プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 贄門島 [内田康夫] | Top | クレヨン王国カメレオン別荘村 [福永令三] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
麦ふみクーツェ [いしいしんじ]
4652077165麦ふみクーツェ
いしい しんじ
理論社 2002-06

舞台は、どこかある島の港町。「ぼく」は「父さん」と「おじいちゃん」とそこに暮らしています。(この物語、固有名詞はひとつも出てこないのです。)主人公はみんなに「ねこ」と呼ばれています。とても背が高く身体が大きい彼は、世界からはじかれてしまったような思いをいつも感じています。

ある日「ねこ」は不思議な音を聞きます。

「とん たたん とん」
「とん たたん とん」

ほんのちょっと世界からはみ出している彼を取り巻く世界も、ほんのちょっと変わっています。そしてその世界でもやっぱり、さまざまなことが起こります。うれしいことも、悲しいことも、楽しいことも、つらいことも。ねずみが空から降って来たり、人が死んだり、騙す人がいたり、騙される人がいたり。不幸なアクシデントもたくさんおこります。ただ、楽しいばかりの物語ではありません。

でもこの物語の涙が出るくらいステキなところは、そんな彼らや世界をつないでいるのが「音楽」だというところです。

「合奏は楽しい」ということ。
音楽を聴くよろこびと、楽器を演奏するよろこび。
伝えたい気持ち。

「音を楽しむ」と書いて音楽。演奏するものも常に楽しんでこそ、音楽なんだなと、そう思っていたころのことを思い出しました。また演奏がしたくなりました。

最高にお勧めです!
| あ行(いしいしんじ) | comments(8) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
はじめまして。今からこの本を読むところです。楽しみ♪
『ぶらんこ乗り』でやられてしまいました。哀しいとか可哀想じゃなくて、幸せに泣ける不思議な本でした!
| すーちー | 2005/08/11 11:39 PM |
すーちーさん、はじめまして!
『クーツェ』はほんとうにほんとうに大好きです。
読まれたらぜひ感想を!
| chiekoa | 2005/08/12 5:40 PM |
初いしいしんじの作品でした。
この作品で
いしいしんじの難解さと面白さとを知りました。
今では大好きな作家さんですけど。
この作品に関しては
かなり重い気分で読みました。
何回も読んで初めてその良さが分かりそうです。
| す〜さん | 2006/06/10 12:19 PM |
いしいさんの本は、不思議な重さがあるものがありますよね。すごく好きなんだけど…でもなんかこう暗くひっかかる部分があったり。そこが魅力なのかもしれませんが!私の初いしいさんは『プラネタリウムのふたご』だったのですが、これもそうだなあと思います。
| chiekoa | 2006/06/12 5:16 PM |
はじめまして。
『トリツカレ男』をよんでいしいしんじさんの大ファンになりました。『麦ふみクーツェ』も最高ですね!!独特の世界観がなんとも私にはここちよくて夢を見てるみたいで、切なさを含んでいるのにあったかくて、読んでいてこんなに心地のいい気分にさせてくれる本は今まで出会ったことがないかも!!昨日『ぶらんこ乗り』を読み終えました。これからも読んでない単行本の本たちも読んで行きたいとおもいます。『プラネタリウムのふたご』はそろそろ文庫になりますかねぇ?今買うかどうか迷い中です・・。
| あい | 2006/07/24 10:55 AM |
あいさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!
ほんとに、すごい世界につれていってくれる作家さんですよね…。『プラネタリウム』は記念すべき私といしいさんの出会いの作品なので(そういえばなかなか文庫になりませんねぇ)なったら絶対買います!
| chiekoa | 2006/07/24 6:37 PM |
はじめまして。今日、「ぶらんこ乗り」を読み終えました。心にしみる、深いお話でした。不思議な世界なんだけど、引き込まれてしまうような…。最後は号泣でした。「麦ふみ−」もすぐにでも読んでみたいです^^また、好きな作家が増えちゃった。
 江国香織、村上春樹にもコメントしてみました。またおじゃましますね。
| momo | 2006/11/29 10:24 PM |
momoさんはじめまして!
とってもステキな本ですよね…。ここで描かれているような、ちょっと不思議ないしいさんの世界、大好きです。他の作品もいろいろオススメなので、読んでみてください!そしてまた遊びに来てくださいね!
| chiekoa | 2006/12/01 4:05 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
[読書] 『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
ISBN:4652077165:detail  ワンだふぉー!……いや、ニャンだふぉー!か。いきなり未読の方にはわからないギャグを飛ばしてしまった。既読でわからない方は……いないですよね!? え、そもそも読んでいない? やっぱなあ、理論社の作品って書店の棚争いで弱いんだよ
| 本読みと受験生と本読み | 2005/07/13 3:44 PM |
「麦ふみクーツェ」 いしいしんじ
麦ふみクーツェposted with 簡単リンクくん at 2005. 8.14いしい/しんじ著新潮社 (2005.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/08/15 12:03 AM |
麦ふみクーツェ*いしいしんじ
☆☆☆・・とある港町で、数学者の父とティンパニストの祖父と暮らす≪ぼく――ニックネームは、ねこ≫をとりまく物語。 とん、たたん たたん、とんと聞こえるのは、クーツェが黄色い土煙を上げて麦を踏む音。ぼくの夢の中でとか、耳の奥から、胸の深いところから こ
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/08/15 5:04 PM |
麦ふみクーツェ     〜いしいしんじ〜
最初に読んだ「いしいしんじ」の作品。 これを読んで「いしいしんじ」は難しい、難解だ、と感じてしまいました。 大人の童話。 決して子どもは読んではいけません(笑) 最初か
| My Favorite Things | 2006/06/10 12:16 PM |
いしいしんじ『麦ふみクーツェ』
いしいしんじ『麦ふみクーツェ』(理論社、200206) いしいしんじを読むのは2作めです(多分)。 共通してるなぁと思ったのは、 いしいしんじワールドには難しいこと考えずに入らなきゃ掴めない ということ。 どこの土地の話かわかんないし、 もっと言えばいつの時代
| uc-road:blog | 2006/12/07 4:31 PM |
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
不思議な感覚の、お話でした。 日本なのか外国なのか、今なのか昔なのか、 不思議な雰囲気と、そして浮遊感のある物語。 名前ではなく、あだ名で登場する人たち。 そしてみんながみんな、へんてこな人たち。 彼らが語るへんてこなお話は、どれもこれも、 寂し
| *モナミ* | 2006/12/28 7:41 PM |