プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 『輝け!オレの30代』 THE NEUTRAL (ちょこっと宣伝) | Top | 太陽の塔 [森見登美彦] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
一瞬の風になれ 3 ―ドン― [佐藤多佳子]
4062136813一瞬の風になれ 第三部 ― ドン―
佐藤 多佳子
講談社 2006-10-25

一瞬の風になれ 第一部 ―イチニツイテ―』、『一瞬の風になれ 第二部 ―ヨウイ―』に続く、『一瞬の風になれ』三部作の第三部、ついに完結編です。

高校二年生の終わりから、三年生へ。新入生の入部。新しい人間関係。そして、ついにやってくる最高の舞台…。「位置について」、「用意」、そして、この「ドン」で駆け出した彼らがまぶしくてまぶしくて、どのセリフも、どのシーンも輝いていて、読みながら何度も涙がこみ上げました。シンプルな、王道の青春モノ。でも、だからこそこんなにも伝わるものがあって、こんなにも響くものがあって、感動があって。そういうふうに書ける佐藤さんがすごい、ほんとうに読んでよかったと思います。

全編が新二の一人称で語られるこの物語。期間にしてほぼ三年間、単行本で三冊。こんなにも長い間、誰かの心の中をのぞいたのは、誰かの気持ちを痛いほど感じたのは、はじめての経験かもしれません。

新二がつぶやくこんなセリフが、私がこの本を読んだ感想そのままです。

マジで泣きたくなる。人間は悲しいとか、人間は素晴らしいとか、そんなことだが、言葉になんかできない。
そして、この物語がこのラストで終わるということ。普段だったら「えー!消化不良!」ってなるのかしらと思ったりもしましたが、不思議なことに、読み終えた自分の中にそんな感情は微塵も浮かんできませんでした。だって、私は、私たちは、もう知っているから…。彼らが、この先どうなっていくのか、どんなふうに生きていくのかってことを。この物語の続きは、きっと私たちの中にあります。

余談ですが…一番好きだったキャラは「風水男・浦木さん」でした。最高だ(感涙)!
| さ行(佐藤多佳子) | comments(21) | trackbacks(16) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
ほほぅ、浦木先輩ですか。
結構マニアックですねぇ。笑

佐藤さんは、ひとりひとりにズパリぴったりなキャラを与えて、誰ひとり欠けても成り立たない物語に仕上げてくれましたね。
小説なんだけれど、どこかにこんな高校生たちがいるような、そんな心地にさせてくれました。
| ふらっと | 2006/12/14 6:43 AM |
あ!読まれましたね!!この感動をわかちあえる世界へようこそです。ラストまで手を抜かずに、きっちり書ききった(走りきった)作品でしたね。とても満足な読書時間を過ごしました。
そうか〜chiekoaさんは浦木先輩ですか〜。わたしはやっぱり新二かな〜。
| まみみ | 2006/12/14 9:10 AM |
この本を読んでいる間は、本当に幸せでした。
講談社文庫の「IN POCKET」という雑誌に佐藤多佳子さんのインタビューが載っていました。高校や競技場での取材のことなど、なかなか興味深かったです。

書き込ませていただくのは、初めてでしょうか。
読書傾向が重なっているようで、いろんなblogでchieoaさんのコメントを見かけていました。
これからちょくちょく寄らせていただきたいと思います。
| 小葉 | 2006/12/14 11:41 AM |
ふらっとさん、いますいます!ぜったいいます!
近くの競技場とかにちょっと出かけてみたくなっちゃいますよね。
がんばれ〜、若者たち!

