プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< それからはスープのことばかり考えて暮らした [吉田篤弘] | Top | 退屈姫君 海を渡る [米村圭伍] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
退屈姫君伝 [米村圭伍]
4101265321退屈姫君伝
米村 圭伍
新潮社 2002-09

吹けば飛ぶよな二万五千石の小藩風見藩に五十万石の姫君が異例のお輿入れ。そのうえこの姫君、美貌ながら生来のいたずら好きときています。退屈しのぎに屋敷を抜け出し、江戸城下を探検、藩の六不思議の謎解きに血道を上げる日々。ところが、田沼意次も絡んだ陰謀まで探り当てたから、さあ大変。幕府隠密、くノ一、長屋の町人も巻き込み、姫の貞操と藩の命運を賭けた大勝負の始まり始まり。

お正月の休みとかにのんびり読むのを楽しみにしていたのに…待ちきれずに読んでしまいました。いいんだ、お正月休みあるかどうかまだわかんないし…!

というわけで、面白いです!あぁ!面白い!楽しすぎる!

もうとにかくこのお姫様「めだか姫」がかわいいです。最高です。憎めなすぎです。おきゃんっていうのかしら、こういう子…。とにかくいい!めだか姫のお父上もなかなか…。というか、とにかく登場人物たちの生き生きとしたキャラがいちいちいいです。

これ一作でもものすごく面白いんですけど、ちゃんと前作である『風流冷飯伝』からのつながりもばっちりあります。何よりまずこのお姫様「めだか姫」がお嫁に行った先が風見藩だし、くノ一のお仙は一八の妹だし、ちょっと抜けてる幕府隠密の倉知も登場してるし(前作読んだ限りではあの脇役中の脇役の彼がまさかこんな風に出てくるとは思わなかったですけど!)、将棋の話もちゃんと出てくるし、そもそもこの本の中で『風流冷飯伝』の宣伝が立派にされてるし(笑)。というわけで、前作を読んでいるとよりいっそう楽しめます。

今回は姫が主役だし、前作のような「男性サービス」チックなお色気部分はなくなったかなぁと思っていたら、やっぱりちゃんとあるのでした…。そういう味?!なんかこう、「ヤングジャンプ」とか「スペリオール」とか「スピリッツ」とか、そういうのを読んでる気分に(偏見?)なりますねぇ。いいんですけど。それでも面白いから!!

そしてこの作者さんのお名前「米村圭伍」さんって、佳作に入選したことが五回あるからそれをもじって、佳作の「佳」から人偏を「五」に移して筆名にしたんだそうです。うーん、名前までおちゃめさん。

ちなみに『風流冷飯伝』と、この『退屈姫君伝』と、まだ未読なのですが『面影小町伝』を含めた三作で、大江戸三部作というのだそうです。で、この『退屈姫君伝』はさらに続編として『退屈姫君 海を渡る』『退屈姫君 恋に燃える』が文庫書下ろしで出ているわけで。どうしよう、手元にないけど続きが読みたい…。今日は休日。布団干しちゃったけど…駅前の本屋なら歩いて10分…うーむ…買いに行っちゃおうかな…っ。
| や行(米村圭伍) | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
あーもう読んじゃったんですね。私は一応全部手に入れてるのですが、月1冊くらい読んでいこうかと思ってます。もったいないですもん。でも細かい登場人物とか忘れてたりするんで、せっせと読むのがいいのかも、とも思いつつ・・。
一緒に頑張ってこのシリーズ、はやらせましょうね(笑)
| ざれこ | 2006/11/13 2:23 AM |
読んじゃいました〜。一日で全部(笑)。
だってせっかく買ったし…おもしろかったし…。感想はこれから書きまーす。がんばってはやらせましょう!おー!
| chiekoa | 2006/11/13 11:54 AM |
chiekoaさん、TBありがとうございました〜〜
いやぁ面白かったです!
めだか姫最高!
どんなことにも「すてきすてき!」と素直に感動できる心が人を惹き付けるんですよね。
前作「風流冷飯伝」との絡みもあったし、「六不思議」の謎解きもその後の大騒動も楽しく読めました。
私もこの作品はいろんな方におススメしたい!
次は刊行順に「面影小町伝」に行ったほうがいいのか、「退屈姫君」シリーズを読み進めたほうがいいのか、ちょっと悩んでいるんですけど、どちらがいいでしょう?
読みたい作品が多くて悩みます〜〜
| エビノート | 2007/02/14 9:26 PM |
エビノートさん!どっかでも書きましたが…
個人的にはシリーズを読み進めるほうをオススメします。
『面影小町伝』は最後のほうがいいですよ〜♪
| chiekoa | 2007/02/15 11:25 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「退屈姫君伝」米村圭伍
退屈姫君伝発売元: 新潮社価格: ¥ 620発売日: 2002/09売上ランキング: 63165おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/10/20 シリーズ2作目。1作目にあたる「風流冷飯伝」、積読を減らそうと読んだこの本があだになり、 シリーズを全部一気に購入してしまっ
| 本を読む女。改訂版 | 2006/11/13 2:21 AM |
[本]
「退屈姫君伝」米村圭伍(図書館)を読む。面白い。 時代小説。姫といっても自称姫だ。 前作「風流冷飯伝」の姉妹編。今度は江戸の町が舞台で、悪役は田沼意次。本作だけでも独立して読める。 前作の「冷飯(ニート)の鬱屈を明るい筆致で描く」とかなく、ほんと天真爛漫な
| 「短歌と短剣」探検譚 | 2007/01/20 7:52 PM |
退屈姫君伝 〔米村圭伍〕
退屈姫君伝米村 圭伍 新潮社 2002-09売り上げランキング : 27398おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 吹けば飛ぶよな二万五千石の小藩に五十万石の姫君が異例のお輿入れ。 そのうえこの姫君、美貌ながら生来のいたずら好きときています。 退屈し
| まったり読書日記 | 2007/02/14 9:12 PM |