕事のこと、周りの人のこと、病気のこと。現実は、こんな簡単にはいかないのかもしれないけれど、でも、それでも。がんばってる人に。そして、がんばってがんばってがんばってしんどくなってしまった人に。きっと読んだら、心にあったかい「ひかり」がともると思います。オススメです。
| は行(橋本紡) | comments(9) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは♪  また、おじゃましちゃいました;
本当に、ちえこあさんの《春みたいな気持ち》に同感です!
私自身もPD経験者なので、共感できる部分も多くありました。「努力はしないで、待つ努力だけしてほしい。」と主治医の先生にアドバイスされたことも...。      そうそう、料理の描写、美味しそうですよね〜。シンプルでも素材のよいものを使い、ていねいに作ることのすばらしさ、それをおいしいと思える幸せ感を大事にしたいと感じましたね...。
それにしても、料理に裁縫お菓子作り万能、ここぞという時にはピシッと言ってくれて、年下や子供にも慕われる哲っちゃんて、まさに理想の彼氏ですよね!(笑)
| Milk | 2006/09/22 9:22 AM |
Milkさん、こんにちは!
経験者でいらっしゃったんですね。私は自分のこととしてはわからなかったので、どうなのかな?って思って読んでいたのですけれど、Milkさんがそうおっしゃっているのを聞いて、なんだかやっぱりいい本だなってうれしいです。
哲ちゃん、いいですよね!理想…理想…!現実は…?!えへへ。
| chiekoa | 2006/09/22 6:06 PM |
確かにご飯がすっごくおいしそうな作品でした!こんな料理上手な彼氏、いいなぁ。
| まみみ | 2006/10/07 11:34 PM |
やっとこ読めました〜。
chiekoaさんのほうが先に読んじゃいましたね(笑)
優しくて温かな作品でしたねー。大好きです。
日々をもっと丁寧に過ごさなきゃ!と思いましたです。
| リサ | 2006/10/10 8:45 PM |
まみみさん、私の彼はコックさんなので激料理上手ですよ…!しかしそれはとてもよいのですが、自分が作ってあげるというのが顔から火を噴くほど恥ずかしいので、良し悪しです…。

リサさん、先に読んじゃいましたよ(笑)。手元にあるとつい「後でもいっかな〜」って気になりますもんね!ほんとうに大好きな作品です。ライトノベルの方にも手を出してみようかとたくらむ今日この頃…!
| chiekoa | 2006/10/11 11:43 AM |
こんばんは。TBさせてもらいました。
表紙・・・気づかなかった!
ホントだー。グラデーションきれい。
不思議な表紙ですね。
| sonatine | 2006/12/04 2:15 AM |
sonatineさん、そうなんですよ〜ステキな表紙!飾っておきたいくらいに好きです。本の雰囲気ともばっちりだなと思います。どうしても最初に目に入るのが表紙だから、私はけっこうそこでイメージを左右されちゃうタイプなのです。こういうのは…大賛成!!
| chiekoa | 2006/12/04 12:42 PM |
いいなあ、コックの彼氏さん(そっちかよ)
哲ちゃんのお料理はとても美味しそうで、なおかつまねできそうなのばっかりでした。私もキャベツを塩でもんでしんなりさせてたくさん食べるぞ、とか思いました(やってないけど)
| ざれこ | 2006/12/29 12:47 AM |
ざれこさーん、いや、いろいろ大変なんです…(涙)。
飲みましょう、飲んで話を聞いてくださいっ!(大涙)。
少なくとも…クリスマスはないっすよ。
一年で一番忙しくて人間じゃなくて液体に近いものになってますから…。

キャベツを塩で…というと、焼鳥屋のお通しが浮かぶわたし。
育ちがばれますねぇ…。
| chiekoa | 2006/12/29 3:59 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「ひかりをすくう」 橋本紡
ひかりをすくうposted with 簡単リンクくん at 2006.10. 3橋本 紡著光文社 (2006.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/10/07 11:33 PM |
『ひかりをすくう』橋本紡
ひかりをすくう橋本 紡光文社2006-07-21by G-Tools 突然こころが壊れてしまった。そんな私を、哲ちゃんは静かにそっと抱きしめてくれた。私にとって、ありふれた日常が最良の薬になった…。この世界に降るもうひとつのひかり。ひとの可能性を描く切実な物語。 ゆるり
| ひなたでゆるり | 2006/10/10 8:39 PM |
「ひかりをすくう」橋本紡
タイトル:ひかりをすくう 著者  :橋本紡 出版社 :光文社 読書期間:2006/10/30 - 2006/10/31 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 私にとって、ありふれた日常が最良の薬になった。注目の著者が、ひとの可能性を描く切実な物語。 一生懸命
| AOCHAN-Blog | 2006/11/17 8:18 PM |
ひかりをすくう
ひかりをすくう橋本 紡 / 光文社Amazonランキング:51437位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <評価> <ストーリー> 突然こころが壊れてしまった。そんな私を、哲ちゃんは静
| 寝ていられるのになぜ起きる? | 2006/12/04 2:13 AM |
ひかりをすくう 橋本紡
ひかりをすくう この本は 「ひなたでゆるり」のリサさん にオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 ここ数日コメントがうまく書けなかったりTBの反映ができなかったり、いつの間にか2回反映されたりでご迷惑おかけします。 そ
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/12/05 7:35 PM |
「ひかりをすくう」橋本紡
ひかりをすくう発売元: 光文社価格: ¥ 1,575発売日: 2006/07/21売上ランキング: 31133おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/12/26 一生懸命仕事をしてきたけど、一生懸命すぎて病気になってしまった智子。 仕事を辞めようかというと同居人の専業主夫、哲ち
| 本を読む女。改訂版 | 2006/12/29 12:47 AM |
橋本紡 「ひかりをすくう」
半月の月がのぼる空もさることながら本書もよく出来ていますね。ニートのような生活をする二人。お金がなくても、彼らは幸せ。
| ゼロから | 2008/04/16 1:12 AM |