まみみさん、いやぁ、彼いいですわ。
まさか最後の最後、あんなところであんな登場の仕方をするとは…。感動で胸がいっぱいだったのに思わず吹き出しましたわ(笑)。

小葉さん、こんにちは!
私も「IN POCKET」はちら見しました。でもこっちを読み終わる前に読んではいかん!と思い、そのままに…まだ売ってるかしら?!本屋さんに行って見ます。私の地元も神奈川ですので、愛着もひとしおです。

そしてこちらこそ!どうぞよろしくお願いします〜!
| chiekoa | 2006/12/14 2:46 PM |
こんにちは。
私も数日前、読み終えました!
本当によかったです!久々に本を読んで感動して、泣きました。
そう!他の小説ならえっ!ここで終わり。っておもうはずなのに、仰るとおりですね。ものすごく爽快感いっぱいで終われましたね。

そして、浦木先輩かぁ〜。確かに青い鉢巻きを持って応援に来てくれたとき、かなりインパクトアリでしたね。私は、ネギが好きです(*^^)v
| percy | 2006/12/15 9:33 AM |
percyさん、そうなんです〜。あのハチマキでノックアウトだったんです〜(笑)。いいわぁ…彼が変わってなくてよかった…(笑)。ネギもかっこよかったですね。男だ!なんか彼らのサイドストーリーみたいのも読んでみたいです。いつかやってくれないかなぁ。
| chiekoa | 2006/12/15 12:07 PM |
こんばんは!
大満足の作品になりました!
佐藤さんの作品はこれが初めてだったんですけど、他の作品も読んでみます!!
出てくる登場人物がみんな良いやつばっかりなんですもの♪
私はやっぱり新二ですね〜
もう最初っから最後まで応援してたので、最終巻の成長ぶりに感動でした。
| エビノート | 2007/01/11 7:54 PM |
エビノートさん、おぉ、初でしたか!
他ももうかなりの名作ぞろいですから、
楽しみに読んでください!!!
私はもう未読のものがなくて…さみしいっ!新刊をっ!
| chiekoa | 2007/01/12 11:36 AM |
chiekoaさ〜ん!浦木先輩ラブのリサであります!
あ、ホントだわ、同じこと書いていましたね。嬉しい〜。
意味もなく3冊をすぐそばに積み上げて読み返してみたり。
その度にこみ上げてきたり、何やっているんでしょう?私は。
いよいよ今夜ですね!
どうなるかしらー、私は応援していますわ!

実は私も初佐藤作品だったのですー。
コレを機にいろいろ読んでみます。
| リサ | 2007/01/16 5:02 PM |
リサさん、初でしたか!
なんとなく意外…!!
個人的なオススメがたっぷりあるので、ぜひぜひ!

タダイマ結果待ち中…どきどき。
なんでいつも芥川賞が先なのかなぁ。あいうえお順?
| chiekoa | 2007/01/16 7:27 PM |
実は私も佐藤さん、初読みでした。
爽やかな感動の余韻が残る、王道の青春小説でしたね。
仲間の素晴らしさにも感動しました。
ほんと、読んでよかった。

風水と方位学のジンクス王、浦木さん、いい味出してましたね〜。
私はデカい夢を抱かせる根岸、いや、やっぱり新二かな…
目移りしちゃいます(笑)。
| 藍色 | 2007/01/20 11:15 AM |
藍色さんもですか!それもまた意外です〜。
でもこれからまだたくさん読むものがあるってことですね…。
うらやましいですっ!楽しんでください♪
| chiekoa | 2007/01/22 12:36 PM |
chiekoaさん、浦木くんかぁ〜そうかぁ〜
私はやっぱり根岸くんですよ。

