プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 泣く大人 [江國香織] | Top | クレヨン王国109番めのドア(PART1) [福永令三] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
クレヨン王国の白いなぎさ [福永令三]
4061471457クレヨン王国の白いなぎさ
福永 令三
講談社 1984-01

5年生のさっちゃんの夢は歌手になること。そんなさっちゃんは、ある日、「百点マシン」こと菅原くんといっしょにクレヨン王国に迷い込みます。関所を抜けるときに「かげ売り屋」に自分たちの影を売ってしまった二人。早く取り戻さないと、影は勝手にもう一人の自分になってしまいます。さっちゃんは無事に影を取り戻し、家に帰ることができるのでしょうか?

クレヨン王国シリーズの5作目です。さっちゃんの冒険の物語ですが、夢を大切にするということ、自然を大切にするということ、誰かを助けたいというやさしい気持ち、そんなたくさんのことを教えてくれる物語でもあります。

ちなみに、ここの物語に登場する、夢買いのバクさんは、「月のたまご」シリーズにも登場します。

「ちょっとだけやすんでいきませんか
そう急ぐこともないから」

と歌うさっちゃんにいやされつつ…。
| は行(福永令三(クレヨン王国)) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック