プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< キッチン [吉本ばなな] | Top | ざらざら [川上弘美] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
極上掌篇小説
4048737325極上掌篇小説
いしい しんじ 石田 衣良 伊集院 静
角川書店 2006-11

タイトルの通り、極上な掌篇がたっぷりつまった小説集です。

…たまに極上じゃないのもあったような気がしますが。

ついつい知っている作家さんの作品に注目しまうのですが、なんと言っても総勢30名!読むの大変そう…と思いきや、どうしてあっという間に読めました。ストレスもほぼなし。意外でした。(もうちょっと苦労するかと思っていたので)。そしてこのタイトルから、勝手にこう、ほのぼのと「いい話だなぁ」っていうのが詰まっているのを想像していたのですが、いい意味で全然違いました(笑)。

なにしろ30もあるので、全部の紹介はできないのですが、よくも悪くも、個人的に記憶に残ったのは以下の方の以下の作品。なんか前半に集中している…?(名前順に掲載されているから、特に偏ってるはずはないんですけど、掲載順に読んでみたかった気もちょっとするかなぁと思ってみたり)。

 ・いしいしんじ「ミケーネ」
 ・伊集院静「仔犬のお礼」
 ・歌野晶午「永遠の契り」
 ・車谷長吉「夜尿」
 ・古川日出男「あたしたち、いちばん偉い幽霊捕るわよ」
 ・吉田篤弘「曇ったレンズの磨き方」

うーん、車谷さん以外、全員既読の作家さんになってしまった…。(車谷さんのはその見事な短さにうなってしまったので)。しかし正直な感想なのでいたしかたなく。

ちなみに、「これは好き♪度」ナンバーワンがいしいしんじさんで、「なんだこれは!度」ナンバーワンが歌野晶午さんでした(笑)。

そしてこの本、装丁がすごいです。こんなすごいのは…と思ったらやっぱり鈴木成一さんだった…。隅々まで真っ赤です。ページの端も真っ赤です。でも表紙はただの赤一色じゃなくて…なんだか不思議な感じなのです。(アマゾンの画像がダメダメだったので、上の表紙写真は他から探してきたやつです)。思わずじっくりしみじみ見てしまいました。
| その他(アンソロジー) | comments(7) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
>・・・たまに極上じゃないのもあったような気がしますが。

ふふふ。。。
前半を読んでいる間は、「あぁ、なんてみんな極上♪」
と思っていたのだけれど、後半にちょっと「ん?」って^^;
でも最後を吉田篤弘さんが〆てくださったので
トータル「極上」になりました。
| ふらっと | 2007/01/10 6:30 PM |
私もいしいしんじさんのが一番好きでした。
そして同じく歌野さんのでなんじゃこりゃ?と思ったことを思い出しました。えへへ。

総勢30名なんですね。
すげえ多い!豪華!と思ってはいましたが数えてなかった。
いい作品もありましたがとにかく気が散って大変でした。このくらいの長さ、やっぱり得手不得手がありますよね。

| ちきちき | 2007/01/10 8:34 PM |
私もタイトルから、“ほのぼのといい話”を予想していたら、
掲載誌が「野性時代」のせいなのか(?)、
それぞれの作家さんの、個性全開な感じでした(笑)。
なじみの作家さんが半分くらいしかいなくて、
初読みの作家さんには戸惑いもありましたが、
それなりに楽しめました。
| 藍色 | 2007/01/11 1:15 AM |
ふらっとさん、あの「〆」は良かったですね〜。
名前順とはいえ、うまいことはまったものだ…!と。

ちきちきさん、最初読み始めたイメージで歌野さんのにはびっくりしたのですが、最後まで読んでみたら、あれも特に突飛ではなかったような気が…してきました(笑)。各作家さんの「味」が出てておもしろかったですよね。

藍色さん、あ、同じ思いをした方がここにも(笑)。
私は半分もなかったかも…初読みの作家さんは新鮮でしたが、何しろ数が多すぎて把握しきれなかった…!贅沢もしすぎると考え物ってことかしら…。
| chiekoa | 2007/01/11 5:30 PM |
chiekoaさん☆おはようございます。

この本は、何といっても装丁の素晴らしさですね!
本を手にしたときに何ともいえない期待感を感じちゃいました。(#^.^#)
| Roko | 2007/01/13 10:49 AM |
わたしも最初の
>・・・たまに極上じゃないのもあったような気がしますが。
に笑わせてもらったクチです。確かに。
でも好きな作家さんが結構入ってて読み応えありましたね♪
| まみみ | 2007/01/14 6:58 PM |
Rokoさん、ですよねっ!
このなんともいえない雰囲気…魅了されました。

まみみさん、読み応えばっちりでした!
それなのにこんなにすぐ読めてしまうとは…さすが皆さん名手!
ここから新しい作家さんも開拓したい今日この頃です。
| chiekoa | 2007/01/15 12:33 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
極上掌篇小説
☆☆☆☆・ 極上掌篇小説いしい しんじ、石田 衣良 他 (2006/11)角川書店 この商品の詳細を見る ページを繰ればまだ見ぬ出会い――。 現代の名手30人が、両手でそっとすくい上げた宇宙を横切る物語のきらめき-。 原稿用紙わ
| +++ こんな一冊 +++ | 2007/01/10 6:30 PM |
極上掌篇小説
『極上掌篇小説 』いしいしんじ/石田衣良/伊集院静/歌野晶午/大岡玲/大崎善生/片岡義男/勝目梓/車谷長吉/玄侑宗久/小池昌代/佐伯一麦/佐野洋/重松清/高橋克彦/高橋源一郎/高橋三千綱/嶽本野ばら/筒井康隆/西村賢太/橋本治/蜂飼耳/平野啓一郎/古川日出男/星野智幸/堀
| ぼちぼち。 | 2007/01/10 8:40 PM |
極上掌篇小説 いしいしんじほか
カバーCGは桑原大介。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。 野性時代新創刊号(2003年12月号)から2006年11月号まで「極上てのひらの物語」の掲載を加筆訂正。(以下、敬称略) 既読の作家さん:いしいしんじ、石
| 粋な提案 | 2007/01/11 1:16 AM |
「極上掌編小説」 アンソロジー
極上掌篇小説posted with 簡単リンクくん at 2006.12. 8いしい しんじ著 / 石田 衣良著 / 伊集院 静著 / 歌野 晶午著 / 大岡 玲著 / 大崎 善生著 / 片岡 義男著 / 勝目 梓著 / 車谷 長吉著 / 玄侑 宗久著 / 小池 昌代著 / 佐伯 一麦著 / 佐野 洋著 / 重松 清著 / 高橋
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/01/11 9:46 AM |
『極上掌篇小説』
極上掌篇小説posted with amazlet on 06.12.19 い
| ついてる日記? | 2007/01/13 10:40 AM |