プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 運命の鎖 [北川歩実] | Top | 人生の旅をゆく [よしもとばなな] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
温室デイズ [瀬尾まいこ]
4048735837温室デイズ
瀬尾 まいこ
角川書店 2006-07

トイレでタバコが発見される。遅刻の人数が増える。これらの始まりの合図に教師たちはまだ気づかない。私たちの学校が崩壊しつつあることを。私には一体何が出来るのだろうか……。

これは…リアルなのでしょうか。リアルなんでしょうね。瀬尾さんって、中学校の先生だってことですし。でも私には…正直ピンときませんでした。自分の通っていた中学校がものすごく平和だったからでしょうか。でもこんなに荒れてはいなかったですけど、普通に「いじめ」はあったし、ぶっちゃけ私いじめられっこだったし。でも私が当時考えてたことって、ここに書いてあるようなこととは全然違った、気がします。いやもう、記憶があいまいで確かなことは言えないのですが(笑)。これを「痛い」と感じるには、年をとりすぎたということなのでしょうか…(遠い目)。

でもまぁ私の過去と一致するかどうかとか、そういうことはこの際どうでもよくて、こういう生活も、こういう考え方も、こういう逃げ方も、こういう立ち向かい方も。全部がきっとリアルで、そのどれが正しくて、どれが間違ってるなんてことはないんだろうなぁと、しみじみ思いました。何もかもめんどくさくて、複雑で、投げてしまいたくなるけれど、投げられなくて、投げるわけにはいかなくて、日々もがいている人が、いまこの瞬間にもきっといるんだろうなぁ。私は素直にその人たちを、すごいと、そう思います。自分が全く関係なくて、ごめんなさいって、思ったりもしました。

でもなんとなく、なんとなくですけど、今っていろいろやりすぎ、考えすぎなんじゃないかなぁっていうのも思います。回りが勝手にコトを大袈裟にしてるっていうか、「それは大変なことなんだ」「心の傷が」「マニュアルが」etc.…。なんか、よってたかって「大変なこと」に、そういうふうにしちゃったんじゃないかなぁって気がしたりもします。たいしたことじゃないなんて、当事者としても思いませんけど、でもそんなに騒ぐことでもないんじゃないかなぁ…。うまく言えませんが。もっと子どもを、人を、信じてあげればいいのに。

実際の中学生が読んだらどんなことを思うのかな。ぜひ聞いてみたいです。だって、現役の「先生」が書いているんですよ?これってものすごくすごいことですよね。

ちょっとだけ思ったのは…「中学校なんて義務教育なんて温室だ。社会に出たらもっと厳しい」みたいな箇所。ほんとにそうですか?私は…なんとなくそうは思いません。あの頃のほうが、「生きる」ってことがすごく大変だったような気がする…。今、それだけ怠惰に生きているんだと言われてしまえばそれまでかもしれませんが、大人のほうが楽なこと多いと思うんだけどな。
| さ行(瀬尾まいこ) | comments(25) | trackbacks(16) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
あたしも小学校の一時期、ぶっちゃけいじめられっこでしたが…ここまでひどくはなかったかなあ。でもあれって行為そのものより、されてどれだけダメージ受けるかにつきるかと。結構打たれ弱い子だったので、この本読んでる最中はその暗黒期を思い出して悶えたりしてました。わたしも現役中学生とか、現役教師の方の意見をぜひ聞いてみたいです!
| まみみ | 2006/10/09 3:21 PM |
私は、感情移入しすぎで読んでしまったので、かなり痛かったです。
現実の厳しさの中で戦うふたりの姿勢が、とても心に残りました。
大人には温室に見えても、生徒にとっては毎日の身近なことなので
現役の中学生や教師の方の感想を、ぜひ聞いてみたいですね。
| 藍色 | 2006/10/09 6:31 PM |
自分のことなんて遠い遠い過去の私。
考えるのは息子がいじめられたら…でした。

がんばらなくてもいいと思うんですけどね…
どうなんでしょう。

「温室」って言葉の使い方が上手いと思いました。
| なな | 2006/10/09 9:37 PM |
まみみさん、わ〜おそろい(笑)。
だいたい本ばっかり読んでるまじめっこなんて当時はとりあえずいじめとけってなところでしたよ。あんまり覚えてないですけどね〜。だから「いじめた方は忘れてもいじめられた方は一生忘れない」みたいなのって、「うっそお!」っていつも思ってます(笑)。

藍色さんは感情移入できたのですね、うらやましい…。なんかこう、つい「大人」の視点に立っちゃうんですよ。くやしいなぁ…。でもこの子たちは、なんか大丈夫だろうなって思います。これだけものがわかってれば大丈夫です!

ななさん、なるほど、母の視点ですね。いじめられたら…元いじめられっこの私がアドバイスに伺います。呼んで下さい!!
| chiekoa | 2006/10/11 11:52 AM |
わたしも、もう中学時代なんてあまりに遠くて、
大人の視点でしか読めませんでしたよ・・・。
でもまあ、いじめも学級崩壊も良くないよね。
・・・って本当に、他人事になってしまいましたよ。
今の中学生、大変なんだね、がんばれよ!
って感じです (^_^;)。
| ゆうき | 2006/10/13 3:53 PM |
私は中学生のときの記憶って「部活!」オンリーだったので…。
裏校則、なんて名前はついてなかったですけど、「ヤンキーの先輩には角を曲がって見えなくなるまであいさつ」なんてのありました、そういえば(笑)。今考えると笑えるわ〜。あんなに怖がってた「ヤンキー」も15歳とかなんですから。あぁ、年を取るってすばらしい。
| chiekoa | 2006/10/13 4:43 PM |
 私の中学校は荒れ荒れだったので嫌な記憶が蘇りました。
しかし、連日のいじめによる自殺をみていると、物語のことといえない気がしますね。
| ☆すぅ☆ | 2006/11/06 11:41 PM |
私の母校も私が入学する少し前までは有名な荒れた学校(まぁかわいいもんだと思いますけど)だったそうですが、うちの学年は驚くほど平和で…先生もびっくり、みたいな(笑)。最近そういうニュースが多いですね。なんだかもったいなくて悲しくなります…。ばか!死ぬな!(泣)。
| chiekoa | 2006/11/07 11:33 AM |
中学時代って、確かに守られていて「温室」なんでしょうが、
生き残るために、結構殺伐としていたような気もします。
あまりに昔のことで、うまく思い出せないんですが、
揉め事に巻き込まれないように、かなり注意深くしてました。
今の方が、自分で色々と選べる分、いいような気がします。
| june | 2006/11/10 10:41 PM |
juneさん、実際に今子供がいらっしゃるお母さんにしてみたら、かなり重い本ですよね…。なるほど、選択肢が増えたってことは単純にいいことなのかもしれないですね。押し付けることをしないように、大人としてはしたいと思います。
| chiekoa | 2006/11/12 1:21 PM |
chiekoaさん☆こんばんは
みなさんのコメントを読んでいてビックリしたのは、荒れている学校が多いってことです。
わたしの学生時代は何て平和だったんだろうって、わたしって幸せだなぁって思ってしまいました。
| Roko | 2006/11/12 6:53 PM |
Rokoさん、私も平和だったんだなぁと…思います。
っていうかテレビとかメディアがこんなふうに報道する時代になったからかなぁと思ったりもします。つられて…っていうわけじゃないですけど、影響力はあると思うんですよね。やだな…。
| chiekoa | 2006/11/13 11:53 AM |
うちの中学は「横浜の学習院」と呼ばれているそうです(笑)。
いじめは、今も昔もあるんですよね。弟はその「学習院(笑)」でいじめに遭ったようです。親友と思っていた友人に裏切られたらしいです。
でも、その痛みをぼくはわかりませんでした。のほほんと楽しい高校生活を送っていました。
いまだから、昔だからではなく、ある、あったことだと思います。でも「自殺」だけは、やっぱり駄目だと思うなぁ・・。
支離滅裂ですね。
| すの | 2006/11/28 8:49 PM |
すのさん、私は普通の公立中学だったので…。
私も「自殺」だけはダメだと思いますよ。死ぬくらいならほかにできることがなんだってあるはず…と思います。死にたくなる気持ちはわかりますけど、だからって死ねばいいってもんじゃなかろう、と。この本はきついですね、こういうことを考えさせてしまうから…。
| chiekoa | 2006/11/29 12:37 PM |
確かに今の中学生に読んでほしいですね。そしてどう思っているのか聞きたいです。
私はいじめっこでもいじめられっこでもなかったですね。上手く逃げてました。
でも、どっちかって言うと、いじめられっこかなぁ。弱気で内気だったので^^;
私も、本当に今こんな感じなのかってイマイチピンとこなかったですねぇ。
| 苗坊 | 2006/12/13 10:42 PM |
苗坊さん、ゆとり教育の弊害…?とかですかね??
悲しいニュースが多くて、ほんとに悲しくなります。バカ死ぬなっちゅーねん!どこにでもあることだし、絶対過去になるんだからって思います。私が忘れっぽいだけかもしれませんが…。
| chiekoa | 2006/12/14 2:40 PM |
ウチにはもう中学生の子供さえいないんですが、いろいろ考えさせられました。
chiekoaさんの記事の一部を勝手に引用させていただいたんですが、まずかったら削除しますので、ご連絡ください。
トラックバックさせていただきました。
| | 2007/02/23 9:32 PM |
栞さん、こんにちは。
なんもまずくありません、むしろ光栄です。ありがとうございます。
この本は…いろんな立場の人間に、それぞれ違った意味で、ものを考えさせる一冊だなぁと、しみじみ思います。
| chiekoa | 2007/02/24 1:18 PM |
はじめまして。検索サイトでこの素敵な図書館を見つけました。これからもちょくちょく通わせていただくかもしれませんvv
この「温室デイズ」は結構前に読んだのですが、この間卒業した中学校と本当にダブっていて、なんとなく憂鬱な気持ちで読み始めました。紙飛行機?まさに今の状態だ!みたいな。
でも読み終わったときに、ホッとしたというか、ちょっと安堵しました。瀬尾まい子さんの小説は、どれも心が少し温かくなるものばかりですよね。
・・・と、どこで終わっていいのかわからない文章になってしまいましたが、このへんで失礼します;
(しかもずいぶん前の記事でした・・・今気づいた;)
| 真冬 | 2007/04/06 9:08 PM |
真冬さん、はじめまして!
ステキだなんて…おだてると調子に乗りますので…自粛。
ご自身の体験とかぶると、いろいろ思うことありますよね。
瀬尾さんは実際先生なわけですから、これはどれだけリアルなんだろうと。
でもそう、最後にはちゃんと光が見えるというか、
そういうあったかいところがとても好きです。
確かに読んだのは結構前ですが、でも今でもきっちり内容を
覚えている数少ない本ですから…。
(読んだはしから忘れていく癖があるのです、困ったものだ…)。

