プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 銀の犬 [光原百合] | Top | 芥子の花 金春屋ゴメス [西條奈加] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
厭世フレーバー [三羽省吾]
4163242007厭世フレーバー
三羽 省吾
文藝春秋 2005-08-03

突然、父親が失踪してしまい、取り残された家族。没頭していた陸上をやめ、高校進学もしないと言い張るケイ。終電の時間まで帰らなくなったカナ。急に家族のことに口出しをするようになったリュウ。酒びたりになった母。呆け始めた祖父。果たして彼らは…。

最初に目次を見たとき、「十四歳」「十七歳」「二十七歳」「四十二歳」「七十三歳」って書いてあったので、あらずいぶん壮大な期間の物語なのねぇ…と思ったら違いました。これは家族のそれぞれの年齢だったのですね。失礼いたしました…。

というわけで、それぞれの章ごとに、語り手がそれぞれに変わりながらストーリーが進んでいきます。子どもの視点、親の視点。バラエティに富んだそれぞれの視点からの物語の書き分けが、すごくうまいなぁと感心してしました。ものすごく好きかと言われれば、うーん、そうでもないかもという感じの本でしたが、なかなかよかったです。これはひとえにさいごの「七十三歳」がすごく好きだからだろうなぁと思いますが(笑)。

しかしこうやって最新刊を読んでから、古い作品にさかのぼると、いろいろ感じるところがあったりしました。私がこの作家さんの本を読んで「うっ」と思ってしまう苦手なところ(それは表現であったり、セリフであったり)が、だんだん少なくなってきているんだなぁとか。上手くなるってこういうことなのでしょうか。いや、別に私の好みに合うことと上手いこととは別ですが…。
| ま行(三羽省吾) | comments(3) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
三羽さんは妙に好きで、この作品も買っちゃってたりするんですが、確かにどんどんと上手になられてますねえ。「七十三歳」わたしも好きでした。chiekoaさんの文章を読んだら、再読したくなりました。でも時間が…!!溜まった本が…!!(←自業自得)
| まみみ | 2006/10/13 9:55 PM |
こんばんは。
私も73歳・新造さんが特に良かったです。
chiekoaさん絶賛の「イレギュラー」を早く読みたい気分です。
| モンガ | 2006/10/13 10:08 PM |
まみみさん、そう、再読ってなかなか難しいですよね〜。ばななさんの本(と、西原さんのマンガ)こそ死ぬほど再読している私ですが、それ以外だとなかなか…。手元にないというのが最大の理由のような気もしますが(笑)。

モンガさん、『イレギュラー』いいんですよ〜。夏が遠ざからないうちに、ぜひ!
| chiekoa | 2006/10/18 8:55 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「厭世フレーバー」 三羽省吾
厭世フレーバーposted with 簡単リンクくん at 2005.11.13三羽 省吾著文芸春秋 (2005.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/10/13 9:53 PM |
厭世フレーバー  三羽 省吾
厭世フレーバー 三羽 省吾 174 ★★★☆☆ 【厭世フレーバー】 三羽省吾 著  文藝春秋 《家族って、何でしょうか。つながり…》 出版社 / 著者からの内容紹介より 新しい時代の家族を描く新鋭登場 突然、父親が失踪。没頭していた陸上をやめ、14
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2006/10/13 9:57 PM |
「厭世フレーバー」三羽省吾
「厭世フレーバー」三羽省吾(2005)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、家族、父不在 本読み人仲間聖月さんのオススメということで図書館に予約、同じく本読み人仲間mamimixさんの気になる一冊と知ったところに、図書館から連絡。期待して読んだ。 まず、苦言
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/10/14 10:34 AM |
■ 厭世フレーバー 三羽省吾
厭世フレーバー三羽 省吾 文藝春秋 2005-08-03by G-Tools 俺がかわりに殺してやろうか 父親が失踪。全力疾走のはてに少年は血の味を知ったー帯より 先入観0で読んだので、シリアスな犯罪小説かと思った・・・。全然違ってびっくりした(笑)。あとでよく見たら、
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/10/14 3:07 PM |
『厭世フレーバー』の感想をアップ。
 やる気モードが消沈する前に更新を続けなくては(笑)。というわけで三羽省吾『厭世フレーバー』の感想をこちらに。 初めて読んだ作家さんですがなかなか読ませる佳作でしたわ〜。第8回小説新潮長編新人賞を受賞したデビュー作
| 日々のちょろいも 2nd | 2006/10/14 8:02 PM |