プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 欲しい [永井するみ] | Top | 不恰好な朝の馬 [井上荒野] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
失われた町 [三崎亜紀]
4087748308失われた町
三崎 亜記
集英社 2006-11

30年に一度起こる町の「消滅」。忽然と「失われる」住民たち。喪失を抱えて「日常」を生きる残された人々の悲しみ、そして願いとは。大切な誰かを失った者。帰るべき場所を失った者。「消滅」によって人生を狂わされた人々が、運命に導かれるように「失われた町」月ケ瀬に集う。消滅を食い止めることはできるのか?悲しみを乗り越えることはできるのか?

※えーと、この本をすでに読まれた方だけ読んでくださいね、という感想です。

…全ての本が読者にわかりやすくなければならないとは、毛ほども思っていないのですが…この本は難しかったぁ〜!というか、設定を飲み込むのにやたら時間がかかりました。いや、読み終えてなお飲み込めていないのかも…。読み進めていけばわかるのかと思ってたら、むしろどんどんわからなくなってゆく…。正直途中で投げ出しそうになりました。SFっていうんでしょうか、こういうの(定義はよく分からずに言っておりますが)。読みなれてないからですかねぇ。

そもそも、このメインになってる「消滅」ってヤツが、ものすごく複雑なうえに科学的なんだか非科学的なんだか、きっちりしてるんだかしてないんだか、「なに?意志があるものなわけ?なんなの?なんなの?オカルトなの?(パニック)」みたいな感じで、それもよくわからないでいたところに、さらに「居留地」やら「分離」やら「古楽器」やらっていう意味不明な世界も出てきたりしちゃって、へんなクスリとかまで出てくるし、盛りだくさんすぎて…いったいどういうスタンスで読んだらいいのか…、混乱を極めました。

もっと掘り下げて分厚くするか、もっとしぼって薄くするか、どっちがにしたほうがよかったのでないかしら?(なんてえらそうに言ってみたりして)。

現実では「ありえない」設定の世界の物語なのに、「この本の中の世界の現在」が「現実」にものすごく近いから余計に混乱するんです。ヘンな世界なの、そうじゃないの、どっちなの!ってな感じで。『となり町戦争』のときにはそれがなんともいえない恐い雰囲気をかもし出しててよかったと思うんですが、この本の場合は…うーん。普通に見えて急に「電力調整日」とか「防空演習」とかあるし。戦時中?誰相手の?なんで?そんな説明あった?(読み飛ばした?)(←ありうる…)。

なお他に細かく気になってしまったことを言うと、「佳子」がメインの章なんですけどね、地の文でいきなり「佳子さん」って…、どうして「さん」付け??普通「佳子」でしょう。なんかすごく違和感があって読みづらかった…。何か意図的なんでしょうけど、意図がわかんなかったので(泣)。

と、なんか否定的なことばかり書いてきたことに気づきましたが、これは間違いなく「力作」なんだろうし、シンプルに「町 VS それに抵抗する人々」の物語として読めれば、それなりに感動できます。いろんな思いを乗り越えて、一つの目標に向かって邁進する人々それぞれの姿。でもなかなかそこに入り込めなった自分の無力さが…受け手の皿の問題が…もったいなかったかなぁ。

あ、あと表紙というか本の作りのアイディアがナイス、と思いました。うまいっ!
| ま行(三崎亜記) | comments(13) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
大前提が突飛過ぎるのに説明がないのは意図的なんでしょうけれど、どうしても未消化感はありますね。
作者の頭にわたしの頭が着いていけないだけかもしれないけれど。
すとんと落ち着かせてくれない気持ちの悪さ、というのでしょうか。
| ふらっと | 2007/01/19 8:36 PM |
こんな本、chiekoa図書館にあるかなあと思って久しぶりに
やってきたら、ちょうど同じ日に記事になっていたので
嬉しくて、TBさせてもらいました。
いろいろと読みづらいけど、面白かったです。
破綻無く最後まで持っていくところはすごいと思いました。
最後に、消失する前の町で潤の姿が描かれているところなど
じわーと来ました。印象派を見る目を、シュールレアリズムを
見る目に変えると楽しめるのかなあと思ったりもしますが
いかがでしょう?
| ゆりかもめ | 2007/01/19 10:01 PM |
こんにちは。
「西域」の話など、もっと刈り込んでシンプルにすれば読みやすいだろーに・・・
と思わんでもありませんが、
この、奇抜な設定のオンパレードというかごった煮状態が
この人の持ち味なのでしょう。
私もよくわからないなりに面白く読みました。

