プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 玉虫と十一の掌篇小説 [小池真理子] | Top | シャドウ [道尾秀介] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
面影小町伝 [米村圭伍]
410126533X面影小町伝
米村 圭伍
新潮社 2003-09

谷中の茶汲み娘・お仙は徐福の仙薬で色白美人に大変身。途端に評判の「小町娘」になって、錦絵にも描かれる始末。実はくノ一のお仙、人気が出ては困るのだ。ところが浅草にも美女・お藤が現れ、なんと二人の、幕府もひっくり返る大因縁が明らかになり…。

風流冷飯伝』『退屈姫君伝』に続く、大江戸三部作の完結編です。

って、読み終わって思うんですけど、これ「三部作」でよかったのでしょうか…?あまりにも雰囲気が違うというかなんというか。まずこの作品は、前二作のような楽語調の楽しい語り口ではありません。そして、物語全体の雰囲気もずいぶん違います。登場してくるのはおなじみの面子なので、三部作と言えば言えるんですが…うーん、読み始める前に想像していたのとあまりに違ったので、ちょっと度肝を抜かれました。

この物語の主役は「お仙」。前作の舞台は明和元年だったのが、ここでは明和二年とか明和四年とかになっております。のでお仙もちょっと成長…というかすばらしくがらっと変わった姿で活躍しています。でも…なんというか、「え?これがほんとにあのお仙ちゃん?」っていうのがあって、最後まで読むと特にその気持ちが強くなって…、うーん、結構ショッキングでした。だって…。最後に我らがめだか姫もちょっとだけ登場するのですが、そこで彼女が思ったその一言で、ちょっと救われたような気持ちになりました。でも…なかなかに心境は複雑です。なんだか…。えーん。

というわけで、私はとりあえずこれを読む前に、「退屈姫君シリーズ」のみを一気読みしておいてよかったと思いました。刊行順だと

  『風流冷飯伝』→『退屈姫君伝』→『面影小町伝』

で三部作が終わってから、退屈姫君シリーズの文庫書き下ろし続刊

  『退屈姫君 海を渡る』→『退屈姫君 恋に燃える』

なのですが、私はなんとなくこの『面影小町伝』を飛ばして読んでいたのです。今となってはそれで正解だったなぁと…。私の場合、これを読んでからだと…退屈姫君シリーズの文庫書き下ろし二冊を素直に楽しめなかったかもしれません。どうなんでしょうか?

「大江戸三部作」「退屈姫君シリーズ」既読リスト
風流冷飯伝
退屈姫君伝
退屈姫君 海を渡る
退屈姫君 恋に燃える
・面影小町伝
| や行(米村圭伍) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
[本]
 (文庫は「面影小町伝」と改題) 「錦絵双花伝」米村圭伍(図書館)を読む。まあまあ。 江戸もの。「風流冷飯伝」「退屈姫君伝」に続く3作目。 半村良ばりの伝奇小説となってしまい、軽みが消えた。後味悪い。 太田直次郎*1は秋元康のようだった。 鈴木春信リンク ほぼ
| 「短歌と短剣」探検譚 | 2007/04/08 3:22 AM |