プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 水曜の朝、午前三時 [蓮見圭一] | Top | 太陽がイッパイいっぱい [三羽省吾] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
三四郎はそれから門を出た [三浦しをん]
4591093565三四郎はそれから門を出た
三浦 しをん
ポプラ社 2006-07

「趣味は読書」と、てらいなく履歴書に記入できる人々がうらやましくてならない。いや率直に言って、うらやましさが高じて憎しみすら覚える。
「私、けっこう本読むんだー。『冷静と情熱のあいだ』はすっごくよかったよ」なんて言う、おまえらなんてみんな死ね。合コン中の男女を横目に、居酒屋で一人、苦々しい思いでビールを飲んだことが何度あっただろう。私にとっちゃあ、読書はもはや「趣味」なんて次元で語れるもんじゃないんだ。もてる時間と金の大半を注ぎ込んで挑む、「おまえ(本)と俺との愛の真剣一本勝負」なんだよ!
しをんさん…一生ついていきます…!!!

こういう本を読むと、読みたい本が増えちゃうんですよねぇ。でも「あ!これ読みたい!」って思っても、知能指数が低くてすぐに忘れてしまう私…。メモをとってもそのメモをなくす私…。困ったものです。

でも何冊かは自分が過去に読んだことのある本について、しをんさんが書いていらっしゃったりもするのですが、…やっぱりプロはすごいわ!例えば私も大好きな梨木香歩さんの『村田エフェンディ滞土録』は、しをんさんに解説していただくとこうなります。
友情と、未知のものに接する喜びに彩られた、村田君の輝かしい青春の日々。異国の友人たちと語りあい、笑いあう時間は、切ないほどのきらめきを宿す。彼らがその後にたどる道筋を、まるで知らぬままに…。
うっとり。私にはとてもこんなステキな言い回し、できません!そんなわけで、大満足。

そしてやっぱりしをんさんはお友達だなぁと感じるエピソードも満載。

「本の探偵」…わかる!わかります!ってかやってます!文庫本の方が各社特徴がはっきりしてて探りやすいですよね。うんうん。(この前東野圭吾さんの『赤い指』(自分は未読)を書店カバーのかかった状態で内容を1ページ横目で盗み見して当てたときは、自分すごい!と思いました。)(っていうか迷惑。)

「きみとどこまでも」…同じ…同じだわっ!食事中、絶対読んでます。読むものがなかったら探してから食べます。なかったら買いにいきます。喫茶店に入ろうとしても、本がなかったらやめます。うんうん、そうそう、その通り!あぁ、お友達…。

生活のすべてを本に支配され、振り回されているような気がしてならないが、それで特に不満もない。本を読むことがすなわち、私の幸福であるからだ。
わたしたち…きっと結婚したらうまくいくと思います。(プロポーズ)
| ま行(三浦しをん) | comments(12) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
そういうふたりが結婚した場合、‘本を中心に生活している二人の同居’とだけなってしまって結婚生活がどうのという話にならないような(笑)
わたしもこの本読んでから、しをんさんおすすめの本を数冊読んでます。今は津原泰水さんの「綺譚集」読んでるところです。
| まみみ | 2006/09/23 3:53 PM |
>わたしたち…きっと結婚したらうまくいくと思います。

本の内容よりも何よりも、すっごいここがツボに入りました。
私はどちらかというと、いとこのお姉さんくらいのポジションで迎えようかと…
| ありす | 2006/09/24 1:39 AM |
この本も読みたい!と、思っちゃう本なんですね。その前に、この本自体を読まねば!と、思っている私です。図書館の予約待ち。いつ私の番かなぁ。
本をこんなに愛せる。って、すごいですね。まだまだ私は遠く及ばないって、感じです。
| percy | 2006/09/24 11:21 PM |
まみみさん。
えーと…愛の形はサマザマですよ!!(何か違う)。

ありすさん。
いとこのお姉さん…同居しないと!
すごーくこゆーい空間を作らないと!(笑)。

percyさん。
本への愛では負けないわ!と思いたいところですが、
負けてるかも…。
すごいですよねぇ。っていうか、数もすごいけど
種類もすごいなぁと思います。
聞いたこともない古い本まで…さすが元店員!
| chiekoa | 2006/09/25 3:20 PM |
本を中心にしている同居生活。よさそうです。
読んでる本について語ったり、薦めあったり…
内容忘れてしまっても(そればっかり!)
相手が思い出してくれそうですよね。
ってなんだか妄想の世界に入っていきました。

この本を読んだ時の読みたい本メモ、未だ見つからずです。
| なな | 2006/09/26 12:21 AM |
私はもうメモを探すのはあきらめて、この本を買うことに…。『メッタ斬り』もおなじ経過をたどって買ったんだったような…あはは…。
| chiekoa | 2006/09/26 3:55 PM |
こんにちは。
昨日、ようやく順番が回ってきて、読み終わりました!満足!
そして、本当に読みたい本が。。。。メモしましたよ!
改めて本に対する愛を感じました。いろいろなジャンルを読破され、「本の探偵」。。。。楽しそうです。
永遠に追いつけそうにありません。
| percy | 2006/11/20 11:00 AM |
percyさん、あぁ!私のメモはどこへ!(涙)。
絶対失くすと思ってたらやっぱり失くしました…しくしく。
しかしほんとに「愛!!!!」にあふれてましたよね。
見習わねば…と思い、最近は図書館で借りるばかりでなく積極的に買うようになった私です。死なばもろとも!(オオゲサ)
| chiekoa | 2006/11/20 1:07 PM |
私はブログ上で堂々とメモしました(笑)思う壺です。
早速1冊読んでます。
| ざれこ | 2006/11/22 1:02 AM |
わたしはそんなざれこさんのメモを借用しようかと…。お、お世話になりますっ!『神聖喜劇』は年末に読もうかなぁと計画中。「退屈姫君」を読む予定だったのが前倒しになっちゃったので(笑)。
| chiekoa | 2006/11/22 4:56 PM |
凄いですね^^;プロポーズしてる・・・。
私は探偵はしないですね・・・^^;
気になりはしますけど、推理はしないです^^;
私もたくさんメモしました。
ちょこちょこ読んでいきたいですね。
| 苗坊 | 2006/12/07 9:46 PM |
苗坊さん、うまくいくと思うんですけど…どうでしょう?!
あとは私がBLを愛せるようになればきっと完璧。
推理…しないですか?!奥ゆかしい…。
せずにはいられません、えぇ。図々しいので(笑)。
| chiekoa | 2006/12/08 4:15 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「三四郎はそれから門を出た」 三浦しをん
三四郎はそれから門を出たposted with 簡単リンクくん at 2006. 8.18三浦 しをん著ポプラ社 (2006.7)通常1-3週間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/09/23 3:50 PM |
三浦しをん【三四郎はそれから門を出た】
まんまとポプラ社に嵌められた。 三浦しをんと森絵都が直木賞を受賞したのは7月13日のこと。 そして7月16日の新聞に、三浦しをんのエッセイ集【三四郎はそれから門を出た】の広告がドーンと出たのである。 なんか
| ぱんどら日記 | 2006/09/25 10:10 AM |
「三四郎はそれから門を出た」三浦しをん
三四郎はそれから門を出た 三浦 しをん 三浦さんが今までに書いた本に関するエッセイをまとめたもの。ご本人いわく「ずいぶん書いたなあ。本になりそうなぐらい、枚数がありますよ」とさりげない(?)アッピールをしたら本になったものらしい。 「読書が好
| ナナメモ | 2006/09/26 12:22 AM |
『三四郎はそれから門を出た』  三浦しをん ポプラ社
三四郎はそれから門を出た いろんなところで発表してきたエッセイや書評・解説などを集めた、盛り沢山の一冊。今までのエッセイ集とはちょっと雰囲気が違いますが、それでも『しをん節』は出ています。 書評の部分は私が読んだ本が少なくてピンとは来ませんでした
| みかんのReading Diary♪ | 2006/10/20 1:04 AM |
「三四郎はそれから門を出た」三浦しをん
三四郎はそれから門を出た発売元: ポプラ社価格: ¥ 1,680発売日: 2006/07売上ランキング: 3431おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/11/20 本に埋もれて生活する三浦しをん氏の読書エッセイ。 直木賞受賞後第一作、でこんなタイトルだったら、 なんか夏目
| 本を読む女。改訂版 | 2006/11/22 12:58 AM |
三四郎はそれから門を出た 三浦しをん
三四郎はそれから門を出た オススメ! それでも本から離れられない。人気作家にして筋金入りの活字中毒者、三浦しをんの秘密の日常。 初の、ブックガイド&カルチャーエッセイ集。 朝日新聞の人気連載、『anan』のカルチャーコラムも収録。 1章 犬のお散歩新
| 苗坊の読書日記 | 2006/12/07 9:28 PM |
『三四郎はそれから門を出た』 三浦しをん
作家の目から見える景色を知りたいなら、エッセイですな。 『三四郎はそれから門を出た』 三浦しをん そこにはどんな景色が広がっていたかというと、 本、本、本本本本本本……!ひたすら本でした。 のっけからいきなり「一日に一回は本屋に行かないと落ち着かない。
| 勝手に装丁室 | 2008/01/03 1:29 PM |