またぜひ遊びにきてくださいね!
雑談でもなんでもどんとこいです!
| chiekoa | 2007/04/06 9:17 PM |
 私も中学は荒れてなかったし、
 学校時代にいじめられた経験もないですが、
 でもこれは、かなりつらく苦しかったです。
 読んでる間中、ほぼ涙流してました^^;;

 オトナになると、
 心の逃がし場所をうまく見つけて
 対処するようになるかもですね。
 でも、みちる(主人公)はオトナになっても
 やっぱり真正面から不器用に立ち向かうタイプ
 のようにも思えます。
| miyukichi | 2007/04/06 10:54 PM |
miyukichiさん、あぁやっぱりmiyukichiさんの感性ってすてきです。
その心をいつまでも大切に…!!

そう、大人になったらなんだか楽になったなと私なんかは思うのですが、どうなんでしょう。ずるくなっただけなんですかねぇ…。大人になった彼女達の物語も読んでみたい気がしますね。
| chiekoa | 2007/04/08 10:48 PM |
初コメントです。僕は現役中学生ですが、この話はあまりにも過激で自分とは全く別世界のことのように思え、読んでいる途中で、思わず「最近の中学生は大変だなぁ」などと間抜けなことを呟いてしまいました。でも、ちひろや優子が学校を変えようと立ち上がる場面では、彼女等の勇敢さに思わずくらっときてしまいました。この本は、なんとなく自信がない時の僕に元気をくれる本です!
| kuri | 2007/04/14 9:38 PM |
こんばんは★
重いテーマを扱っているだけに、
大切な何かがいっぱい詰まっている作品だと感じました。
現役教師である瀬尾さんだからこそ書ける、
残酷なまでのリアルな描写が、ずんっと心にのしかかりました。
困難に遭遇した時の対処法。
みちると父の絆、優子と両親のそれ。
それぞれが対照的に描かれていたのが印象的でした。

温室というと聞こえはいいかもしれませんが、
それがもつ閉塞感・密室状態は、
学校というものをよく象徴しているようにも思えました。
学校というのは、時にして窮屈なものでもありますもんね。
一番"生きづらさ"や"やるせなさ"を感じる頃なのかもしれません。
学生時代を終えてしまった今だからこそ、
そういう風に思えるのですけどね。
| Rutile | 2007/06/12 11:01 PM |
今回「温室デイズ」で読書感想文を書くので
色々な意見を参考にしたいと思って、読ませてもらいましたww
ちなみに私は現役中学生です。
私もいじめられたこともありますし、いじめたこともあります。
いじめからは、逃げていいと思いますよ。
私はみちる派でいじめられても学校に行きましたが・・・。
リスカ寸前で立ち直ったこともありました。
でも私の家は、父は
「行きたくないなら学校なんて行かなくていい。」
という考え方です。
母は、「学校にはがんばって行きなさい。」
という典型的なタイプですね。
ですが私は父の言葉で、
「行きたくなくなったら逃げればいい。だからそれまで通おう。」
と思いながら学校に行きました。
そういう考え方だと心に余裕ができると思うんです。
瀬尾さんん書き方はとてもリアルで、共感するところもありました。
いじめは永遠の問題だと思います。
ですが今は少年犯罪も増えていますし、同い年の子が
殺人をしたりすると悲しいですね。
見てみぬふりをする、親、教師、大人、社会・・・。
そういうものに不信感を持ったり、何も期待していない子は
多いと思います。
私も信頼できる大人はごく少数です。
初めから期待しなければショックもないですし。
話がそれてしまいました。
長文、乱文、すいません。
| てげむ | 2007/08/17 10:45 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「温室デイズ」 瀬尾まいこ
温室デイズposted with 簡単リンクくん at 2006. 7.31瀬尾 まいこ著角川書店 (2006.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/10/09 3:18 PM |
温室デイズ、瀬尾まいこ
装画はノグチユミコ。装丁は鈴木久美(角川書店装丁室)。 2001年、『卵の緒』で坊ちゃん文学賞大賞を受賞、翌年同タイトルの単行本でデビュー。2005年、『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞を受賞。主な作品『図書館の神
| 粋な提案 | 2006/10/09 6:31 PM |
「温室デイズ」瀬尾まいこ
温室デイズ 瀬尾 まいこ 荒れ果てた中学校。3年生の中森みちるは小学6年生の時に一度学級崩壊を経験しているので、3年の秋からクラスを元の状態に戻すのは中々難しいと思っている。ある日、親友の優子が不良の瞬の告白を無視した事がきっかけでいじめられそう
| ナナメモ | 2006/10/09 9:40 PM |
温室デイズ
温室デイズ 瀬尾まいこ? 角川書店 2006年7月 宮前小学校でいじめの対象となっていた優子は隣町の小学校に転校していった。中学生になり、みちるは、優子と再び同じ学校になる。壊れかけている中学校で、正しいことを発言したみちるはいじめられるよう
| <花>の本と映画の感想 | 2006/10/12 7:51 PM |
■ 温室デイズ 瀬尾まいこ
温室デイズ 瀬尾 まいこ 角川書店 2006-07 小学校6年生の時に学級崩壊があり、その恐さと虚しさをよく覚えている、みちる。彼女は、中学3年生になった今、その同じにおいを、その兆しを、敏感に嗅ぎ取っていました。そしてそれを食いとめようとして失敗し、崩壊
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/10/13 3:48 PM |
温室デイズ(瀬尾まいこ)
学校という場所は 本当に狭く、 息が詰まる閉鎖的な空間であるにも関わらず、 そこで毎日を過ごす人々にとっては 今後の人生を大きく左右する重要な場所であり、 特に、子供達にとってはそこが世界の全て。 そこでは、子供だけのルールがあり、流行が生まれ、 人との関