息子に陸上をさせる話、
私は熱心な応援ママにはなれそうにありません。
chiekoaさん、私のかわりに
施設応援団長&HPの立ち上げどうぞよろしくお願いします。
| なな | 2007/02/01 9:46 AM |
ななさん、おう!がってんしょうちです!
まかしといて!!!
声出しも完璧!鳴り物もOKです!
| chiekoa | 2007/02/01 1:42 PM |
ぼくはやっぱり谷口若菜だろうなぁ・・(笑)
| すの | 2007/02/10 10:18 AM |
こんにちは。
佐藤さんこの作品で吉川英治文学賞、新人賞受賞です。
直木賞は逃しちゃいましたけど、おめでとう、です。
| 井筒啓之 | 2007/03/22 3:12 PM |
井筒さん、きゃー!やりましたね!ほんと、おめでとうございます!です〜!あとは本屋大賞がどうなるのか…先だ先だと思ってましたけど、そういえばもうすぐ発表なんですね。(確か4月5日のはず)。どきどき…どきどき…。
| chiekoa | 2007/03/22 4:36 PM |
ついに読み終わりました。・・・良い!なんですかね、この熱くなるような、それでいてさわやかな風がす〜っと吹き抜けていくような感じは。あっという間に読み終わってしまいますね。体育会系の部活にいた人なら必ず感情移入してしまうんじゃないでしょうか。まあ、僕はあんなにキラキラしてなかったですが(笑)
| ツヨシ | 2007/03/24 4:55 PM |
ツヨシさんは体育会系だったんですねー。私は吹奏楽部だったので…「体育会系文化部」と呼ばれてはおりましたが(笑)。これを読み終わったときのあの感じはなかなか忘れられません!こんなに走れる気がするのに、10m走ると息が切れる自分の体が信じられないです(笑)。
| chiekoa | 2007/03/25 11:36 AM |
はい、完全な体育会系でした。おかげでたくさん怪我もしました(苦笑)あ、本に影響されて走ると危険ですよ。僕も死にそうになりました(笑)
吹奏楽部ってそうなんですよね。筋力トレーニングもあり、なかでも腹筋はかなりすごいんですよね。下手な体育会系よりも鍛えてるぐらい(笑)パーカッションをのぞけば肺活量が命ですもんね。危うく腹筋勝負をして負けそうになりました(笑)
| ツヨシ | 2007/03/26 5:53 PM |
腹筋なら毎日100回以上やってましたからね…!
まだおなかが出ていないのはあの頃のあの腹筋のおかげかも?!と思う今日この頃です。そんなこと言ってるとやばいかしら…あわわわわ。
| chiekoa | 2007/03/26 7:06 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
一瞬の風になれ 第三部 -ドン-  佐藤 多佳子
一瞬の風になれ 第三部 -ドン- 佐藤 多佳子  301 ★★★★☆  【一瞬の風になれ 第三部 -ドン-】 佐藤 多佳子 著  講談社  《陸上競技、とりわけ400mリレーが身近になりました》  出版社/著者からの内容紹介より すべてはこのラストのため
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2006/12/13 11:43 PM |
一瞬の風になれ3*佐藤多佳子
☆☆☆☆・ 一瞬の風になれ 第三部 -ドン-佐藤 多佳子 (2006/10/25)講談社 この商品の詳細を見る すべてはこのラストのために。話題沸騰の陸上青春小説 ただ、走る。走る。走る。他のものは何もいらない。 この身体とこの走路
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/12/14 6:44 AM |
「一瞬の風になれ 3 −ドン−」 佐藤多佳子
一瞬の風になれ 3posted with 簡単リンクくん at 2006.10.28佐藤 多佳子著講談社 (2006.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/12/14 9:08 AM |
「一瞬の風になれ」佐藤多佳子
読み終わりたくない。いつまでもこの世界の中にいたい。もっともっと新二や連の走る姿を、春高陸上部の仲間達や、ライバル高の選手達を見ていたい…そんな気持ちにさられました。涙腺が緩くなっているのかなぁ、何度も涙で文字が読めなくなりました。 高校入学の春か
| 宙の本棚 | 2006/12/14 11:23 AM |
一瞬の風になれ 第三部 ドン 〔佐藤多佳子〕
一瞬の風になれ 第三部 -ドン-佐藤 多佳子 講談社 2006-10-25売り上げランキング : 1394おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ すべてはこのラストのために。話題沸騰の陸上青春小説 ただ、走る。走る。走る。他のものは何もいらない。 この身体と
| まったり読書日記 | 2007/01/11 7:47 PM |
『一瞬の風になれ 第三部 ドン』佐藤多佳子
一瞬の風になれ 第三部 -ドン-佐藤 多佳子講談社2006-10-25by G-Tools 部長になった新二とエースの連。春高陸上部の仲間たちとのハードな練習の向こうに見据えるのは、この部で、このメンバーで、インターハイに行く、ということ-。陸上青春小説、圧倒的迫力の完結編!
| ひなたでゆるり | 2007/01/16 4:58 PM |
一瞬の風になれ第三部ドン 佐藤多佳子
カバーイラストはクサナギシンペイ。デザインは有山達也、飯塚文子。 着実に力をつけた新二は高校3年に。トレーニングに耐える身体を作り、逃げない闘志を鍛えてきた連。…砂浜走反復3000mのエネルギー・ゼロ。自分の指
| 粋な提案 | 2007/01/20 11:19 AM |
佐藤多佳子の「一瞬の風になれ」を読んだ!
この本のことは去年の夏の終わり頃から、なんとなく耳に入ってきたので知ってはいました。本の題名はわからず、陸上部のことを書いた高校生の「スポコンもの?」の本だというので、僕は絶対に読まないだろう分類の本だと思っていました。汗くさい「青春」というも
| とんとん・にっき | 2007/01/27 9:39 AM |
『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)(3)ドン
『一瞬の風になれ』の第3部ドンを読み終わった。 第3部は、主人公神谷新二と親友でありライバルでもある一ノ瀬連の2人の高校アスリートとしての最後の3年生のシーズンを描く。インターハイの地区予選から始まり、県予選、最後はインターハイ出場をかける南関東大会。 4
| 栄枯盛衰・前途洋洋 | 2007/01/31 10:15 PM |
「一瞬の風になれ 第三部 -ドン-」佐藤多佳子
一瞬の風になれ 第三部 -ドン- 佐藤 多佳子 3年生になった新二。 はぁ〜ドキドキ、ニヤニヤ、ウルウル。本当にページをめくるごとにいろんな感情を持って読みました。いいなぁ。爽やかだなぁ。小学校1年生の息子が、去年の夏から学校のサッカーチームに入
| ナナメモ | 2007/02/01 9:46 AM |
「一瞬の風になれ3-ドン-」佐藤多佳子
「一瞬の風になれ3-ドン-」佐藤多佳子(2006)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、青春、陸上、少年 さていよいよ三部作の最終巻。三部作というより、三冊でひとつの物語。前巻のレビューでこの作品の構成を「起承転結」と書き、前巻を「承・転」としてみたが、
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/02/10 10:17 AM |
「一瞬の風になれ」佐藤多佳子
やっと読めました、図書館予約が大変でした、だって3冊まとめて取り置いてくれないですもん。 まとめて読めるかちょっとひやひやしましたが、結局3冊どかーんと積んで、 週末一日で読み切りました。あー幸せ。 吉川英治文学新人賞(って佐藤多佳子でも新人賞
| 本を読む女。改訂版 | 2007/03/20 12:24 AM |
ほんの一瞬
昨日、ほんの一瞬だがかなり興奮を覚えることがあった。一時的にせよ、これほどまでに興奮したのはいつ以来だろうか・・・という感じ。まー、そうはいっても興奮状態は、残念ながら長くは続かなかったのだが・・・ピュアなものとは違うが、本当に久しぶりにあんな感覚に
| 徒然なるままに… | 2007/03/31 6:16 PM |
「一瞬の風になれ」佐藤多佳子
してやられました。スポーツものって、なんでこうも応援したくなるものなのか。自分の信じた道を、全身全霊をかけて突き進む、取り組む、打ち込む姿に心揺さぶられました。                   1イチニツイテ      2ヨウイ        3
| 読書とジャンプ | 2007/04/07 9:19 AM |
本「一瞬の風になれ」
一瞬の風になれ 佐藤多佳子  講談社  2006年10月    第一部  イチニツイテ         第二部 ヨウイ        第三部 ドン ? サッカーの強豪で偏差値も高い私立校、海嶺で活躍する兄の建ちゃんといっしょのチームになりた
| <花>の本と映画の感想 | 2007/04/27 8:11 PM |
[review][○]佐藤多佳子『一瞬の風になれ 第三部 ドン』
 新二や連が三年生になり、春高陸上部にも有望な新人が入部してきた。しかし、その新入部員鍵山は才能はあるが性格的に難があった。部員達の反感を買う鍵山。鍵山ではなく根岸と走りたい。だが、鍵山抜きで4継を戦い抜くのが難しいことは明らかだった。  感動の完結
| こんな夜だから本を読もう | 2007/07/09 4:55 PM |