プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< オランダ水牛の謎 安楽椅子探偵アーチー [松尾由美] | Top | ファッジ・カップケーキは怒っている [ジョアン・フルーク] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
競作 五十円玉二十枚の謎 [若竹七海 他]
4488400523競作五十円玉二十枚の謎
若竹 七海 依井 貴裕 有栖川 有栖
東京創元社 2000-11

池袋の書店を土曜日ごとに訪れて五十円玉二十枚を千円札に両替する中年男の真意は? 若竹七海提出のリドル・ストーリーにプロアマ十三人が果敢に挑んだ、世にも珍しい競作アンソロジー。

若竹さんがご自身の若い頃に実際に体験した「謎」について、いろんな人が「回答」を寄せるという形の面白いアンソロジーです。

プロ側の回答者が、私が普段読んでいない作家さんたちだったので、それだけがちょっと残念。だって彼らのほかの作品を読んでいたほうがこれは絶対楽しめるにきまっているから!くぅ〜。今からでも遅くはないでしょうか。そして今回の回答者じゃないですけど、少なくとも北村薫さんの本は読みたい…。来年の課題とします!

アマ側の回答者は…といえば、「倉知淳」さん!!そう、ここのご出身(って表現はどうなのかしら)なんですよね〜。おぉ、もうこの作品から猫丸先輩が!!知らなかった〜!うれしくなってしまいました…。

しかしこうやってプロの文とアマの文を続けて読んでいると、やっぱり慣れていない方の文は「読む」のが疲れますね…。物語を読むという部分以外で非常に体力を使うというかなんというか。やっぱりプロはすごい。うん。というわけで、読み終えた今わりとぐったりしてます(笑)。で、結局真相はどうなのかなぁ…。ほんとにこれ読んで「俺のことだ!」って誰か思ってる人いないのかなぁ…。(妄想中)。

| わ行(若竹七海) | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
ほんとにほんとに。
プロの作家さんはやっぱり素晴らしいんだなぁ..と改めて思いました。

真相、知りたいですよねぇ。
まさか自分の行動がこんな作品を生み出したとは思っていないのかしら。
いつの日か気づいてぜひ名乗り出ていただきたいです。
| ふらっと | 2006/12/29 4:43 PM |
ふらっとさん、でっすよねぇ〜。
真相が…でも自分の人生にもこういう
「一生かけて考えちゃう謎」な出来事が起こったら
うれしいかも!と思いました。今のところなし…。
| chiekoa | 2007/01/03 7:38 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
競作 五十円玉二十枚の謎
☆☆☆・・  現実に起こったリドル・ストーリーに、気鋭の推理作家が挑戦  さらに 一般から寄せられた解答中の優秀作を加えた  異色の競作アンソロジー                (帯より) 若竹七海・法月
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/12/29 4:44 PM |
「競作五十円玉二十枚の謎」若竹七海 ほか
競作五十円玉二十枚の謎発売元: 東京創元社価格: ¥ 777発売日: 2000/11売上ランキング: 7,060おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/02/07 若竹七海が書店でレジのアルバイトをしていたときのこと。 毎週土曜日夕方に、必ず両替を頼む男がいた。 彼が持参
| 本を読む女。改訂版 | 2006/12/30 4:38 AM |