プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< クレヨン王国の十二か月 [福永令三] | Top | ひとかげ [よしもとばなな] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
家守綺譚(文庫版) [梨木香歩]
4101253374家守綺譚
梨木 香歩
新潮社 2006-09

文庫になりました!あの装幀じゃなくなっちゃったんですけど、これもまたよし…。(というか単行本も持っているので問題なし)。そして心なしか単行本よりも漢字のフリガナが増えて、読みやすくなっているような…。

単行本を読んだときの感想は→こちら
今回は秋の夜長に雨の音を聞きながらの読書になりました。最高に幸せです。ゴロー…羊っぽく歩けるようになったかしら?(笑)。あぁ、あの世界から、帰ってきたくない、いつまでもあそこにいたい、そう思わせる本です。手に入らないからこそ、こんなにも美しく私たちの目にうつるのでしょうか。悲しいですね…。私たちが何かを手に入れたかわりに、失くしてしまったたくさんの美しいものが、この世界にはあります。

そしてこの文庫版には、単行本にはなかった、主人公「綿貫征四郎」の随筆「烏蘞苺記」(「やぶがらしのき」と読むのだそうです。今この文字打つのにすごく苦労しました…。)が収録されています。単行本を買って読んだ方も、読む価値あり!です。
| な行(梨木香歩) | comments(7) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
はじめまして。
実は勝手にドリコムのbloglistに加えさせていただき、よく見に来ています。
同じ日に同じ本の記事を書かれていたので思わず、書き込みをさせていただきました。

「家守綺譚」の世界観、本当に素敵ですよね♪
ゴローもとてもいとおしいキャラクターだし。
帰ってきたくないというのも頷けます。
そして同じく「やぶがらしのき」を入力するのに苦労しました(笑

これからも本の紹介、楽しみにしています。
| 大葉 もみじ | 2006/10/05 4:10 PM |
もみじさん、こんにちは。
まぁ!うれしいコメントをありがとうございます!
同じ日に同じ記事ってのも…うれしいです。

ゴローいいですよね〜。かっこいいですよね〜。
前に読んだときに「猫もいてもいいのにね」って話を知人としたのですが、確かに猫もいたらゴローとはまた違ったキャラで楽しかったかも…。二人(?)のからみとか、ちょっと見てみたい気がします!
| chiekoa | 2006/10/05 7:18 PM |
こんにちは。
文庫版が出てたんですね。しらなかったです。
独特の雰囲気があって、好きなんですよね。
こんな生活、送ってみたいです。
文庫本にしかない随筆、読みたいですね。
| 苗坊 | 2006/10/09 2:52 PM |
随筆、かなり小難しいですけど、とってもいいですよ!!ぜひ、ぜひご購入を!!この本が手元にあって悪いことなんて何もありません…!
| chiekoa | 2006/10/11 11:48 AM |
しみじみいい話ですよねー。ほんと、大好きです。chiekoaさんのブログで文庫化を知って、あわてて買ってきました。「村田〜」も再読したくなりましたし、文中ではイギリスに渡ってる知人もいる、みたいなこと書いてあったのでその人の話も出ないかな?とちょっと思ってみたり。
| まみみ | 2006/10/12 5:16 AM |
こんにちは。
とても美しい世界で、堪能しました。
私は文庫で読んだのですが、単行本のデザインも素敵ですね。姉妹編「村田〜」も是非読もうと思っています。
| EKKO | 2006/10/13 7:40 AM |
まみみさん、おぉ、なるほど「滞英録」ですね?
読みたい…読みたいです…。
これもまた壮大なシリーズになってくれないかしら。

EKKOさん、『村田〜』はこれとはまた違った意味でものすごく好きな本です。読んでください!ぜひ!ぜひぜひ!
| chiekoa | 2006/10/13 4:39 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
『家守綺譚』
『家守綺譚』 (新潮文庫) 著:梨木香歩 「それは ついこのあいだ、  ほんの百年すこし前の物語。」(帯より) 本書はこの本の主人公、綿貫征四郎の著したものである。 征四郎はある時、亡くなった親友である高堂の実
| もみじの本屋 | 2006/10/05 9:20 PM |
家守綺譚 梨木香歩
家守綺譚 綿貫征四郎は、学生時代の親友高堂の家の守をする事になった。 高堂は学生時代にボート部に所属しており、ボートを漕いでいる最中に行方不明となった。 高堂の両親は、家を離れ子どもの世話になることになったが、この家をなくす事は出来ない。 そこで、綿
| 苗坊の読書日記 | 2006/10/09 2:49 PM |
「家守綺譚」 梨木香歩
家守綺譚posted with 簡単リンクくん at 2006.10. 7梨木 香歩著新潮社 (2006.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/10/12 5:28 AM |
梨木香歩【家守綺譚】
江戸時代と明治時代の境目で、人々はどうやって気持ちを切り替えたんだろう? 私がその時代に生きてたら、「皆さん、今日から明治時代です! 洋服を着ましょう!」と言われても、意地になって着物を着つづけるかも。周
| ぱんどら日記 | 2006/10/12 4:01 PM |
『家守綺譚』 梨木果歩  新潮文庫
少し前に読み終えたのに、なかなか感想を書けないでいました。本のなかの世界があまりに今の自分の現実とかけ離れていて、戸惑ってしまったのかもしれません。ファンタジーとか、非現実ということではないのです。この本の持つ静かな精神世界があまりに清潔で美し
| アン・バランス・ダイアリー | 2006/10/13 7:36 AM |