プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ボトルネック [米澤穂信] | Top | 家守綺譚(文庫版) [梨木香歩] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
クレヨン王国の十二か月 [福永令三]
4062754606クレヨン王国の十二か月
福永 令三
講談社 2006-09-16

家出をしたゴールデン王さまの行方を追って、大みそかの夜に始まる、ユカとシルバー王妃のふしぎな旅―。多くの子どもたちが夢ふくらませた、色鮮やかなファンタジー世界「クレヨン王国」。シリーズ五百万部を超えるベストセラーの原点の全容が、四十年以上を経て、いま初めて明らかに。

なんと!あの『クレヨン王国の十二か月』(青い鳥文庫版)の完全版です!福永さんが1964年に講談社児童文学新人賞を受賞した原稿に、加筆・修正をほどこしたものだそうです。あれがものすごくカットされたものだったということを、今回初めて知りました。(講談社さんからの指示で100枚削れと言われて削った結果だそうです)。この講談社文庫版の『クレヨン王国の十二か月』では、そのカットした未発表原稿分を全部読むことができます。ファンにはたまりません…。手元にある青い鳥文庫版と見比べたりしながら、ものすごく幸せな読書時間を過ごしました。なんというか自分の読書人生の原点にある作品なので、感慨もひとしおというか、涙が出ますね、ほんとうに…。

これを読んで、読み終えて、今自分にこの本を読ませる子どもがいないことが、心の底から悔しいです。自分が結婚していない(というかできていない)ことや、子どもがいないことが、世間がとか、友達がとか、家族がとかじゃなくて、こんな形でずっしりきたのははじめてです。でもほんとにずっしりきました。悲しいです。私の夢は、いつか子どもといっしょに福永さんに会いに行くことなのに…。先に一人だけでも会いに行きたい!って真剣に考えはじめました。福永さん、ごめんなさい、この作品を継がせる子どもがいなくて…って謝りたいです。私はほんとうにほんとうに、これを一人でも多くの人に読んでよしいのに。あぁ、悲しいなぁ。ほんとうに好きなのに。大切なのに。

ちなみに表紙の絵がいつもの三木由紀子さんじゃなくて、ちょっと「え…」って思ったのですが、今回のこの絵を描いていらっしゃる杉田豊さんについて、福永さんがまえがきで語っているのを読んで、「そうか!」って思って、こっちも大好きになりました。みなさんも、心配しないで手にとってください!読み終えたら、世界の色がきっと違います。
| は行(福永令三(クレヨン王国)) | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント

わたしも 子供の頃、「クレヨン王国」シリーズが
大好きでした!
ちえこあさんの アツイ感想を読んで、
わたしもいつか子供ができたら(できるかな。。)
ゼッタイ読ませるぞーと決意(笑)しました。

そのまえに 再読しなくちゃなあ。。
| マメ | 2006/10/11 3:43 PM |
マメさんこんにちは!
同士ですね〜!!ほんとにほんとに大好きです!
うぅ、継がせる子どもがいないぃぃぃぃ…。
芸能人になって「私の好きな本はこれです!」ってテレビとか雑誌とかで言いまくって、クレヨン王国ブーム到来!ってのにあこがれたくらいに好きな本です。
もう「再読」なんて数え切れないほどしている自分がいます。
マメさんもぜひぜひぜひ!オリジナルの青い鳥文庫は手に入りにくいですが、この講談社文庫は出たばかりですから入手しやすいと思いますよ!
| chiekoa | 2006/10/11 4:54 PM |
『クレヨン王国の12ヶ月』の完全版が出ていたなんて、嬉しい驚きです。月のたまごシリーズまでは何度も読み返し、引越しを機に従姉弟たちにあげてしまったのですが、買ってきてまた読みたいと思います。
素敵な情報ありがとうございました。
私も吾が子が出来たら&仕事に就いたら(当方保育士です)子供達にこの本を伝えていきたいです。
| すな | 2006/12/05 12:24 PM |
すなさん、まぁなんてステキな!趣味があいます(笑)。
青い鳥文庫のは、私も一度手放してしまったのですが(というか親が勝手に処分を…!)、大人になってからまとめて「大人買い」しました!すなさんも…取り返したほうがいいですよ?!(腹黒いわたくし)。
保育士さんなんですね、じゃぁ職権濫用してぜひたくさんの子供たちに伝えてください!って別にギャグじゃなくて、ほんとうに、それだけの価値がある本たちですから!
| chiekoa | 2006/12/05 12:29 PM |
嬉しくなるような(しかもお速い)レスありがとうございます。

ちえこあさんのレビューと読書傾向を見て、私も『この方と好みが一緒だわ』と、多分こちらのサイトを訪れるファンの方々9割くらいと同じ感想を抱いておりました(笑)。

幼少期の読書傾向は、その後の嗜好に影響大なのかもしれませんね。
因みに子供の頃もしかして、安房直子さんなども読まれましたか?大人になってから読んでも、まったくブレないお話たちばかりで面白いですよ。
『クレヨン』については、ぜひ職権濫用しまくりたいと思います(笑)
重ねての書き込みで失礼いたしました。
| すな | 2006/12/05 1:12 PM |
レスが早いのは…仕事中はオンラインだからです(汗)。
むむむ、いいのか?!
と、あえて時間をあけてレスをする私…(←意味ナシ!)

こちらのサイトを訪れるファンの人なんていませんが(笑)、やっぱり読書傾向のあう人っていうのはいますよね〜!勝手に運命を感じていつもうれしくなります。

安房直子さんは…ハンカチの上でなにやらみたいのを読んだ記憶が…わ、気になってきました。また図書館に行ってみまっす!!
| chiekoa | 2006/12/05 3:57 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック