プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 生きてるだけで、愛。 [本谷有希子] | Top | 彼女がその名を知らない鳥たち [沼田まほかる] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
銃とチョコレート [乙一]
406270580X銃とチョコレート
乙一
講談社 2006-05-31

有名な名探偵・ロイズにあこがれている少年リンツ。ある日世間を騒がせている怪盗ゴディバの正体を知るための手がかりをつかんだ彼は、ロイズに手紙を書き…。

なかなかに…衝撃的でした。繰り返される暴力と、悪意と、その容赦ない描写。「子供向けなんじゃなかったけ…」と思いつつ、でも、子供向けだからって、何事もキレイにぼかして美しく書くっていうのは必ずしも正解じゃないよなぁと思い、きっとこれでよいのだと思いました。っていうか、読みながら「これは子供がどう読むのか」とか思っちゃってる時点で、歳取っちゃったなぁと。実際子供の頃は、そんなこと考えながら読んだことなんてなかったんですから。

それに、私はこういう本を、きっと子供の頃に読んだことがあります。むろん「自分向けか」どうかなんて考えずに、ただ楽しんで読んでいたはずの本。「あぁ、知ってるな」っていう感じが、すごくしました。設定が、とか、ストーリーが、とかじゃなくて、この世界を、読んだときのこの感触を、なんか知っている感じ…。「世の中ってこういうものなのかも」って少し悲しく思った頃の、知り始めた頃の…記憶。

チョコレート好きとしては、登場人物たちの名前がうれしかったです。探偵はロイズ、怪盗はコディバ。主人公はリンツだし、母親はメリーで父親はデメル。皆有名なチョコレートメーカーさんですよね。こんな一家、ステキ…。「ジャンポールさんの奥さんがエヴァン」ってのにはくすりとしたりしました。ドゥバイヨルもマルコリーニもヴィタメールも出てきちゃうんですよ?!このあたりは結構マニアックだと思う。もしかして、乙一さん、チョコ…好き?詳しい?そしてそれだけじゃない一捻り。さすが乙一さんです。

ちなみに、この怖い怖い挿絵は、乙一さん曰く「子供の心に深いトラウマができるような挿絵を描いてください」とお願いされたそうです。…大人の心にもできました…。
| あ行(乙一) | comments(13) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
おぉ遂に読んだんだ。
意外に昔のルパンシリーズやホームズシリーズって暴力的な部分や今では理解し難い部分もあるんですよ。
だから逆にそれを再現しているとも言える気がします。
| kadock | 2006/11/02 6:05 PM |
読みました!図書館の予約待ちをしてたらえらい時間がかかってしまいましたです。みんなすごくじっくり読んでたんでしょうか?!

私はこれを読んでいてルパンやホームズが具体的に浮かんだわけじゃなかったのですが、「このなんともいやな理不尽な感じは記憶にあるなぁ」と思いました。それらを読んでいたのは小学生くらいの頃だったのですが、そんなに感受性の高い子供ではなかったらしく、そういう描写が気になった記憶は特に…、まぁ「自分に配慮されているか?」なんてことを考える年代じゃなかったのですが(笑)。今読んでみるとあらためてってこと、結構あるのかもしれないですね。文化の違いとか、時代の違いとか、そういうこともあるのでしょうか…。
| chiekoa | 2006/11/02 6:11 PM |
>「子供の心に深いトラウマができるような挿絵を描いてください」とお願いされたそうです

やっぱりそうだったのですね・・。大人が見ても悪い夢を見そうでした。
| june | 2006/11/02 11:22 PM |
絵はとても怖かったです。
夜に一人で読むのは間違っていました^^;
子供向けの本だと思いますが、この絵を見たらたちまち読まなくなっちゃうんじゃないでしょうか。。。
良い作品なのにもったいない。
乙一さんにとっては、してやったりなのかもしれませんが。
| 苗坊 | 2006/11/03 12:15 AM |
確かに、むかしの探偵小説って、
普通の健全な子供向け小説には出てこない、
暴力や悪意や陰謀が、怖いもの見たさの魅力になってたような気がします。
と、いうことは乙一さんはそれをしっかり憶えてて踏襲したのかも、ですけど
「子供の心に深いトラウマができるような挿絵」
という指定には、そこまでしなくても、と(笑)。
この後読んだ、綾辻さんの「びっくり館の殺人」、
ホントは怖いはずの絵が、可愛く見えたほどのすごさでした。
| 藍色 | 2006/11/03 1:07 AM |
この作品、続編出たりしませんよね。。
子供向け、ということで初めは字の大きさに驚きましたが、かなり良かったです。
絵は怖かったですが(とくにお母さん)、雰囲気がばっちりでてて、流石乙一さんだ!と思わせてくれました。
 
子供は怖いもの見たさで結構読むみたいですよ。
| 箱庭 | 2006/11/03 10:50 AM |
chiekoaさん☆おはようございます。
いい人だと思っていたら急に裏切られてしまうような、理不尽な感じが懐かしかったですね。
こういう感じってとっても好きです。(#^.^#)
| Roko | 2006/11/03 10:58 AM |
こんにちは。

>子供向けだからって、何事もキレイにぼかして美しく書くっていうのは必ずしも正解じゃないよなぁと思い・・

私もそう思います。子供は子供でこういうのも楽しめる柔軟な感性を持っているんじゃないかなぁ、と。

挿絵は怖かったですよね・・でもこれはこれでインパクトあって、成功していると思いました。
TBさせていただきました〜

| EKKO | 2006/11/03 2:01 PM |
juneさん、すごいですよねぇ、あの絵!
大人だから笑ってスルー…したつもり…なんですけど、
夢に出たらどうしよう…。

苗坊さん、いや、子供ってむしろこういう「!」なもののほうが興味を引かれて読むのかも…?私の子供の頃だったら…読んでたかもです(笑)。天邪鬼〜。(昔から)。

藍色さん、『びっくり館』未読なのですが読みたくなってきました(笑)。何もかも規制するのって、子供に失礼なような気も…何事もほどほどにですよね。

箱庭さん、シリーズ化は…どうでしょう?ミステリィランドのシリーズはわりと自由な感じで、他のシリーズものの一冊がいきなりここに入ってたりしますから、逆もあるかもですね。でも…また新しい怪盗と探偵を作らねばですね(笑)。

Rocoさん、そうそう、そこがなんか知ってる感じなんですよね〜。「好きです」と言い切れるところがすてきです!

EKKOさん、この挿絵、買って本をケースから出して開かないと見えないですからね(笑)。そこもまたすごいインパクト…。そしてこれだけ話題になっていれば、まさに大成功だと私も思います!
| chiekoa | 2006/11/03 4:28 PM |
初ミステリーランドだったんですが読みました 子供向けなのに..って思いながらも、結構乙一のこわさは大人が感じるのかと
挿し絵こわいですね よく見るとお母さんもお祖父さんかなり恐い
でも久しぶりにおとぎ話を読んだようで(乙一風だけど)楽しかったです
| きりり | 2006/11/05 1:42 AM |
きりりさん、子供が読んで実際どう思うのか聞いて見たいような…きっとぜったい意表をつく回答が帰ってくるような気がするのですが!「怖い」ってのは、出てくるのでしょうかね…。
| chiekoa | 2006/11/06 1:31 PM |
chiekoaさん、こんにちは。
>読みながら「これは子供がどう読むのか」とか思っちゃってる時点で、歳取っちゃったなぁと。実際子供の頃は、そんなこと考えながら読んだことなんてなかったんですから。
 同じ、同じ!私もソレ思いました。
でも、chiekoaさん、チョコ通ですね^^ドゥバイヨル、他、ご存じだったなんて♪ 
| latifa | 2007/03/10 4:56 PM |
latifaさん、同じですか!でも大人には大人の楽しみ方があるはず…!と信じて生きていきたいです(おおげさ)。
チョコはですねー、私の血液ですからっ!
でも今ちょっと都合により「チョコ断ち」中。くぅぅ。つらい…。
| chiekoa | 2007/03/12 11:39 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
銃とチョコレート/乙一
銃とチョコレート / 乙一
| Kadock's Blog | 2006/11/02 6:07 PM |
銃とチョコレート 乙一
銃とチョコレート ヨーロッパのとある国で、怪盗ゴディバという高価なものを盗む悪党がいた。 その悪党を捕まえようとしている探偵ロイズは、子ども達に大人気。 少年リンツもその一人。 リンツは移民の血を引く11歳の少年。 父デメルは杯の病気で死に、母メリーと
| 苗坊の読書日記 | 2006/11/03 12:14 AM |
銃とチョコレート 乙一
イラストレーションは平田秀一。かつて子どもだったあなたと少年少女のための講談社ミステリーランドの1冊。 古きヨーロッパを思わせる架空の国。主人公で語り手の十一歳の少年、リンツは亡父と市場で胡椒とともに買った聖書に、
| 粋な提案 | 2006/11/03 1:07 AM |
「銃とチョコレート」乙一
最近はもっぱら映画製作に嵌っているという噂の乙一の待ちに待った新作は       「かつて子どもだったあなたと少年少女のための−ミステリーランド」。ジュブナイルの王道、リンツ少年の成長物語。期待に違わず、面白かったです!☆(≧▽≦)☆   登場人物の
| 読書とジャンプ | 2006/11/03 9:43 AM |
「銃とチョコレート」 乙一
銃とチョコレートposted with amazlet on 06.10.13
| ついてる日記? | 2006/11/03 10:49 AM |
『銃とチョコレート』  乙一  講談社
        銃とチョコレート 「かつて子どもだったあなたと少年少女のための」というのがうたい文句の、ミステリーランドシリーズです。このシリーズは島田荘司さんの「透明人間の納屋」に続いて2冊目なのですが、ラインナップを見てみると、
| アン・バランス・ダイアリー | 2006/11/03 1:56 PM |
乙一「銃とチョコレート」
20番目に盗まれた英雄の金貨の持ち主オリジーヌ氏 彼は弾丸製造機で大金持ちになった その機械は簡単に弾丸が作れるから 熊のぬいぐるみを抱いた女の子だって作れるのだ その弾丸は安くて、よく飛び、そして敵にあたると、いい音がしたと言う こわい こわいよ〜
| 聞いてあげるよ君の話を | 2006/11/05 2:06 AM |
銃とチョコレート 乙一
銃とチョコレート この本は、「ジョナサンの読書飛行」のジョナサンさんと「ちょっくら読書1000冊目指してみようか。」の常陸さんにオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 な〜んと言いたいことの満載した本ざましょ。 まず
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/02/03 11:31 PM |
乙一「銃とチョコレート」「GOTH」「小生物語」感想
「銃とチョコレート」⇒「GOTH」⇒「小生物語」の順に読みました。 乙一さん、去年映画監督の押井守の娘さんと結婚されていたんですね!
| ポコアポコヤ | 2007/03/10 4:57 PM |