| 小娘日記 | 2006/10/20 4:15 PM |
『温室デイズ』 瀬尾 まいこ
温室で守られているもの・・・ hReview by ☆すぅ☆ , 2006/09/11 温室デイズ 瀬尾 まいこ 角川書店 2006-07        何だか可愛らしい装丁に、温かそうなタイトル。『強運の持ち主』みたいに、ほんわかできそうな予感がする。と思
| 「女流作家」の楽しみ方〜林真理子・瀬尾まいこなどの女性作家のエッセイ・文学書評を中心にご紹介していま | 2006/11/06 11:42 PM |
「温室デイズ」瀬尾まいこ
温室デイズ 瀬尾さんの作品って、ゆるゆると心地よくてあたたかい気持にさせてくれるんですが、どうやらこれは違うらしい・・というのは知っていました。でもどうにも気になっていたのです。 中学の学校崩壊といじめの話でした。いじめは今とてもタイムリーな問題だ
| 本のある生活 | 2006/11/10 10:44 PM |
『温室デイズ』 瀬尾まいこ
温室デイズposted with amazlet on 06.11.09 瀬尾
| ついてる日記? | 2006/11/12 6:50 PM |
「温室デイズ」瀬尾まいこ
温室デイズ発売元: 角川書店発売日: 2006/07売上ランキング: 129627おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/11/24 すごくタイムリーな読書だと思い、そしてこの本をタイムリーだと思ってしまう 最近ってどうなってるんだ、と哀しくなった。 この本のテーマは
| 本を読む女。改訂版 | 2006/11/27 7:30 PM |
「温室デイズ」瀬尾まいこ
「温室デイズ」瀬尾まいこ(2006)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、いじめ、中学校 ネットで親しくしている「本を読む女」のざれこさんが、丁度同じ時期に読まれ「すごくタイムリーな読書だと思い、そしてこの本をタイムリーだと思ってしまう最近ってどうなっ
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/11/28 6:34 PM |
温室デイズ 瀬尾まいこ
温室デイズ 中森みちるは小学生の時に学級崩壊を経験し、中学でもその兆候を敏感に感じ取っていた。 そして、それが原因でみちるはいじめの標的となった。 かつて小学生の時にいじめに遭い、転校した優子は、みちるの友人となっていた。 みちるがいじめられるように
| 苗坊の読書日記 | 2006/12/13 10:10 PM |
温室デイズ 瀬尾まいこ
温室デイズ この本は「Ciel bleu」の四季さんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 瀬尾まいこさん4冊目。もっと読んでるかと思ったらまだ4冊。これはきっと読み終わった後に想像することが多いからもっと読んだ気になっている
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/01/21 4:48 PM |
温室デイズ
かなり泣けました。栞さんチにはもう中学生もいないし、もっとサラッと読めるかなと思ってたんだけど。
| 思いつくまま*気の向くまま | 2007/02/23 9:34 PM |
温室デイズ/瀬尾まいこ [Book]
 瀬尾まいこ:著 『温室デイズ』    タイトルの“温室”という言葉と、  これまで読んだ瀬尾さん作品の雰囲気から、  てっきりほのぼのした、ぽかぽかあたたかい作品だと  読む前は思いこんでいました。  読みはじめたところ、  荒れた学校の描写が妙にリア
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/04/06 10:51 PM |
『温室デイズ』 瀬尾まいこ
本当にこんなに怖い中学校が、中学生が、いるのだろうか。 荒れてると評判の学校だった私の中学時代も、 それなりにヤンチャな子らもいたけれど、普通の子は普通だったような。 だけども今は、普通の子が陰湿なイジメをするのか。 先生や大人は、一応はまだ怖い
| *モナミ* | 2008/12/13 8:14 PM |