プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 半島を出よ(下) [村上龍] | Top | 第136回 芥川賞・直木賞候補決定 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
夏の魔法 [北國浩二]
4488017339夏の魔法
北國 浩二
東京創元社 2006-10-24

さよなら、残酷な世界。わたしの人生は、もうすぐ終焉を迎える―二十二歳の老婆は、少女の頃の輝かしい思い出に満ちた南の島で、人生最後の夏を静かに過ごすはずだった。しかし彼女はそこで、逞しく聡明な青年に成長したかつての初恋の相手と再会する。劇的な容姿の変化のため、中学時代に恋した相手が目の前にいることに気づかない彼の隣には、美貌の女性が明るい笑顔を浮かべて立っていた―。

「ミステリ・フロンティア」第28回配本です。

このタイトル、そしてこの内容。読む季節を誤ったような気がしますが…もう読んじゃったし。(そもそも10月に出てる本だし…)。

ひと言で言うと、非常に切なくやりきれない物語です。読み終えると、悲しくてぐったりしてしまいます。ちょっと割り切れない思いも残ります。すっきりはしません。

あらすじに書いてあることそのままの物語です。終盤に「え?まじで?!」って出来事が起こってびっくりしましたが、そしてあのラストはちょっとどうよと思うのですが、でも…ぐいぐいひっぱって読ませる力のある物語でした。うん。
| か行(その他) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック