プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 階段途中のビッグ・ノイズ [越谷オサム] | Top | 玉虫と十一の掌篇小説 [小池真理子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
祝福 [野中柊]
404873721X祝福
野中 柊
角川書店 2006-09-26

「しゃぼん」「セカンドハウス」「銀の糸」「遊園地」「メトロノーム」「祝福」の六つの恋愛小説が収録されています。で、私はこれを書いている時点でもうそれぞれの内容をあまり覚えていないわけなのですが…(汗)。

ということからもわかるように(?)、私としては、うーん、まぁ、ごく普通のさらりと読める恋愛小説たちでした。可もなく不可もなくという感じでしょうか…。まぁまぁいいんだけど、ちょっといやなところもあって、手放しでは誉められないのだけれど、でもまぁいいか…という、私の中では非常に「野中さんらしい」お話たちでした。

あ、でも心がすさんでるときは「ケッ」って思うことが多いと思うので、あまりオススメしません(笑)。ちなみに、一番「ケッ」と思ってしまったのが(育ち悪し)「銀の糸」で(すいません、勝手にしてくれと思ってしまいました)、一番好きかもと思ったのが、うーん、うーん、強いて言えば「祝福」(こんな夜のピクニック、なんかいいです)か、「遊園地」(なんだかこれだけ異色?で印象が強かったという意味で)かなぁ…。

しかしこの人の書くものにはいい意味で「やらしさ」が全然ないですね。ナゼなのだろう…。何を書いてもやらしいような気がしてしまう作家さんもいるというのに(笑)。

そしてまた装幀が…うっとり。またまた松尾たいこさんのイラスト。いいなぁ。野中さんの本はいつもすてきで…。
| な行(野中柊) | comments(8) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちはー。もう全面的に、同感です。
わたしは、もうすっかり内容を忘れています。
でも、とっても、野中さんらしい本でしたね。
それしか書いていない、自分の感想の短さにびっくり。
そうとう・・・印象が薄かったんですね。
そしてたぶん、そのまま感想を書くと、大変なことになるくらい、
わたしも「ケッ」って思ったんでしょう(笑)
ではでは。
| ゆうき | 2006/11/17 1:49 PM |
「ケッ」ね。わかります。わかります。
「ケッ勝手にしてろ!」(言っちゃった?)って感じですよね。
あまーい香りが漂ってきましたね。
私は今どちらかというと「ラブリー」な気分なので
まぁまぁ受け入れられました。

| なな | 2006/11/17 2:27 PM |
実はゆうきさんのところで、コメントを書こうと思って、ナニを書いたらいいのかわからず、一度は書いたんですけど、チェックの4文字入力をしたところではじかれ(間違えたらしい)、これは「こんなくだらんコメントを書くな!という神のおぼしめしかも…」と思い、そのままにしてしまいました(実話)。感想…書きづらいですよね〜。私これでいっぱいいっぱいです(笑)。

ななさん、まぁ!ラブリーな気分なんですか!
何かいいことあったんですか!きゃぁ〜、聞かせてください聞かせてください!人の幸せな気持ちをちょっとおすそわけでもしてもらわないことには、この年の瀬を越せそうもありませぬ。
| chiekoa | 2006/11/17 5:19 PM |
心がすさんでないときに、初読みだったせいか、そのまますんなり読めてしまいました。
なので、今後、場合によっては「ケッ勝手にしてくれ!」もあるかも(笑)。
「遊園地」は、やっぱり異色だったのですね(掲載誌が、「小説現代」だから?)。
松尾たいこさんのイラスト、カラフルでステキでした。
| 藍色 | 2006/11/18 1:32 AM |
こんにちは。
わたしはすごく「ケッ!」と思いました(笑)
心がすさんでるのがばればれですよ〜

| kaori | 2006/11/18 10:35 AM |
藍色さん、うらやましいです〜。ダメです、私は、もうやさぐれてるから…(涙)。でも表紙は好きです(笑)。

kaoriさん、おぉ、「ケッ」仲間が(笑)。よろこばしい…のかしら、よろこばしくないのかしら。でも思っちゃったんですもん〜えーん(泣)。ま、それもまた読書という個人的な楽しみのよいところですよね、えぇ。
| chiekoa | 2006/11/20 1:03 PM |
ああ、「銀の糸」を読んでいるときに感じたもやもやは「ケッ!」だったのかと。ここで気づきました(笑)。
あんな夫婦もいいなと思いますが……実際いるんですかね〜〜。
| まみみ | 2006/12/16 5:50 PM |
まみみさん、いると思いますよ。えぇ。考えたくないですけど…。
すいません、心が冷えているのでそんな読み方で…。
あぁ、いっそさび付いてしまえばいいのに。
| chiekoa | 2006/12/19 3:15 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
■ 祝福 野中柊
祝福 野中 柊 角川書店 2006-09-26 野中柊さんの恋愛短編集。どれも、切ないんだけど、どこか前向きなお話ばかりで、穏やかな気持ちになれる本です。猫、お料理、ピクニック、なぜかいやらしくないセックスシーン、子供時代への郷愁と、そのころを共すごした者へ
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/11/17 1:45 PM |
「祝福」野中柊
祝福 野中 柊 6つの恋の物語。松尾たいこさんの表紙もステキ。 「セカンドハウス」の夏の昼寝から起きた夕暮れ時。「銀の糸」の夫が出かけていった後に猫と眺める金魚の泳ぐ水槽。「祝福」の夜中に忍び込む植物園の栄養たっぷりの空気。そんな景色がすごく心
| ナナメモ | 2006/11/17 2:28 PM |
祝福 野中柊
装画は松尾たいこ、装丁は高柳雅人(角川書店装丁室)。 1991年、「ヨモギアイス」で海燕新人文学賞を受賞してデビュー。主な作品「小春日和」「ひな菊とペパーミント」「あなたのそばで」「きみの歌が聞きたい」、パンダ
| 粋な提案 | 2006/11/18 1:33 AM |
祝福
祝福 野中 柊 出版社/著者からの内容紹介 恋は天から舞い降りる−−。幸福な予感に包まれた、珠玉の恋愛小説集 光と闇が交錯するこの世界で、かけがえのないだれかと共に生きることのよろこび。 甘やかで、切なくて、狂おしくて、いとおしい、色鮮やかな六つ
| a bird shop | 2006/11/21 9:33 AM |
「祝福」 野中柊
祝福posted with 簡単リンクくん at 2006.12. 8野中 柊著角川書店 (2006.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/12/16 5:49 PM |