プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 永遠。 [村山由佳] | Top | ぼくがぼくになるまで [沢村凛] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
風流冷飯伝 [米村圭伍]
4101265313風流冷飯伝
米村 圭伍
新潮社 2002-03

舞台は四国は讃岐、風見藩。江戸からやってきた幇間・一八が出会ったのは、武家の次男、「冷飯食い」の飛旗数馬。数馬と知り合ったことをきっかけに、一八が巻き込まれた騒動は…。

うん、面白かった!こういう「語り口」の本ってあんまり読んだことなかったんですけど、すんなり入れるものです…。時代物の好きないもちゃん(妹)にオススメしようかなぁと思いつつ読んでいたのですが、どうしてなかなか「男性が好き」そうな…やっぱりオススメは止めておこう…。清く正しく美しく。ほほほ。いやーん、何の意味だかわからない単語がたくさん♪…。(自分で言っててむなしくなってきました)。

一八、数馬の名コンビと、そこから広がるバラエティに富んだ「冷飯食い」仲間たち。あんな彼や、そんな彼、それぞれをそれぞれに大好きになってしまいます。そしてホロリともさせられたり…。この挿画がまたいいんですよね、『しゃばけ』のシリーズでもおなじみの柴田ゆうさん。大好きです。

将棋のことがわからないのがちょっと残念だったのですが、(一度教わったけれどその日のうちに全部忘れた)、それでも面白かった!続編もこれから読みます!

それにしても、幇間(たいこもち)って、ちゃんと職業としてあったんですねぇ。私いわゆる「人にへつらって気に入られようとする者」の意味だとしか思ってませんでした。勉強になるなる…。それは職業なのかって?いや、それで食べていけるのならそれは立派に「職業」ですとも!(笑)。
| や行(米村圭伍) | comments(10) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
お、お気に召していただけましたか。良かったです。いいでしょ〜この感じ。「退屈姫君伝」も面白かったですよ。江戸藩邸の話ですけど、ほんの少し一八が絡んでたりします。
つうか私はまだ2作目までしか読めていませんが、ちえこあさんにあっさり抜かれそうな気がします・・・(笑)
| ざれこ | 2006/11/05 6:32 PM |
オススメありがとうございました〜!お、また一八が出てくるんですね。ますます楽しみに…。ターボエンジンで読んでしまわないように気をつけます(笑)。お正月とかにのんびり読みたいんですもの!
| chiekoa | 2006/11/06 1:34 PM |
はじめまして! 「ぶんこや」と申します。時代物、ミステリーなど比較的幅広く読みます。
「退屈姫君シリーズ」大好きです。この「風流冷飯伝」はずっと気になりつつ後回しになっていますが、ちえこあさんのレビューを読んで、ぜひ読まねば! と思いました。

ときどきのぞかせていただきますので、これからもどうぞよろしく!
| ぶんこや | 2006/11/07 2:31 AM |
ぶんこやさん、はじめまして!コメントありがとうございます〜。あれ、このシリーズって、最初から読まなくても大丈夫だったんですね(笑)。いつもそうやって失敗するので、今回は満を持して(?)、一作目から読んでます!「退屈姫君」ももうすぐ読むので、そしたら感想書きます!こちらこそ、よろしくお願いします。
| chiekoa | 2006/11/07 11:34 AM |
こんにちはー。時代小説には、めったに手が出ないんですけど、ちえこあさんが勢い良く読破しているシリーズに、はずれなし!と信じているので(^^)、読んでみました。面白かったです〜。感想あとまわしで、退屈姫君シリーズまで読んでしまいました。かんしゃ、かんしゃ♪
| ゆうき | 2006/11/26 5:28 PM |
わ!ゆうきさんも読んでいただけたのですね!普及委員会副委員長(委員長はざれこさん)としてとてもうれしいです!おもしろいですよね〜。ちょっとアレがナニですけど(笑)。そして一気読みですね!おそろいです!私もとりあえず全部一日で読んで、感想は後から一日ずつ書きました…。ゆうきさんの感想、楽しみにしてますので…!(プレッシャー?)
| chiekoa | 2006/11/27 2:26 PM |
私が委員長ですか(笑)私は聖月さん経由ですから聖月さんは名誉会長あたりかな・・。(って勝手に。)
とりあえずゆうきさんにまで広めましたね。ふふ。しかし、私ら3人、しょっちゅう同じ本を読んでいますね。ふふ。
| ざれこ | 2006/11/27 8:11 PM |
ざれこさん、えぇ、委員長です(笑)。ゆうきさんに広まれば…力強いですよ!さぁ、みんなで普及活動に邁進いたしませう。
しかしほんとですね〜、でもうれしいですね〜、そういうの。やっぱり早く合コンしないと。相手の男性いらないけど(爆)。
| chiekoa | 2006/11/28 11:49 AM |
こちらにもTBさせていただきました♪
風見藩の冷や飯食いの面々がそれぞれいいですよね〜
数馬を筆頭に皆好きになっちゃいます。

「普及委員会」なるものが創設されているんですね!
私も参加させていただきたいです(おずおず(^_^;)
| エビノート | 2007/02/14 9:33 PM |
おぉ、エビノートさん!ぜひぜひ!
ちゃくちゃくと会員を増やしているわ…!ふふふ。
こういう本にこそ本屋大賞とかでスポットをあてろっちゅーんですよ。ぷんぷん。
| chiekoa | 2007/02/15 11:28 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「風流冷飯伝」米村圭伍
風流冷飯伝発売元: 新潮社価格: ¥ 540発売日: 2002/03売上ランキング: 14003おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/07/20 積読削減のためにこんな記事「積読削減プロジェクト」を立ち上げ、 自らを奮い立たせている(わりに図書館でいまだに借りてくるんだ
| 本を読む女。改訂版 | 2006/11/05 6:28 PM |
「風流冷飯伝」米村圭吾
タイトル:風流冷飯伝 著者  :米村圭吾 出版社 :新潮文庫 読書期間:2006/10/12 - 2006/10/13 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 四国は讃岐の吹けば飛ぶよな小藩が、この法螺噺の舞台です。ご案内役は、お江戸で鳴らした幇間。相方を務
| AOCHAN-Blog | 2006/11/06 3:28 PM |
● 風流冷飯伝 米村圭伍
風流冷飯伝 米村 圭伍 新潮社 1999-06 江戸の幇間である一八は、わけあって四国讃岐の風見藩という小藩にやってきました。城の見えるところまで来ると、道行く人が皆、妙な顔つきで自分を見ている事に気がつきます。そんなときに、通りがかった飛旗数馬という武士
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/11/26 5:29 PM |
風流冷飯伝 〔米村圭伍〕
風流冷飯伝米村 圭伍 新潮社 1999-06売り上げランキング : 1153745おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ たまたま武家の次男、三男坊に生まれ、婿入りできなきゃ、仕事にもありつけない。 これ、すなわち、“冷飯ぐい”。 運命のいたずらも、憂き
| まったり読書日記 | 2007/02/14 9:17 PM |
65:冷飯風流伝
今日は休みなのに出勤です。やれやれ。 そんな身には、冷飯とはいえとてもうらやましい主人公たちが出てくる、 米村 圭伍の『冷飯風流伝』を読みました 冷飯とは武家の長男以下のこと。長男でなければ出仕は叶わず、だからといって長男にもしものことがあれば役目を
| プリン@BOOK CAFE | 2007/04/07 9:27 PM |
米村圭伍 風流冷飯伝
【覚書】★★★★★★★★☆☆ 軽妙洒脱な文体のおかげで肩肘張らずに読め、読後感...
| 時代小説県歴史小説村 | 2007/04/28 12:13 AM |