プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 秋の森の奇跡 [林真理子] | Top | 図書館戦争 [有川浩] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
コルセット [姫野カオルコ]
4104277029コルセット
姫野 カオルコ
新潮社 2006-09-21

美しく爛れた人生には、退屈しかない。建設的で生産的な人生をいかに歩むかと考えたり努力したり自己を鼓舞したりするようなことは、働かないと食べてゆけない人たちがすること。―官能から始まった純愛、倒錯した被虐趣味、すれ違った片思い、南の島での三日間の邪淫。それすらも退屈しのぎ。硬質な筆致で描く、スノビッシュな階級小説。

なんだか期待していたのとは少し違ったんですけど、でも読んでみたら不思議と…どっぷり。そう、自分とはまったく関係のない世界(しかもたぶん一生関係ない)なのに、なんでこんなに浸れるんでしょう。美しい熱帯魚の水槽を眺めているような…ほんとうになんだか不思議。すごく好き!ってわけじゃないのに、でも最後まで読んでしまって、むしろ読み終わったらもう一度最初から読みたいような気持ちにすらなりました。この本の構成がそうさせるのかな…。

ロンド形式、というのだそうです、こういうの。第一話のラストシーンが第二話の冒頭シーンにつながり、第二話のラストシーンが第三話の冒頭につながり…、第四話のラストシーンはまた第一話の冒頭につながる、という形。なんだか永遠に終わらない、この本にはぴったりの感じです。うまく言えませんが、この、終わらない感じが…。うん。

全編に渡って登場する「藤沢さん」。彼は、同じ人なのか、違う人なのか、どこにもいそうで、でもどこにもいなそうで、ぐるぐるぐるぐる…。私の頭の中に圧倒的存在感で藤沢さんが居座ります。でも、それが不快でない不思議…。姫野マジック?

読んでどうこう思うというよりは、読んでこの耽美な世界にまったりうっとり漂うというのが正しい読み方なのではないかと。惑溺?帰ってこられなくなったら困りますが(汗)。私はしっかり浸りました。そしてこれはとても「女性」向け。男性は〜…どうかなぁ〜。
| は行(姫野カオルコ) | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんばんは。
〈藤沢さん〉存在感ありましたよね。
私も本読んでる間ずっと頭から離れなかったです。

装丁が美しいと思いました。確かに女性向きな感じがします。男性はどう感じるんでしょうねえ。
| ちきちき | 2006/10/27 8:19 PM |
ちきちきさん、男性には…うーん、とりあえず読んで欲しくないような(笑)。女性だけの秘密!って感じで楽しみたい気がしたりします。
| chiekoa | 2006/10/30 5:20 PM |
chiekoaさん、こんばんは。

私も読み始めた時には「あれ?失敗かも…」って思ったんですけど、気がついたら物語に入り込んでいました。
不思議です。苦手系の物語だと思うんですけど。

確かにこの本は男の人には読んでもらいたくない。
男の人に色々言ってほしくないです。
| なな | 2006/11/01 10:36 PM |
ななさん、おぉ、まったく同様です!
しかしコメントでこれだけ言ってたら、男性の方は読んでもコメントしづらいでしょうねぇ(笑)。
だから読まないでいいです♪(笑)。
| chiekoa | 2006/11/02 12:06 PM |
こんばんは!
>美しい熱帯魚の水槽を眺めているような
そんな感じですね〜
彼女たちの生活を鑑賞している感じの不思議さがありました。
藤沢さん、違う人!と読んだんですが、もしかしたら同じ人?
今更気になり始めてしまいました(^_^;)
| エビノート | 2006/11/13 9:28 PM |
エビノートさん、えーと、違う人だと思うんですけど…。
なんとなくイメージも違うような…いや、どうなんでしょう??
誰に聞けばいいのか(笑)。
| chiekoa | 2006/11/14 1:05 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
コルセット
『コルセット』姫野カオルコ(新潮社) 美しく爛れた人生には、退屈しかない。建設的で生産的な人生をいかに歩むかと考えたり努力したり自己を鼓舞したりするようなことは、働かないと食べてゆけない人たちがすること。―官能から始まった純愛、倒錯した被虐趣味、
| ぼちぼち。 | 2006/10/27 8:14 PM |
「コルセット」姫野カオルコ
コルセット 姫野 カオルコ 「わたし」が語る4つの物語。 4つの短編が少しずつつながってる。そしてそれぞれの最後の文章が次の話の最初の文章に。例えば1章の最後は「車の外も、なかも、夜である。ありがとう」で終わり、2章は違う人なんだけど同じ文章
| ナナメモ | 2006/11/01 10:36 PM |
コルセット 〔姫野カオルコ〕
コルセット ≪内容≫ 美しく爛れた人生には、退屈しかない。 建設的で生産的な人生をいかに歩むかと考えたり努力したり自己を鼓舞したりするようなことは、働かないと食べてゆけない人たちがすること。 ―官能から始まった純愛、倒錯した被虐趣味、すれ違った片思
| まったり読書日記 | 2006/11/13 9:16 PM |