でも、人間が便宜的に決めたにすぎない「町」という行政区域単位で
「消滅」が起こるのは、なんか変だな・・・。
| 木曽 | 2007/01/20 2:04 PM |
ふらっとさん、そう、まさに未消化…胃もたれ…。
もっと読みたいのか、もうちょっと少しでよかったのか。
難しいところです…。

ゆりかもめさん、おぉ、同じ日!すばらしい!
私はもう破綻がなかったのかどうかもわからなくなりました。消滅したりしなかったり、その根拠がわからん…!誰の意思だ!町?なぜ?!と(笑)。ややこしかったです…(涙)。
「印象派を見る目を、シュールレアリズムを見る目に変える」、む、難しそうなんですけど、わたくしにできますでしょうか。これ再読する気まんまんなので、次がんばります!アドバイス、ありがとうございます!

木曽さん、そう、結局「西域」ってナンだったんでしょう。ヨーロッパ?(所詮その程度の想像力のわたくし)。
「このごった煮がよい」と言われれば、そんな気もしてきました。
そうか、消化しようと思っちゃいけなかったのか…!
そう、その行政単位がねぇ〜…。なんでよ、と(笑)。三崎さんが公務員さんなことと関係があるのでしょうか。そこは絶対!みたいな?
| chiekoa | 2007/01/22 12:31 PM |
こんにちは。
ちえこあさんの感想、うわぁ〜私もそうそうおんなじこと思った!
って、おもいながら読みました〜^^
私も似たよう〜なこと、レビューに書いてますよぅ(笑)
ほんと、なんだかすごくややこしかったですよね。
入り込むまでに頭整理するのがタイヘンでした。
メッタ斬りの豊崎さんはかなりほめてらっしゃいましたけど・・・、
こういうの、読み慣れてらっしゃるのかな。^^
| ゆか | 2007/01/22 6:37 PM |
ゆかさん、いやー、私ゆかさんほど好意的に読めてないですよ(笑)。わからーん!(ちゃぶ台ひっくり返し)ってな感じで…(笑)。もう1回チャレンジしてみたいとは思いますけど。
トヨザキさんは、「群像モノ」として読めばって感じでオススメされてましたよね。私も読み終えてから、「そう読めばいいのか〜」と。先にあっちを読んでおけばよかった…。
| chiekoa | 2007/01/22 6:56 PM |
こんばんは★
私もコレを読むのは大変時間と労力を要しました…
結局こまかいことはわからずじまいでしたが(苦笑)、
大切な何かを失った人たちが、
失望を希望に変えて立ち向かっていく様子には、
ジ〜ンときてしまいました。
これはぜひ再読したかったのですが、明日には図書館に返却です(涙)
| Rutile | 2007/01/26 11:17 PM |
読み終わってどう感想を書いていいやら途方にくれているところでした。悪くはないんだけど、褒めるほどテンションが上がらないという不思議な作品でした・・。
単に世界観の説明が足りなかったのではないか、これを本当にわかるように書くならこの倍くらいの分厚さがいったのではないか、そんな気がします。詰め込みすぎ感がありましたね。
しかし誰でしたっけ、「町が消滅するなら市に住めばいい」って突っ込んでしまったのは?大森さんだったな。そればかり気になってしまいました。小さいぞ自分。はは。
| ざれこ | 2007/01/28 11:08 PM |
Rutileさん、これを再読するのは…したいけれど勇気がいりますね(笑)。病気で入院したときとか…。(そんな場合か?!)
私はこの設定にパニックになっていて、ジーンとするところまでたどり着けなかったのがとっても不覚です…。えーん。

