プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< クレヨン王国カメレオン別荘村 [福永令三] | Top | クレヨン王国ロペとキャベツの物語 [福永令三] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
クレヨン王国タンポポ平17橋 [福永令三]
4061484788クレヨン王国タンポポ平17橋
福永 令三
講談社 1998-03

クレヨン王国の王室の領地である、タンポポ平の花守用水に、新しく17の橋がかけられることになりました。花守用水の土手にはたくさんの桜と桃が植えられています。うどん国大使のベーツル大使が退職することを聞いたシルバー王妃は、彼の送別会もかねて、お花見をすることにしました。川沿いをずっと歩くお花見です。ストンストンやアラエッサたちもさそった王妃はさらに、「ひとりがひとつずつ、心があたたかくなるような話を考えてくること」という宿題を出しました。さて、彼らはどんなお話を聞かせてくれるのでしょうか…。

このせっかくのお花見に、ストンストンはどうも元気がありません。ストンストンが元気がないので、アラエッサもやっぱり元気がありません。なんと、ストンストンは恋をしているというのです。お相手はロボットのハルボちゃん。ハルボちゃんが行方不明になっているので、ストンストンは心配でならないのでした。そんなストンストンのことをやさしく見守るアラエッサ。ほんと、ふたりはいいコンビです。親友っていいなぁ。

めいめいがいろんな「心があたたかくなるような話」を聞かせてくれるのですが、私が一番心があったかくなったのは、サム・レモン少尉のお話でした。よく卵焼きを失敗する私ですが、これからはもっと大事にたまごたちを食べてあげようと心に誓いました。

そして、ストンストンの恋の結末。最後にホロリとさせられました。

ストンストン、よくがんばった。きみはえらかったよ!!
| は行(福永令三(クレヨン王国)) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック