プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 少し変わった子あります [森博嗣] | Top | 銃とチョコレート [乙一] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
生きてるだけで、愛。 [本谷有希子]
4103017716生きてるだけで、愛
本谷 有希子
新潮社 2006-07-28

津奈木と付き合って三年になる寧子。「ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?」過眠、メンヘル、二十五歳。人と人とがつながりにくい現代を生きるひとりの女の子の物語。

読み始めたときに、「ずいぶんとまぁエキセントリックな主人公だなぁ」と思っていたら、彼女の高校時代のあだ名が、まま「エキセントリック子(略してエキ子)」だったのでちょっと笑いました(笑)。

通常だと、苦手なタイプの本です。「ふぅん、そういう人もいるのか…」ってそういう事実は理解できるけれど、でもきっとほんとうには理解できなくて、当事者の方にしてみれば私の理解なんて「けっ」って感じなんだろうなぁとか思ってしまい、どうしても入り込めないことが多いタイプのテーマ。

でもこの本は、自分でもびっくりするくらいに、「読め」ました。おもしろかった、いや、おもしろいっていうと語弊があるかな…うーん、なんというか、すごく引き込まれました。魅力的でした。この感情の赴くままに、そのまま綴られていく迫力満点な「脳内だだもれ」な感じが、私にはいいのだと思います。状況はわからないけど、考えていることはすごくわかるから。なんというか、不思議ですけど、好きです、この本。声出して笑ったり、しました。すごい。すごい本でした。圧倒的でした。

この投げ遣りな感じも、泣き喚きたい気持ちも、何もかもどうでもよくなる気持ちも、なんか全部わかる。うっかりトイレでみつをに励まされてしまう気持ちも。はぁ。でも、寧子さん、あなたには津奈木がいて…、いいなぁ、こういう「愛」も、ありなんだなぁ、すいません、ちょっとしんみりうらやましかったです。心温まっちゃいました。

でも、こんなふうに暴走したいときに暴走できるのと、押さえ込んでしまうのと、どっちが健康な心なのかなぁ…。

今度落ち込んだら「大丈夫たよ」を思い出して、一人で笑って元気になろうと思います。この本、なぜか、落ち込んでいるときにはかなりオススメ…です(私の場合)。
| ま行(その他) | comments(13) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
TBまたしても失敗・・・
マイぷれすはTBできる確立が非常に低いのでした。

なんでしょうねー、このカンジ。
ワタシも、嫌いなのに好きでした。(←支離滅裂)
| nero | 2006/11/01 12:49 PM |
立て続けにコメントごめんなさい…。
今私の中で本谷有希子が熱いんです(笑)
初本谷作品がコレだったのですが、惚れ込んでしまいました。
重たいし痛いのに微笑ましくてゲラゲラ笑えてしまう。
こういうのをあっけらかんを書いてしまうのがすごいなぁ、と。
いい本、ですね。
| リサ | 2006/11/01 1:36 PM |
neroさん、わ、なんかすいません…。
お気になさらず!コメントだけでもとてもうれしいです。
ほんとです!

リサさん、いや、うれしいばっかりでーす!
熱いんですね、伝わってきました!
この本はまぁ読む人によってマチマチなのかなぁとも思いますが、少なくとも私にとってはかなり二重丸の本でした。いい!です。うっかり北斎を見る目も変わりそうです…(笑)。すっげぇクールな波…くくっ!
| chiekoa | 2006/11/01 6:12 PM |
リサさんと同じく、あたしの中でも結構きてます、本谷さん。他の作品も熱いですよー。妙におすすめ。
北斎笑いましたよね「すっげぇクールな波」あたしも笑いました(^o^)
| まみみ | 2006/11/01 8:00 PM |
「腑抜けども、哀しみの愛を見せろ」も読みましたが、度肝抜かれました。相当すごいです、本谷さん。私もちょっと夢中、でも一気に読むともったいないので少し休憩中です。
次は「江利子と絶対」読みたいなあ。だってデビュー作なのにサブタイトルが「本谷有希子文学大全集」ですって。ステキすぎます(笑)
| ざれこ | 2006/11/02 1:18 AM |
まみみさん、他も熱いですか!
うぉぉ、読まねば!しかし図書館にないのは…なぜ?!

ざれこさん、あぁ、ざれこさんも魅せられている!
そのデビュー作は私も気になっていました(笑)。
読まねば…読まねば…!
そしてざれこさんのレビューを読んで、今日は一日「モノオモウ日」になりそうです…。
| chiekoa | 2006/11/02 12:08 PM |
これ、痛いなぁ辛いなぁと思いながらも、
おもしろくて笑ってしまったりして、不思議な本でした。
落ち込んでる時には、この濃さ、突っ走り具合が心地いいかも・・。
「大丈夫たよ」は、メールでいつか使ってみたいんですが、
まだ機会がありません。
| june | 2006/11/02 11:29 PM |
実際メールで使うのは難しいですよねぇ(笑)。
メールじゃないですけど、昔ポケベル(年がばれる)で「まったりしてます」と打とうとして「まぬなりしてます」と打ってきた友人がいて、仲間内で「まぬなり」が流行ったことがありました…。懐かしい。
| chiekoa | 2006/11/03 4:19 PM |
 こんばんは。

私もこの本のチカラに津奈木みたいに振り回されました。
このヘトヘト感はなんだろうとびっくりしましたもん。

これが魅力というものなんでしょうかね。




| ☆すぅ☆ | 2006/11/06 11:35 PM |
魅力、そう、まさに魅力!
なんでこんなにひきつけられちゃうんでしょう…。なんか迫力ありましたよね。すごいです。
| chiekoa | 2006/11/07 11:26 AM |
こんばんは、chiekoaさん。
今年もよろしくお願いします。
何だろうか、この作家さんに惹き込まれて読んでしまうのは。
舞台で培ったものが文章にも影響しているんでしょうか。
そう、迫力がありますね。
| モンガ | 2007/01/07 2:33 AM |
モンガさん、こちらこそ、よろしくお願いします!
今年はばんばん本谷さんの本を読もうと思っているのです…。
楽しみです。そう、このド迫力!
個人的には絲山秋子さんのかっこよさに通じるものがあると思っております。
| chiekoa | 2007/01/09 1:25 PM |
今晩は、「生きているだけで、愛」本谷有希子さんを読もうと
思い、Net検索していたら、ちえこあ図書館を見つけて
図書館に入り込んでしまいました。
本谷有希子さん事態に興味があり、ずっと読もうと思いながら
運、まだ愛には手を出さないぞ、何てがんばっていたけれど
なんか急に、本谷ワールド良いかもって思い出しています。
明日「生きているだけで、愛」買って読みます。
突然の闖入 すいませんでした。終わり(~_~)
| Makoto | 2007/07/12 2:45 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
『生きてるだけで、愛。』本谷有希子
生きてるだけで、愛本谷 有希子新潮社2006-07-28by G-Tools ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?過眠、メンヘル、二十五歳。人と人とがつながりにくい現代を生きるひとりの女の子の物語。芥川賞候補作。 人間って何で生きてるんだろうね。み
| ひなたでゆるり | 2006/11/01 1:31 PM |
「生きてるだけで、愛。」本谷有希子
生きてるだけで、愛発売元: 新潮社価格: ¥ 1,365発売日: 2006/07/28売上ランキング: 2068posted with Socialtunes at 2006/08/29 この作品は芥川賞候補作。で、以前三島賞候補になったらしい 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」は、もうすぐ映画化らしい。 サト
| 本を読む女。改訂版 | 2006/11/02 1:04 AM |
「生きてるだけで、愛。」本谷有希子
生きてるだけで、愛 タイトルと表紙の濃さにかなり期待して手にとりました。やっぱりすごく濃くって、これでもかというくらい凶暴に突っ走る主人公が、突っ走れば突っ走るほど痛くて哀しいんです。でもそれだけじゃなくて笑えるところもあったし、5千分の1秒の光景
| 本のある生活 | 2006/11/02 11:29 PM |
『生きてるだけで、愛。』 本谷 有希子
愛する人とつながる5000分の1! hReview by ☆すぅ☆ , 2006/09/18 生きてるだけで、愛 本谷 有希子 新潮社 2006-07-28        装丁のイメージ通り、私にとってずいぶん「かっとんだ」小説だった。自分には抱えきれないくらいの「
| 「女流作家」の楽しみ方〜林真理子・瀬尾まいこなどの女性作家のエッセイ・文学書評を中心にご紹介していま | 2006/11/06 11:36 PM |
?????ë?
「生きてるだけで、愛。(新潮社)本谷有希子」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2007年1月4...
| 本の口コミ情報:ブログでbook! | 2007/01/04 11:22 PM |
生きてるだけで、愛。  本谷 有希子
生きてるだけで、愛 本谷 有希子  07−5 ★★★☆☆  【生きてるだけで、愛。】 本谷 有希子 著  新潮社  《主人公って躁鬱病なのか、ただの奇行病のようにも感じるのだが》  出版社 / 著者からの内容紹介より あんたと別れてもいいけど、あ
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2007/01/07 2:28 AM |
「生きてるだけで、愛。」本谷有希子
生きてるだけで、愛本谷 有希子 (2006/07/28)新潮社 この商品の詳細を見る 安い恋のトライアングルに勝手に巻き込まれ、叫んで暴れてバイトをクビになった寧子。 寧子は鬱になり、同棲中の津奈木の本部屋に二十日以上も閉じ篭
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/04/13 5:15 PM |
「生きてるだけで、愛。」本谷有希子
タイトル:生きてるだけで、愛。 著者  :本谷有希子 出版社 :新潮社 読書期間:2007/04/10 - 2007/04/11 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?過眠、メンヘル、二十五歳。人と人
| AOCHAN-Blog | 2007/05/23 8:34 PM |