プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 永遠の途中 [唯川恵] | Top | トキオ [東野圭吾] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
駅までの道をおしえて [伊集院静]
4062126389駅までの道をおしえて
伊集院 静
講談社 2004-10-25

本の表紙の絵にひかれて読み始めました。
短編集です。

一つ目のお話が、本のタイトルにもなっている「駅までの道をおしえて」です。通勤途中の電車の中で何気なく読み始めたのですが、途中で「やばい」と思いました。

きっと誰もが体験したことのある、大切な人を失くしたあの気持ち。

嘘だよね?ほんとはまだそこにいるんでしょう?私をおいて、いなくなったりなんか、しないよね?

何度も何度もそう繰り返す、あの気持ち。祈りにも似たそんな気持ちが、思いが、切なさが、とても伝わってきて、涙をこらえることができませんでした。

でも、悲しいだけのお話ではありません。最後にこぼれるのは、涙だけではなく笑顔、です。涙をいっぱいためた目で、でも前を向いて歩いていくことができる、そんな強さを、そんな想いを感じられる、素敵なお話でした。

うまくいえませんが「思い」というよりは「想い」、「悲しい」のではなくて「哀しい」、そういう気持ちが伝わる本でした。

そして読んでいる途中で、何度も表紙の絵を見直すこと請け合いです。(ちなみに、裏表紙も必見なのです。ここでお見せできないのが残念です。)

表題作のこのお話以外にも、たくさんのステキなお話が詰まった本です。(全編、ちょっとずつ「野球」が関係したお話たちです。)『ぼくのボールが君にとどけば』という本の続刊にあたるそうなので、そっちもこれから読んでみるつもりです。

こういう本に出会えたりするから、読書が好きでよかったなと思いました。
| あ行(その他) | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「駅までの道をおしえて」伊集院 静
「駅までの道をおしえて」伊集院 静(2004)★★★★☆ ※国内、現代、小説、短編集、野球、少女 大好きな作家でありエッセイストである伊集院静氏の短編集 表題作をはじめとする八編が収められている。 表題作は、大好きだった愛犬の死を受け止めきれてい
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/09/18 7:22 AM |
駅までの道をおしえて
はじめまして。図書館で何気なくかりてきたこの本に、ものすごく心揺さぶられております。ちえこあさんの感想にも出会えてよかった。
| みなとこまちだより | 2006/10/15 10:02 PM |