プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 人生の旅をゆく [よしもとばなな] | Top | ストロベリー・ショートケーキが泣いている [ジョアン・フルーク] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
底辺女子高生 [豊島ミホ]
4344408322底辺女子高生
豊島 ミホ
幻冬舎 2006-08

「本当の私」なんて探してもいません。みっともなくもがいてる日々こそが、振り返れば青春なんです―。「底辺」な生活から脱出するため家出した高校二年の春。盛り下がりまくりの地味な学祭。「下宿内恋愛禁止」の厳粛なる掟。保健室の常連たち。出席時数が足りなくて、皆から遅れた一人きりの卒業式。最注目の作家によるホロ苦青春エッセイ。

へぇ〜、そんな歴史のある方だったんだなぁと。なかなか面白いですが、でも「あの頃は…」って振り返るほど、そんなに昔のことでもないんじゃないの??って思っちゃいました。「私ってこんなにすごい」っていう上のアピールも、「私ってこんなに駄目」っていう下のアピールも、まぁ「私って私って」ってところでは同じだよなぁと…。それをなんかもうちょっと突き放して語れるようになってから(それは一般にもっと年を取ってからということですけど)書いたほうがよかったんじゃないかなぁ…。だいたい「人に笑って話せるような過去なら大丈夫!全然底辺じゃないない!」って思ってしまう私は、根が暗いですか?!

人間、義務は負担だが、やらなくていいことはそう負担でもないのである。劇場で見て気に入った映画のDVDを、いざ手にしてみると意外と見ないのは、「見なければならない」という義務感が生じるからだと新聞で読んだ。その逆で、義務が義務でなくなると「まあ、やってもいいよ」という気になるもの…じゃないだろうか。
このくだりは「はぁ、なるほど!」と思いました。読みたくて読みたくて予約して待ってた本が、いざ手元にくるとなかなか読まないのもそういうことかしら…。

それにしてもこの表紙の絵も、本文のイラストも全部豊島さんが書いていらして、それがとても上手でびっくりしました。すごいなぁ。さすが元美術部!
| た行(豊島ミホ) | comments(7) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
欲しいものを手に入れた後、意外と見ない(読まない)のは、
やっぱり義務感からでしょう。
私は安心感や達成感もあったりします。
イラスト、可愛いのからデフォルメまで、上手でしたね。
| 藍色 | 2006/10/12 3:05 AM |
そうなんですよねー。
豊島さんって、まだまだ羨ましいくらい(笑)お若くて、
高校時代なんて、つい最近なんですよね。

わたしはこのエッセイ集は、区切りだなあ、と、思いました。
卒業文集、みたいな感じ。
たしかに大人になってみて振り返って書けば、
また違うものが出来ると思うけど、臨場感はなくなるじゃない?

綿矢りささんと比べられるのが恐くて、覆面作家をやっていた、
なんていう、「底辺女子高生」が出発点だった、学生作家・豊島ミホが、
そこから卒業して、プロの作家としての新しい人生を、本格的に初めた。
おめでとう!ファンとしては感無量!

・・・そんな風に読みました。
そういえば、いつの間にかわたしったら、彼女のファンになってます(笑)。
| ゆうき | 2006/10/13 3:46 PM |
藍色さんもやっぱりそうですか?
そうか、安心感っていうのもありますね。「いつでも読める」って思うと…きゅうにがっついた感じがなくなるというか(笑)。

ゆうきさん、なるほど!確かにそうですよね〜。
豊島さんのように、出てきた頃からずっと読んでて、成長していくのをリアルに見ている作家さんって何気にあんまりいないので(それだけ自分が年をとったということか…)、私も一ファンとして応援しています!ビックになったら「私たちはすごく初期からのファンなのよ!」ってでかい顔しましょう(笑)。
| chiekoa | 2006/10/13 4:42 PM |
思いっきり自虐ネタなようでありながら、随所で共感できるところもあって「ど、同類…?」とか思ってました。ゲーマーだったところとか。
あたしはぼーんやり生きてたんで、自分が「底辺」と思うところまでも行ってなかったんですけれどね(笑)。おもしろかったです。
| まみみ | 2006/10/16 7:35 PM |
まみみさん、ゲーマーでしたか!私は「お家のテレビでやるゲームの総称がファミコン」だと思っていた(違うと最近知った)くらいのゲーム音痴なので…。私自分が高校生のときに「自分は人と比べてどうか」とか「どのポジションか」ってことを考えたことがないような…。同じくらいぼんやりですかね(笑)。
| chiekoa | 2006/10/18 9:02 PM |
 こんばんは♪
 TBさせていただきました。

 「全然底辺じゃないない!」、私も思いました(笑)
 絵、上手いですよねー。

 ところで、私のブログのブックマークに
 こちらのブログを追加させてもらいました。
 (実はこれまでもけっこう頻繁に見に来てたんです。
  chikoaさんの記事で読もうと思った「ケッヘル」も、
  すでに図書館から借り中です^^)
 不都合なら外しますので、言ってくださいまし。
| miyukichi | 2007/02/13 10:26 PM |
miyukichiさん、まぁ!ありがとうございます!うれしいです!
こちらも登録させていただいちゃいました〜。
今後ともどうぞよろしくです!

『ケッヘル』、いろんな感想を聞きますけど、
miyukichiさんの感想も楽しみにしてますね!
| chiekoa | 2007/02/14 1:53 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
底辺女子高生、豊島ミホ
カバーイラストは豊島ミホ(挿し絵も)。カバーデザインは鈴木成一デザイン室。 2002年『青空チェリー』で第一回女による女のためのR−18文学賞・読者賞を受賞デビュー。主な作品『檸檬のころ』『陽の子雨の子』『夜の朝
| 粋な提案 | 2006/10/12 3:05 AM |
● 底辺女子高生 豊島ミホ
底辺女子高生 豊島 ミホ 幻冬舎 2006-08 豊島さんの高校時代を元にしたエッセイ集。「檸檬の頃」読了直後に読んだのは、偶然とはいえ大正解でした。地味系女子の共感を呼ぶことは間違いなし!私は、底辺中学生だったので、その頃の事を思い出して、共感しまくりま
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/10/13 3:32 PM |
「底辺女子高生」 豊島ミホ
底辺女子高生posted with 簡単リンクくん at 2006.10. 8豊島 ミホ〔著〕幻冬舎 (2006.8)通常1-3週間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/10/16 7:24 PM |
底辺女子高生/豊島ミホ [Book]
 豊島ミホ:著 『底辺女子高生』    代表作に 『檸檬のころ』『エバーグリーン』などがある  作家・豊島ミホさんのエッセイ集。  実は私、上記小説たちはまだ読んだことがなくって、  このエッセイが、初・豊島さん。  先にエッセイってどうよ?って感じも、
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/02/13 10:22 PM |