プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 夏の魔法 [北國浩二] | Top | 星と半月の海 [川端裕人] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
第136回 芥川賞・直木賞候補決定
第136回芥川賞、直木賞の候補作が発表されました。

■芥川賞候補作
「ひとり日和」 青山七恵 (文藝秋号)
「家族の肖像」 佐川光晴 (文學界12月号)
「その街の今は」 柴崎友香 (新潮7月号)
「図書準備室」 田中慎弥 (新潮7月号)
「植物診断室」 星野智幸 (文學界9月号)

■直木賞候補作
『空飛ぶタイヤ』 池井戸潤 (実業之日本社)
四度目の氷河期』 荻原浩 (新潮社)
『ひとがた流し』 北村薫 (朝日新聞社)
一瞬の風になれ』(1)〜(3) 佐藤多佳子 (講談社)
『どれくらいの愛情』 白石一文 (文藝春秋)
『失われた町』 三崎亜記 (集英社)

芥川賞は…過半数が聞いたこともない作家さんという。はっはっは。
(知っているのは柴崎さんと星野さんのみ)。
柴崎さんが芥川賞候補…なんとなく意外でした。
というわけで、誰がとってくれてもどうでもいい…失礼、心揺らされることはなかろうと。

直木賞は…北村さん?!なんかいまさらって感じがしますけど…。どうなんでしょう。
読んだことあるのが『四度目の氷河期』と『一瞬の風になれ』だけですね。
白石さんのは最近個人的にハズレが多かったので、警戒してまだ読んでおりませんでした。あぁ、でも文藝春秋刊だ…あはははは(けっ!)。三崎さんのも読みたいなぁと思いつつ未読のまま。これで予約数増えるだろうからまた遠くなったかも…。

個人的にはもうぜひ佐藤さんに!!!ついに、ついに佐藤さんに!!!
もっと有名であってしかるべきなのです、佐藤さんは、えぇ。
でも三冊…どうなのかしら…おじいちゃんたちちゃんと最後まで読めるかしら…。
それだけが心配です。読んでくれたら間違いなく受賞できると思うんですけど!

選考会は16日午後5時から。

それまではここを見て待つ… → 文学賞メッタ斬り!第136回芥川賞・直木賞予想!
| 企画モノ・雑文など | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
 こんばんは♪
 こちらに記事UPされてたんですね。
 うっかり見過ごしていました。

 佐藤さん、受賞されたらうれしいですね♪
 
>おじいちゃんたちちゃんと最後まで読めるかしら…。

 これ、大ウケしちゃいました(笑)

 とか言いながら、私も未読なんですけど^^;;
 (図書館の予約待ちなのです・・・)
| miyukichi | 2007/01/06 3:08 AM |
明けましておめでとうございます。本年も(本年から?)よろしくお願い致します。昨年末にご挨拶したツヨシです。
正直なところ、いつも芥川賞や直木賞は受賞者の名前を見てもさっぱり誰が誰やらわからないのがもう当たり前となっていたのですが、めずらしく、本当にめずらしく知っている作家さんの名前が出てきて一人で感動してました(笑)
直木賞の候補者6人中4人の名前がわかるというのは僕にとっては相当な驚きです。といっても佐藤多佳子さんの本はまだ読んだことがないのですが。今、とりあえず、「しゃべれどもしゃべれども」を借りてきたところです。
ちなみに、「僕もおじいちゃんたちちゃんと最後まで読めるかしら」にはかなり笑ってしまいました(笑)
コメント長くてすいません。
| ツヨシ | 2007/01/06 10:29 AM |
miyukichiさん、どうなるか…どきどきですね!
前回のパターンからいうと白石さんがきちゃうかもしれませんが…
未読なのでまだなんとも。

ツヨシさん、わ!書き込みありがとうございます!
えぇもう長くてもなんでもどうぞどうそ!読むのは大好きですから(笑)。
知ってる作家さんだと俄然興味が湧きますよね!
『しゃべれども』はそういえば感想書いてないですけど、
大大大好きな一冊です。私と佐藤さんの出会いの一冊…!
青春モノがお好きなら『黄色い目の魚』もお勧めですよ!
(↑会う人ごとに勧めていると言っても過言ではないわたくし)。

審査員の方は…どうも評判ではちゃんと読んでるのか?!って感じなので、それが心配なのです。三冊もあると…最後まで無事たどり着いていただけるのかどうか…ちゃんと正しく評価されるのかどうか…。あぁ、どきどき。
| chiekoa | 2007/01/06 10:58 AM |
今年もよろしくお願いします!
佐藤多佳子さん、候補に挙がりましたね!
もうとっても幸せです〜。
とってもほしいですね。
そう、3冊をちゃんと読んでくれるか!
かなり大問題ですね(笑)

候補が発表なる数日前から、
池井戸潤さんの『空飛ぶタイヤ』を。昨日読了しました。
なかなか読み応えがあり、
最後、ホッとしたのもあり、うっすら涙してしまいました。
こちらもオススメです!
| percy | 2007/01/07 11:21 AM |
すいません、またまたツヨシです。
佐藤多佳子さんの本、とりあえず、「一瞬の風になれ」は当分予約の順番が回ってきそうにないので、「黄色い目の魚」を読んでみようと思います。見た目云々に似合わず、結構青春ものも好きなので、楽しみです。
percyさんもコメントしていましたが、僕も池井戸潤さんの「空飛ぶタイヤ」は良いと思います。ずっと金融系の小説を描いている人なのでちょっとびっくりしましたが、結構人間くさい感じもあって良かったです。
全部ちゃんと読んでるか怪しいっていうのは問題ですね。日本で最も由緒ある賞ということになってるんですから、しっかりと審査して欲しいものです・・。
| ツヨシ | 2007/01/08 11:19 AM |
percyさん、『空飛ぶタイヤ』評判いいみたいですね。
うぅ、読みたい…しかしすごい予約数(笑)。地道に待ちます!

ツヨシさん、青春モノお好きですか!ならばぜひ!
単行本も文庫本も両方買ってほくほくしてるくらいに好きなんです…!池井戸潤さんってそういう方だったんですか。いや、一冊も読んだことなくて、お名前も存じ上げなかった無知な私…。ますます読むのが楽しみになってきました。
| chiekoa | 2007/01/09 1:29 PM |
こんにちは♪
白石さんは、私も今までの作品、うーむ。という感じだったので、あまり期待せずに読んだのですが、これが、思いのほか(と言ったら失礼?)よかったです。なんだか今までになくいいヤツ(男性)が登場したりして..。ちなみに、今回初めて登場人物が博多弁をしゃべっています。(表題作にて)
自分ではうまく感想が書けないので、お読みになられましたら、chiekoaさんのご感想などまたお聞きしたいなぁ...なんて思ってます。
佐藤さん、これだけ話題になっていながらまだ読んでおりません〜。(汗)
図書館の予約を粘り強く待って、いつか読んでみたいです。
| sayuri | 2007/01/14 9:52 AM |
sayuriさん、あら〜、そうですか!
じゃぁ読んでみようかしら…版元的に受賞しそうですし(笑)。
読んだら感想書きますね!!
佐藤さんは、いいですよ〜いいですよ〜いいですよ〜。
(ってこれじゃ脅迫だ)。
| chiekoa | 2007/01/15 12:34 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック