プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 彼女がその名を知らない鳥たち [沼田まほかる] | Top | 風流冷飯伝 [米村圭伍] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
永遠。 [村山由佳]
4062755424永遠。
村山 由佳
講談社 2006-10-14

水族館の前で、幼馴染の弥生の帰りを待つ徹也。自分がここで彼女を待っている理由、そして彼女が「終わらせて」くるはずのこととは…。

お昼ごはんを食べにちょっとどこかへ入ろうと思い、でもちょうど手持ちの本がなく、仕方ないので本屋に行って見つけて買ったのがこの本です。(なんかこんな話どこかで聞いたな…)。

とても薄い文庫本ですが、物語自体はさらにその半分くらい。(残りの半分は解説とあとがき)。30分もかからずに、すうっと読めるお話です。でも短いけれど、その短い時間で自分がひたれる世界というのが…さすが村山さんだなと思いました。

私は知らないで読んだのですが、この本は「卒業」という映画とのコラボレートという形で書かれた作品なのだそうです。村山さんが映画「卒業」を見て、そこから書き下ろしたサイドストーリー。あとがきで「映画を見ていなくても、その事実を知らなくても、十分楽しめる」と書いてありましたが、まさにその通りでした。(でもその映画も見たくなりましたけど)。こんな風な「愛」も、あるんだなぁ。(私にはなさそうだけれど)。

とにかく、読み心地はとてもよいです。短い時間が空いたときなどにオススメです。
| ま行(村山由佳) | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんばんわ^^
この作品、文庫化されたんですね〜私は単行本で読みました。
私も読んだあと知ったのですが、映画のサイドストーリーなんですよね。
堤真一さんと、内山理名さんでしたっけ・・・。
映画のほうも観たくなりました。
私も、好きな作品です^^
| 苗坊 | 2006/11/05 9:29 PM |
映画、そうです、その二人みたいです。
観たいですよね〜。文庫のあとがきで、その映画のことがめちゃ誉められていたので余計です。ちょこっと本屋で立ち読みしてみてください(笑)。
| chiekoa | 2006/11/06 1:36 PM |
映画興味出ますよね。
見ていないのでどんな弥生像、真山像なのか分かりませんけど、村山さんの描く物語は、決して邪魔することのないきれいなサイドストーリーでしたね。むしろもっと透き通った話になったかも。
| じゃじゃまま | 2007/04/23 9:43 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
永遠。 村山由佳
永遠。 短大を卒業し、地元へ帰ってくる弥生を迎えにきた幼馴染の徹也。 2人は共に片親で、寄り添うようにして育った。 弥生が上京したのは、自分の父に会うためだった。 父親は、弥生の通っていた短大の教授だったのだ。 本が分かりずらい・・・ ひたすら永遠
| 苗坊の読書日記 | 2006/11/05 9:26 PM |
永遠。 村山由佳著。
物語は、亡き母のかつての恋人、そして19年間その消息を知らなかった父の傍で、決して娘です、と明かすことのないまま2年間父の働く大学で生徒として見つめてきた弥生が、卒業式を終え、町へ帰る日のお話。その見つめ続けてきた2年間の日々の話じゃなくて、その日、
| じゃじゃままブックレビュー | 2007/04/23 9:40 AM |