プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 肩胛骨は翼のなごり [デイヴィッド・アーモンド] | Top | 天の前庭 [ほしおさなえ] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ぶたぶた [矢崎存美]
4331057836ぶたぶた
矢崎 存美
廣済堂出版 1998-08

ベビーシッターを頼んだはずが、やってきたのはぶたのぬいぐるみだった?!
バレーボールくらいの大きさ、少し反り返った右耳、つぶらな黒い点目のぬいぐるみ。彼の名前は、山崎ぶたぶた(性別♂)。歩き、喋り、食事をし、見かけによらず仕事は優秀。そしてなによりもの特徴は、とってもかわいいこと。ぶたぶたと出会った人間たちの、姿と心の動きを描いた連作集。

最近見つけて読みたい!と思っていた「ぶたぶたシリーズ」の一作目にあたる作品です。文庫にもなっているそうなので、買おうと思ったのですが、今現在絶版になっているらしく…手に入らなかったので図書館で借りました。でもほんと、買って手元に置いておきたい本なのです。とっても。

この本には「初恋」「最高の贈りもの」「しらふの客」「ストレンジ ガーデン」「銀色のプール」「追う者、追われるもの」「殺られ屋」「ただいま」「桜色を探しに」の九編が収録されています。あるときはベビーシッター、あるときはタクシーの運転手、またあるときはフランス料理のコック…。様々な職業のぶたぶたが、彼らの前に現われます。

このぶたぶたさんの性別は「男」です。でも男の子…ではなく、どちらかというと年齢的には「おじさん」。ビジュアルと中身が〜(笑)。でもそこがいい!というか、もう、ぶたぶたさんはぶたぶたさんで、彼が彼であればなんだかそれでよいのです。読んでいるうちに、どんどん彼が大好きになります。

みんな最初はびっくりして、でもいつの間にかなじんで、そして彼と出会ったことで何かがちょっと変わったことに気付く…そんなステキな物語がぎっしりつまっています。あったかくて、ちょっと寂しくて、でもステキ。しかし絶版…古本屋をめぐってなんとか入手したいと思います。だって何度も読みたいんですもの!

そしてこの連作短編、全部個別の話かと思いきや…ずっと読んでいくと最後の「桜色を探しに」で「おぉっ?!」と思うことができます。これは鮮やか!時を越えて、場所をこえて、ぶたぶたさんはいつもそこにいます。ぶたぶたさんよ、永遠に…!
| や行(矢崎存美) | comments(7) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
「ぶたぶた」1巻はよく古本で見かけますよ。
表紙が違うので単行本の方かもしれませんが
私もネットの古本屋さんで買いました。
絶版で古本でも出ていないクリスマスのが
来月文庫で出版されるようですね。たのしみです。
| ひまわり | 2006/11/27 3:05 PM |
ひまわりさんも読まれてるんですね!
いいですね〜、このシリーズ。まだ感想書いてないですけど、全部一気に読破してしまいました〜。やっぱり古本屋さんしかないのでしょうか…地道に探してみようと思います!クリスマスのは書き下ろしもあるとのこと…まさにクリスマスプレゼントですね!楽しみです!
| chiekoa | 2006/11/27 6:57 PM |
私もこの本1冊目だけ持ってるのですが、例によってまだ読めていませんでした。ちえこあさん、一気読み得意ですよね、それに読むの早い!いいなあ。
私も近いうちに読んでみます。
| ざれこ | 2006/11/27 7:50 PM |
あれ?
この前文庫で買ったような気が・・・。
ぶたぶたさんシリーズは7作品ほど読んでますが、
どれもほのぼのとしてて
何度読み返してもいい感じですよ。
刑事ぶたぶただけオークションかなんかで買いましたが・・・。
後は文庫で最近買ったので探してみるといいかもしれませんよ〜。
| す〜さん | 2006/11/27 8:44 PM |
ざれこさんってばまたこんなステキな本を積んで…(笑)。読みましょう読みましょう。いいですよぅ〜。さらりと読めるので、一気読みしちゃうのです。しかしどれだけ時間あまってるんだ自分…。

す〜さん、文庫は徳間デュアル文庫から出てるみたいなんですけど、入手できない…。やっぱりヤフオクか?!しかし今は出品されておらず…(もちろん検索した私(笑))。光文社文庫の三冊はそろえたんですけど。あ、感想書かねば。
| chiekoa | 2006/11/28 11:53 AM |
ちょっと前までは常時在庫ありだったのですが
今はどこも品切れ中みたいですね・・・。
でもまたすぐ入ってくると思います。

この作者名「矢崎存美」ではなく「矢崎ありみ」や
「矢崎麗夜」「矢崎れいや」などで
登録されてることも多いです。

「ぶたぶたの食卓」を読んで以来、おいしいあさりの
パスタが食べたい・・・とずっと思っています。
| ひまわり | 2006/11/28 12:49 PM |
ひまわりさん、なんと!
ぬぉー、じゃぁ私はタイミングが悪かったんですねぇ(涙)。
しばらく待ってたら出るかしら…。

おいしいあさりのパスタ…いいですね。
昨日の夜ちょうどその話題が出たところだったので、
とってもタイムリー!
ボンゴレビアンゴ好きです。でも今はボンゴレロッソが食べたーい!
食欲の秋です…。(読書は一年中なので♪)
| chiekoa | 2006/11/28 1:08 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
ぶたぶた        〜矢崎 存美〜
ぶたぶた4作品目です。 何故にこんなにぶたぶたに惹かれてしまうのか・・・ 自分でも良くわかんないですが、 確かにこんなぶたのぬいぐるみがいたら 怖い・・んですけどね。 でもそばにいたら楽しいだろうと
| My Favorite Books | 2006/11/27 8:45 PM |
ぶたぶた
ぶたぶた 矢崎 存美 (著) 内容(「BOOK」データベースより) 大きな耳の生えたピンクのバレーボールが、とととと…と階段を駆け下りてゆく。 右耳が少しそっくり返り、つぶらな目は黒の点目。何だあれは、ぶたのぬいぐるみっ!? そう、彼は生きているのです。彼の
| a bird shop | 2006/12/22 10:27 PM |