プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 厭世フレーバー [三羽省吾] | Top | 誘拐ラプソディー [荻原浩] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
芥子の花 金春屋ゴメス [西條奈加]
410300312X芥子の花 金春屋ゴメス
西條 奈加
新潮社 2006-09-21

上質の阿片が海外に出回り、その産地として、日本をはじめ諸外国から槍玉に挙げられた江戸国。老中から探索を命じられたのはご存知「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守。ゴメスは、異人たちの住む麻衣椰村に目をつけるが…。

あの『金春屋ゴメス』の続編です!おぉ、出てるって知らなかった…うれしいです。

前回登場したあの仲間たちが、今回も健在でがんばります。新しいキャラクターも登場し、それぞれの人間関係もちょっとずつ進展していて、おぉ!という感じ。読んでいて素直に楽しいです。前回一生懸命覚えた人名の読み方も、ここでまた役に立つというものよ…!

ゴメスの傍若無人ぶりももちろん健在。またまたやってくれます!うーん、かっこいいなぁ(笑)。この「見た目は怖いけど、実は根はいい人」っていう単純なキャラじゃなくて、「もしかしたら根っから怖い人」っていうところがすごくツボです。いそうでいなくて、いいですよね!いろいろ複雑なバックボーンもあるような…気がしてくる今回の物語。これはまだまだ続くでしょう!というわけで、楽しみにしています。
| さ行(その他) | comments(4) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
ちえこあさん、こんばんは。
私もものすごく楽しく読めた本でした。
ゴメスかっこいいですよね。
なんかまだまだいろいろ起こりそうなので嬉しいです。
| ちきちき | 2006/10/18 10:16 PM |
ちきちきさん、そう!かっこいいですよね〜。
あぁなりたいかと言われればちょっと首をひねってしまいますが(笑)、これからもバンバン続編を出していただきたいものです!
| chiekoa | 2006/10/22 12:34 PM |
もうあそこまでつきぬけていると、いっそ惚れそうになりますが。男性陣は「女に見えない」と言ってますね…もうなんていうか人間というカテゴリーからも逸脱しているようなゴメスが大好きです!
| まみみ | 2007/02/17 9:14 PM |
まみみさん、人間というカテゴリー!!!
爆笑!!!(←すごくツボにはまった)。
いやー、いいです!今後読むたびにこの言葉思い出して笑いそう…。
| chiekoa | 2007/02/19 1:26 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
芥子の花 金春屋ゴメス
『芥子の花 金春屋ゴメス』西條奈加(新潮社) 上質の阿片が海外に出回り、その産地として、日本をはじめ諸外国から槍玉に挙げられた江戸国。老中から探索を命じられたのはご存知「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守。ゴメスは、異人たちの住む麻衣椰村に目を
| ぼちぼち。 | 2006/10/18 10:18 PM |
「芥子の花 金春屋ゴメス」西條奈加
タイトル:芥子の花 金春屋ゴメス 著者  :西條奈加 出版社 :新潮社 読書期間:2006/11/08 - 2006/11/10 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 上質の阿片が海外に出回り、その産地として、日本をはじめ諸外国から槍玉に挙げられた江戸国。
| AOCHAN-Blog | 2006/11/24 6:37 PM |
「芥子の花 金春屋ゴメス」 西條奈加
芥子の花posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.30西条 奈加著新潮社 (2006.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/02/17 9:13 PM |
「芥子の花」西條奈加
芥子の花西條 奈加 (2006/09/21)新潮社 この商品の詳細を見る 江戸から阿片が亜細亜各国に出回った。 それを馬込播磨守寿々・通称ゴメス率いる長崎奉行の面々が捜索する。 シリーズ2作目です。 読みは(まごめはりまのかみ
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/03/10 10:35 AM |