ざれこさん、その気持ち、えぇ、わかりますとも(笑)。
上下巻ものにすればよかったんじゃ?!くらいの設定でしたよね。
いや、大森さんの言うことは全部正しいと…私は(笑)。だからその行政区間をちゃんとしってる「意思」ってなんだよ!ってゆう(笑)。そう思っちゃう時点でこの本には向いてないんでしょうか…。
| chiekoa | 2007/01/29 12:57 PM |
感想らしい感想のない、あらすじだけのレビューになってしまいましたが、個人的にはかなりツボに入りました。町の「意思」という考え方がいい。そして町にとって、人々が抗うことのほうが不思議かもしれないというとこもよい。人智の及ばぬ世界があり、そこに抗う人々の営みというのがいいのです。
「行政区間」云々を語ることは無粋でしょ?町の境界を意識する人の思いが町を成立させているとかで、説明つきませんかねぇ?(笑)。
合併市町村は、元××町だけ消失を逃れた・・とかもあり。
| すの | 2007/02/25 7:05 PM |
すのさん、おお、すのさん的にはツボだったのですね!
ちょっとうらやましい…。
ささいな枝葉が気になって、集中できなかったといえばできなかったような気が今してます。
無粋…わかっちゃいるけど気になっちゃうんですもの(汗)。
| chiekoa | 2007/02/26 7:16 PM |
こんにちは〜。
私は結構ツボでしたよ〜。
この方初対面でしたけど。

私が思うにはわからないのはわからないままで良いかと(笑)。
だって、全てわかってたら、そもそも戦いにならないし、問題にもならないと思いますから(苦笑)。
確かにごった煮感はありましたねぇ。

私的には園田さんが一体何者なのかものすごい気になってます(笑)。
| chiro | 2007/04/24 3:00 PM |
こんにちは
あんまり本を読まない私ですが、最近入院しててよみました〜
となりまち戦争に続いて人生2冊目の(おおげさかも・・・)本です〜
この本かなりはまりました〜。奇妙な設定とかが大好きです!人のくくった行政の区間単位で消えるのはおかしいだろうと最初思ったりしましたが、逆にその不可思議な現象に惹かれたりもしました。プロローグとエピローグの順番とかで、最初はさっぱりだったけど、1週して、もう一回読んだときの話のつながりにびっくりさせられました。個人的にはかなりツボです!!
| 足黒 | 2008/08/13 10:57 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
失われた町*三崎亜記
☆☆☆・・ 失われた町三崎 亜記 (2006/11)集英社 この商品の詳細を見る 30年に一度起こる町の「消滅」。忽然と「失われる」住民たち。喪失を抱えて「日常」を生きる残された人々の悲しみ、そして願いとは。大切な誰かを失った
| +++ こんな一冊 +++ | 2007/01/19 8:32 PM |
三崎亜記「失われた町
三崎亜記「失われた町」読了。 この作家の本は初めて読んだ。 残念ながら、先日、直木賞候補の最後の2作に 残りながら該当なしとなって賞の獲得は逃したが 個性的で、印象深い作品だった。 ある意味SF小説のように、語られる。 その世界ではある町が30
| 鴨川日記 | 2007/01/19 9:48 PM |
「失われた町」三崎亜記
失われた町発売元: 集英社価格: ¥ 1,680発売日: 2006/11売上ランキング: 4377おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/01/28 30年に一度消滅する「町」。町の人々は突然に失われ、 町の記録は消滅管理局に全て消される。人々は町の消滅を悲しむことも許されず
| 本を読む女。改訂版 | 2007/01/29 12:32 AM |
三崎亜記【失われた町】
30年周期で起こる「町」の消滅を未然に防ごうと、調査・研究をつづける「管理局」。しかし局員たちの努力も虚しく、新たな町の消滅が起こった。 消滅のプロセスは解明されつつある。まず住民の大半が何の予兆もなく瞬時に消
| ぱんどら日記 | 2007/02/14 11:30 AM |
「失われた町」三崎亜記
「失われた町」三崎亜記(2006)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、SF、近未来、町、消失 ※あらすじ、ネタバレあり。未読者は注意願います。 30年に一度、「町」は意志を持ち、消失する。消失とは、その町の住民が忽然と失われること。「消失した町」に関わ
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/02/25 10:53 AM |
本「失われた町」
失われた町 三崎 亜記  集英社 2006年 11月 ? ? 町の消滅は、何百年御前から起こっていたと言われている。原因がわからず、本当のことが何ら知らされぬ中で、町の消滅に関わることや話題にすることを忌み嫌う「穢れ」の意識が、国民の中に広く浸透
| <花>の本と映画の感想 | 2007/03/15 11:20 AM |
「失われた町」三崎亜記
「失われた町」三崎 亜記集英社2006-11¥ 1,680[勝手に評価:★★★★★(5点満点)]読書期間:3日
| Chiro-address | 2007/04/24 2:42 PM |