プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 均ちゃんの失踪 [中島京子] | Top | レディー,ゴー Lady,GO [桂望実] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ぶたぶたのいる場所 [矢崎存美]
4334740952ぶたぶたのいる場所
矢崎 存美
光文社 2006-07-12

海辺の瀟洒なリゾートホテルには、知る人ぞ知る神出鬼没のホテルマンがいた。見た目はかわいいぬいぐるみだが、中身は頼りになる敏腕執事。お客が困っていると、何処からか現れ、疾風のように去ってゆく―。その姿を目撃した者は、幸せになれるという伝説があるのだ。今日も新たなお客がやってきて…。

今回のぶたぶたさんは、なんとホテルマンです。意外…なような、しっくりと似合うような。お客様を影で支える…なんかぴったりですよね。一人ぶたぶたさんをすごく怖がる人物が登場するのですが、なんてこと!なんてもったいない!

そして今回はぶたぶたさん、さらに「役者」にも挑戦しちゃいます。どうなることかと思いましたが…さすが!すばらしすぎる!この劇が見たくてたまりません。このホテルに行きたくて仕方ありません。

最初の物語が、ぐるっとめぐって最後の物語に繋がる。そんな構成もステキでした。
| や行(矢崎存美) | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
ぶたぶたシリーズ大好きです。
我が家にはぶたぶたの縫いぐるみがあります。
最初の頃のサプライズはなくなってきたけれど、ほっとできるお話ですね。
| 小葉 | 2006/12/20 3:42 PM |
ぶたぶたさんがあの役を!
いや、びっくりでしたね。
でも、見てみたい気がします。
いろんなところでいろんな仕事をしているぶたぶたさんですが、
今回のホテルマンもぴったりでした。
| す〜さん | 2006/12/20 7:19 PM |
小葉さん、うわぁ、いいですね!
うちにいるのはぶたのぬいぐるみはぶたのぬいぐるみですが、
ショコラじゃなくてバムセなの…。
でもかわいいのでかなりお気に入りです。
(おかげで最近彼はちょっと黒ずんでいる…)

す〜さん、あの役はおどろきましたねぇ(笑)。
ほんと見てみたいですよ!DVD化希望ですっ!
毎回毎回、よくいろんなパターンを思いつくなって思います。
次も楽しみです♪
| chiekoa | 2006/12/21 6:39 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「ぶたぶたのいる場所」矢崎存美
今回ぶたぶたがいる場所は、海辺に建つ白亜の西洋館、高級リゾートホテル。ぶたぶたはそのホテルの従業員です。春夏秋冬そして春。ホテルを訪れる人とぶたぶたとのささやかな物語が繰り広げられます。再び巡りくる春には、それまでの登場人物が集合。この形式に、光原百
| 宙の本棚 | 2006/12/20 3:38 PM |
ぶたぶたのいる場所     〜矢崎 存美〜
ぶたぶたシリーズ第3弾です。 今回の舞台は白亜のホテル グランドホテル。 そこで行われる劇「オゼロー」を軸に話しが進んでいきます。 春、テレビの脚本などを書いていた織が 実家の花屋を手伝うことから話は
| My Favorite Books | 2006/12/20 7:18 PM |