プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< きみのいもうと [エマニュエル・ボーヴ] | Top | 幸福の軛 [清水義範] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
還らざる道 [内田康夫]
439663272X還らざる道
内田 康夫
祥伝社 2006-11

桜の季節、愛知・岐阜県境の奥矢作湖に他殺体が浮かんだ。被害者は業界大手、白陽インテリア会長の瀬戸一弘と判明。瀬戸は、二度と還らないと決めていた過去へ旅立つという手紙を孫娘に残していた。それは、ずっと隠してきた故郷への旅だったのか?なぜ、いま旅立たなければならなかったのか?事件の真相を追って、三州、吉備、木曾へ、浅見光彦も推理の旅に出た―。

ネタバレありです。

事件が起こって、それに浅見さんが偶然巻き込まれて、正義感に突き動かされた彼が事件の真相をさぐり、そして最後に「正義」を行う…。最近の内田さん作品のパターンです。今回もそうだろうなぁと思いつつ読んで、そしてその通りの展開なのに、それでもやっぱりガツンと来てちょっと泣いてしまいました…。おかしい、こんなはずじゃなかったのに?!と自分で思ったりしました。世間を斜めに見てばっかりいる自分がいますが、ほんとうはそれだけじゃなくて、こんなふうに真っすぐ見ている人だってきっといるんだろうなぁと、なんだか自分のひねっぷりが恥ずかしくなったりしました。何か、どうしても譲れないものが人生にはあって、そのために命を賭してまで立ち向かう、そんな「人」の姿、あり方に、に心を打たれました。(全然ストーリーと関係ない感想ですね…)。

しかし今回ちょっといつもと違ったところは、お約束の「警察に浅見さんの正体がばれて「ははー」となるシーン」がなかったところ。今回は警察にじゃなくて、ヒロインにばれるんです。そしてそのヒロインがちょっとへそをまげるのです。なんでさ?いいじゃないのさ?でもこういうパターンてちょっとなかったと思うので、意外でした。印籠シーン、お約束と思いつつも楽しみにしてたのね、自分…と思いました。あと雪絵さんが出てこなかったのもちょっとさみしかった…。なんだ、お約束が大好きなんじゃないですか、私(笑)。
| あ行(内田康夫) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック