プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< モドキ [ほしおさなえ] | Top | ランチブッフェ [山田宗樹] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
なんでも屋大蔵でございます [岡嶋二人]
4062630079なんでも屋大蔵でございます
岡嶋 二人
講談社 1995-07

世間様では、あたし“なんでも屋の大蔵”と呼ばれておりまして、ご用命さえあれば引っ越しのお手伝いから、留守中のペットの世話、雨漏りの修理までなんでも格安で承ります。こう商売をやっておりますと色々と珍妙な事件に遭遇しますもんで―鋭い勘と名推理で難事件を次々解決する便利屋・釘丸大蔵の事件簿。

岡嶋二人さんの本は全作読んでいる…はずだったのですが、本屋でこの本をみかけ、はて、これは読んだっけ?と思って購入。結論から言うと読んでましたが(途中で思い出した)でも楽しく読書できたのでそれもまたよし、と。

この釘丸の語りにちょっと乗りづらかったかな?というのはありましたが、軽く楽しく読む分には最適です。岡嶋二人さんはほんとに幅が広い…あぁ、もう新作が出ないなんて、そのことが悲しくて悲しくて仕方ありません。この本だってほんとならシリーズ化されたってよさそうなものなのに…。あぁ、もっと読みたい…。もったいない…。
| あ行(その他) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック