プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ストロベリー・ショートケーキが泣いている [ジョアン・フルーク] | Top | 厭世フレーバー [三羽省吾] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
銀の犬 [光原百合]
4758410690銀の犬
光原 百合
角川春樹事務所 2006-06

「音」の力でこの世に想いを残す魂を解き放つ、祓いの楽人(バルド)、オシアン。声を失った楽人オシアンとその相棒ブランの旅を描いた物語。

これはいいです。私こういうの大好きです。不満があるとすればこの本がまだ一冊しか出ていないこと…。もっと読みたいんですけど!なんというか、このタイトルじゃもったいなさすぎます。(いや、これはこれでステキなタイトルなんですけど)。もっと壮大な、もっとシリーズ感のある(ってどんな)タイトルにしないと!それでサブタイトルを「銀の犬」にして…。(ってどこまで突っ走るのかしら)。

ケルトの民話・伝説なんかがいろんなモチーフになっているみたいですが、そういうのを知らなくてもこの世界に飛ぶには何の問題もありません。知っていたらもっと楽しめるのかなぁと思うと、素養のない自分が悔しいですが。そう、こんなふうにファンタジーの世界に「飛ぶ」気持ち…、久しぶりに思いだしました。『指輪物語』とかそういう、子どもの頃に読んだ外国の壮大なファンタジーの、これはプチ日本版という感じ?こういうのって、実はあんまり他になかったんじゃないかなぁ…。すごく楽しみです。だからほら、もっと壮大なシリーズ感のある…(以下略)。

死者の魂を行くべき場所へ導く「祓いの楽人」の物語である関係上、どのお話にも「死」の影が色濃くつきまといます。理不尽に、残酷なほどに訪れる死。でもそれでも、それを受け入れて、また新しい何かを見つけていけるような、生きて、そして死ぬことの意味をちょっと見つけられるような、悲しくて優しくて、切なくて暖かい、とてもステキなお話たちでした。

声を出せないオシアンと、その彼を心から慕い、サポートしていくブラン。このブランって子がとてもかわいく…おしゃべりすぎなところもまたよし。こういうこましゃくれた感じの男の子、大好きです。ブランとオシアンがなぜ一緒に旅をしているのか、この絆はどうして生まれたのか、そんなこともこの先の物語で明らかになっていくのかなぁと、いろいろ想像して楽しみにしています。(あとがきを読んだらまだまだ続きます!って書いてあったので…!)
| ま行(光原百合) | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
壮大な夢幻世界でしたね。
でも、このタイトルのひっそり感も
なかなか捨てがたく、オシアンっぽくて好きかも。
もうなんというか、彼らと一緒に旅をしてきた心地です。
オシアンとブラン、素晴らしいコンビですね。
もうこれ以外ありえないっていう感じ。
| ふらっと | 2006/10/12 7:03 PM |
そう言われて見ると、そんな気も…。
(影響を受けやすいわたくし)。
このコンビはとってもいいですよね!
旅の仲間も増えてきたし、先がとってもとっても楽しみです。
もう個人的には勝手に「大長編」のつもり…。
| chiekoa | 2006/10/13 4:37 PM |
こんにちは、初めまして。
ええと、作者本人です。突然ごめんなさい。
拙作についてとても好意的な書評を書いてくださっていて、とても嬉しいです。ありがとうございます。
ブックマークして、へこんだときなど拝読して元気を出そうと思います。
ところでオシアンとブランの物語は、最初のエピソードそのままの「声なき楽人」シリーズと個人的には呼んでいます。これもあまり壮大ではありませんが(^^;)、それで覚えていただけると幸いです。
書くのが遅いので、自分でもじれったいのですが、どうか気長にお待ちください・・・。
| yuri | 2006/10/18 12:14 AM |
yuriさん…っていうか光原さん!わぁ!
あああ、ありがとうございます!
わぁ!うれしいです!

この本はほんとに「あぁ、読書って、本を読むってこういうことだった!」ってあらためて思える本でした。ついつい日々ただ「読む」だけで流れてしまう中で、立ち止まってそういうことを思える本はほんとうにすばらしい!と思います。表紙の絵もかわいいし、本棚に並べても背表紙がきゅんときて、もう大好きです。

えーと、毎月刊行を待ってます!
嘘です(いや本音ですけど)。
じっくりでも、待ってます。光原さんの納得のゆく、ステキな作品を、これからも私たちに読ませてください!よろしくお願いします!
| chiekoa | 2006/10/18 9:16 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
銀の犬*光原百合
☆☆☆☆・ 銀の犬光原 百合 (2006/06)角川春樹事務所 この商品の詳細を見る この世に想いを残す魂を解き放つ、伝説の祓いの楽人(バルド)-オシアン。声を失った楽人オシアンとその相棒ブランの物語。ケルトの民話・伝説に登場
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/10/12 7:04 PM |
■ 銀の犬 光原百合
銀の犬 光原 百合 角川春樹事務所 2006-06 今回光原さんはミステリィではなくて、ファンタジーです。そういえばもともと、童話や詩を研究されている方なんですよね。 どうやら、声なき楽人(バルド)シリーズというシリーズものの第1作らしいです。声を失った
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/10/13 3:29 PM |